SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. 産まれるのが「楽しみじゃない」と声に出して言ってみたら… コロナ禍妊娠日記の漫画家インタビュー

産まれるのが「楽しみじゃない」と声に出して言ってみたら… コロナ禍妊娠日記の漫画家インタビュー

更新

コロナ禍妊娠日記の漫画家インタビュー

エッセイ漫画で人気の漫画家&イラストレーターのおおがきなこさんは、夫と娘のリンダちゃん、愛犬のギーとマルと一緒に暮らしています。2021年にはじめての妊娠・出産を経験し、コロナ禍妊娠の不安な気持ちを等身大に綴った漫画がSNS で共感を呼び、このたびたまひよオンラインでも連載が始まりました。

インタビューの後編では、おおがさんの妊娠・出産のときのエピソードをお聞きしました。

■プロフィール /おおがきなこ
エッセイ漫画と挿絵を中心に活動している漫画家&イラストレーター。10/28に著書「コロナ禍妊娠日記」を発売。『今日のてんちょと。』『いとしのオカメ』『いとしのギー』『エミ34歳、休職させていただきます。』。

子どもが生まれて「頑張らなくちゃいけない人生になるのが怖かった」

――実は不安に苛まれていて赤ちゃんが生まれるのがあまり楽しみじゃなかった時期があったというおおがさん。お子さんが生まれた今だからこそわかる、この時のおおがさんの心境はどんなものだったでしょうか?

おおがきなこ「ひと言で言えば、生活を変えたくなかったんですよね。のんびりゆるく生きていたかった。頑張らなくちゃいけない人生になるのが怖かったし億劫でした。親=休みなく常に疲れている、って思っていたので。まぁ予想どおり、今、常に疲れていますが……(笑)。でもこんなかわいい子がおなかの中にいたんだから、もっともっと話しかけたりすればよかったーー!って思います」

妊娠中、ひとり時間を楽しむためにカフェへ

「楽しみじゃない」って言ってみた 1/6

「楽しみねぇ、生まれるの」とご近所さんがひと言

「楽しみじゃない」っていってみた 2/6

「楽しみじゃない」と思い切って本音を言うおおがさん

「楽しみじゃない」って言ってみた 3/6

おおがさんの言葉を受け止めてくれたご近所さん

「楽しみじゃない」って言ってみた 4/6

「話しかけてればいい」というアドバイスが心にストンと入ってきた

「楽しみじゃない」って言ってみた 5/6

否定せずに聞いてくれたことで気持ちが楽になった

「楽しみじゃない」って言ってみた 6/6

わが子が生まれた瞬間、憑き物がとれたように不安がなくなった!

――計画無痛分娩をしたときの流れを教えてください。

おおがきなこ「私は入院日より先に陣痛がきたので、〈病院到着→速攻で診察→30分後には麻酔を打たれて→入院→夕飯→本格的に麻酔開始→なかなか産まれず促進剤→4イキみで誕生〉という流れでした。
結局丸1日くらいかかりましたが、麻酔が効いているのでほぼ気持ちよく眠っていました。痛かったのは、麻酔の管を入れた時だけ。24時間麻酔医さんがいる産院を選んだので、安心でした。陣痛中ほぼ寝ていたので、いざイキむとき力いっぱい元気にイキめてよかったです」

――はじめてわが子の顔を見たときの気持ちは? また、現在の子育ての状況や、リンダちゃんの成長を教えてください。

おおがきなこ「“可愛い”一色です。妊娠中の不安は憑き物がとれたようになくなって、ただただ“可愛い”それだけでした。

リンダは4ヶ月が近づいてきて、だんだん泣き声も大きくなってきました。よく笑うようにもなってきたので、あやすのが楽しいです。手放しで休める時間はやはりないので、寝かしつけたあとのコーヒータイムが癒し。いかに自分に楽をさせるか……が最近の生きるテーマです!」

リンダちゃんが誕生!

――最後にたまひよの読者のみなさんとこれから出産・育児を経験するパパ・ママたちにひと言お願いします。

おおがきなこ「子どもが産まれたら、人生が未知なものになりました。人生の第2章が始まった感じで、今は胸がスッと澄んでいます。お互い、面白い物語になるといいですね!」

おおがきなこの「コロナ禍妊娠日記」今までのお話はこちら>

「生まれるのが楽しみじゃない」と思い切って本音を打ち明けても「そんなこと言わないで!」「生まれてくる子がかわいそう」と言われそうでなかなか人に相談できませんよね……。ご近所さんが否定せずに話を聞いてくれておおがさんはとても気持ちが救われたのではないでしょうか。

そして、子どもとの生活がずっと不安だったというおおがさんですが、わが子の顔を見た瞬間、妊娠中の不安が一気になくなったそうです。今では子育てに翻弄されながらもたくましく頑張っているそう。

おおがきなこさんの漫画は実生活の中で感じたことを本音で語るエピソードがたくさんの共感を呼んでいます。SNSや書籍、たまひよオンラインでぜひご覧になってくださいね。
(文・清川優美)

※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

『コロナ禍妊娠日記』

■おすすめ記事
お子様の月齢に合わせた遊びをセットでお届け。0歳むけ<こどもちゃれんじ>

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。