SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 体のトラブル
  4. これはNG!? 妊娠中の夏の暑さ・冷え対策【動画】

これはNG!? 妊娠中の夏の暑さ・冷え対策【動画】

更新


毎年、全国的に猛暑日が多く、外出していなくても熱中症を起こしやすくなっています。妊娠中期までは体温が平熱よりも0.5度くらい高くなります。
妊娠後期には平熱に戻りますが、新陳代謝が活発になるため、普通に歩いていても早歩きをしているような暑さに。さらに血液量の増加により、多くの水分が必要になるので、脱水傾向が。
熱中症を起こさず、快適にすごすコツとは?
土屋裕子先生と岡本登美子先生に教えてもらいました。

手足を冷やすと体が「寒い」と判断し、さらに熱を作り出そうとするので逆効果になってしまいます。

<夏ニンプのギモン・Q1>暑さを我慢すると熱中症になりそう。でも冷房は体が冷えてよくない?

<A1>
外の気温に関係なく、赤ちゃんを包む羊水の温度は一定に保たれます。
ママが暑いのを我慢して、真夏に冷房なしでは、熱中症や脱水症、体力低下などの恐れも。
設定温度は25度前後を目安に、冷風を体に直接あてたり冷やしすぎたりしないようにして、上手にエアコンを使いましょう。

<夏ニンプのギモン・Q2>夏でも、おなかを冷やさないように腹巻きをしたり、靴下をはいたりしたほうがいい?

<A2>
汗をかいたり、あせもができるくらいなら腹巻きをする必要はありません。
ただし、一晩中冷房をかけるときなどに、おなかを保温したほうがいい場合も。
腹巻きは通気性のある素材で、自分の肌に合うものを選んで。

<夏ニンプのギモン・Q3>体が冷えると、赤ちゃんや妊娠経過に影響する?

<A3>
ママの体の冷えが、直接おなかの赤ちゃんに影響することはありません。
ただ、ママの体が極端に冷えると血流が悪くなり、脚がむくんだり、おなかが張りやすくなったりします。
室内で寒さを感じたら、設定温度を上げたり、外出先なら上着やストールをはおるなどの工夫を。

●監修/

土屋裕子 先生
岡本登美子 先生

●読者モデル/<たまひよメイト>高原瑠美さん(撮影時妊娠9ヶ月) 
●撮影/井手孝高 
●スタイリング/A.m Lab 武田まどか、桑原史香 
●デザイン/風讃社デザイン室

■おすすめ記事
お子様の月齢に合わせた遊びをセットでお届け。0歳むけ<こどもちゃれんじ>

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。