SHOP

内祝い

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 体のトラブル
  4. これで解決!妊娠中、夏の食欲低下にはコレ!【動画】

これで解決!妊娠中、夏の食欲低下にはコレ!【動画】

更新


夏は、暑さで食欲が低下したり、めん類や冷たいものなど食べやすいメニューに偏ったりしがち。それが続くと、十分なエネルギーや栄養が取れなくなる可能性があります。妊娠中はつわりでさらにその傾向が強まる場合も。
めんだけではなく、つけ合わせの食材を工夫すれば、栄養バランスもアップして食欲も進みます。ぜひ試してみて!
土屋裕子先生と岡本登美子先生に教えてもらいました。

\これで解決!/つけ合わせを工夫して、めんオンリーにしないで!

めんだけだと、栄養が炭水化物だけに偏るので、避けたいもの。
つけ合わせや調理法にバリエーションをつけて、ビタミン、タンパク質もとれるように意識しましょう。
とくに夏は汗をかいて失われがちな、マグネシウム、亜鉛、鉄などのミネラルも、旬の食材をとることで自然に補うことができます。

<おすすめのプラス食材・1>薬味・のり・ごま

しょうがやねぎ、青じそなどの薬味を添えると、さっぱりと食べられるだけでなく、塩分の取りすぎを抑える効果も。
また、刻みのりやごまを加えると、栄養バランスも整います。

<おすすめのプラス食材・2>ゆでオクラ&納豆&とろろ

のどごしがよくなって食べやすくなる食材。
どの食材も食物繊維が豊富で便秘解消にも役立ちます。
ビタミン、ミネラルも補え、足すだけで栄養面もGood。

<おすすめのプラス食材・3>ツナ&きゅうり&ゆで卵

きゅうりやトマト、なすなどの夏野菜は体のほてりを冷ます効果も。
野菜だけでなく、ゆで卵やツナはタンパク質が手軽にとれる食材なので、組み合わせると◎。

<おすすめのプラス食材・4>蒸し鶏&ゆでオクラ&トマト

ビタミン、タンパク質、食物繊維がバランスよく取れる組み合わせ。
蒸し鶏はヘルシーかつタンパク質がとれるおすすめ食材。常備しておくと便利です。

\さらに!/温かい汁物やお茶をプラスしてみて!

冷たいめんだけでは、胃の機能が低下。
毎食、温かい汁物やお茶だけでも、プラスすると◎。

また、冷房が効いている室内では温かい飲みものが好まれますが、ノンカフェインのお茶(とくにハーブティー)の飲みすぎには注意しましょう。
ポリフェノールが含まれるハーブティーの取りすぎで赤ちゃんの心臓の血流が悪くなるという報告があります。
1日1、2杯であれば問題ありません。

●監修/

土屋裕子 先生
岡本登美子 先生

●読者モデル/<たまひよメイト>高原瑠美さん(撮影時妊娠9ヶ月) 
●撮影/井手孝高 
●スタイリング/A.m Lab 武田まどか、桑原史香 
●デザイン/風讃社デザイン室

■おすすめ記事
【パパ育児のススメ】ママへの思いやりと赤ちゃんの成長を楽しむことがカギ!

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。