1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 【出産準備】産後の入院生活で「あってよかった!」授乳お助けグッズ

【出産準備】産後の入院生活で「あってよかった!」授乳お助けグッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iStock.com/NataliaDeriabina

「たまごクラブ」の先輩ママに、お産入院で持っていってよかったグッズを聞いたところ、ベスト10に最も多くランクインしたのが「授乳グッズ」。
お産入院のためにはさまざまなアイテムを用意しなくてはいけませんが、産後すぐに始まる授乳のためのアイテムは必需品。
今回は口コミサイト「ウィメンズパーク」に寄せられたママのリアルな体験談をもとに、その中でも本当に持っていってよかった授乳のためのアイテムを紹介します。

下着が汚れず快適!「母乳パッド」

iStock.com/Wavebreakmedia

初めての出産だと母乳がどれくらい出るのかわからないもの。赤ちゃんがおっぱいを飲んでいないときも自然に母乳が出てしまうことがあり、下着やパジャマが濡れてしまい、不快になることも。
母乳パットは母乳の漏れを防ぎ、デリケートになっている乳首を優しく保護してくれます。
「ウィメンズパーク」にも「授乳直後から卒乳まで使った」「すぐに必要なのであったほうがいい」という声が多く寄せられました。

「私の場合、昼に出産してその夜に母乳で服がびちょびちょになってたので、用意しておいた方が安心だと思います」

「1人目の時は、産んだ直後から母乳が出たので、パッドは常に付けてました。2人目妊娠中の今も、もう既にチビチビ出ていて特にお風呂上がりが凄いので、母乳パッドを付けてます」

「本当に必要だったと思えるのは、母乳パッドです。まさか、飲んでいる反対側からドバドバ出るとは思わなかったので、授乳しながら反対の乳を抑えることになるとは。おっぱいが軌道にのる3ヶ月くらいまで必要でした」

モールドカップで母乳を吸収

内側は母乳をしっかり吸収するドライパイル素材で、表側は清潔を保てる制菌・消臭素材の機能が。縫い目の少ないモールドカップが優しくフィット。
たまひよSHOP限定 母乳パッド ( 1セット ワンサイズ )

カラフルな母乳パッド

母乳の漏れを防ぐ3層構造。モレ防止のデーバーのデザインをで。通気性もよく夏も爽やかに着けられます。
ALoveSoul 布製母乳パッド フィットアップ 錐形 通気 12枚セット 洗濯ネット付き

吸水性のいいコットンパッド

シルクのように柔らかな竹布テリー生地と中の吸収帯も吸収力のあるマイクロファイバーを使用。軽い着け心地なのに母乳をしっかり吸収してくれます。
TELLME 6 pcs(3 ペア ) オーガニックバンブー 母乳パッド セット 6 pcs(3 ペア ) ふわふわオーガニックコットン100%

赤ちゃんにもママにも優しい「乳頭ケアクリーム」

iStock.com/Anetlanda

1日何度も授乳したり、赤ちゃんもはじめは上手におっぱいを吸えてなかったりなどで、乳頭が乾燥したり、かぶれて傷つき痛みを伴ってしまうことも。「乳頭ケアクリーム」は赤ちゃんの口に入っても安心な成分のものなので、こまめに塗ってケアしているママが多かったです。

「乳頭ケアクリーム使ってました! 柔らかく伸びやすく、匂いもほとんど無臭で赤ちゃんも何も嫌がりもせず飲んでくれていました!」

「1日20回以上の授乳後、毎回塗って痛みを和らげていました」

「つけてるのとつけてないのでは、やっぱり違いました! 薄く塗ってラップで保湿! 1人目は慣れない授乳で乳首が痛すぎて保湿しまくりでした!」

「1人目は飲むのが下手で、かなりの浅吸いだったため頻繁に切れてしまい、クリームを使ってました」

べたつき、においが少ないオイル

適量を手に取り肌になじませて使います。天然由来成分のオイルで潤いを与えて、乾燥を防いでくれます。
ピジョン リペアニプル 10g

赤ちゃんの肌ケアにも使える

乳頭亀裂のケアにも使える天然ナチュラル馬油。赤ちゃんの赤くなったお尻にも使用できてべたつかず、ほんのりハーブの香りが特徴。
ベビーバーユマドンナ 83gお徳用(天然成分100%ナチュラル馬油)

乳頭の乾燥を優しくカバー

授乳期の乳頭の肌荒れや乾燥、妊娠中のかゆみのケアにおすすめの保護用オイル。100%植物由来成分なので、赤ちゃんの口に入れても安心。授乳のたびに拭き取る必要がありません。
ママ&キッズ ニプルベール

妊娠中から便利な「授乳クッション」

赤ちゃんの顔がママの胸の高さまで上がるように作られているので、授乳するときの腕や肩の負担を軽減してくれます。出産後の”はじめて授乳”だとママも赤ちゃんも慣れないので、授乳クッションがあるとラクという体験談が多かったです。
妊娠中は抱き枕にしたり、出産後は授乳はもちろん、赤ちゃんのお座りのサポートにと長く使えるので、入院グッズとして用意する人も多数。

「授乳クッション、持ち込みました。必要ですよ」

「傷が痛くて、泣く度に授乳室に行く余裕がなかったので、授乳クッションは持っていって良かったです。おかげで、泣いたら移動せずにすぐ授乳ができました。
クッションがなくても授乳はできますが、腕がだんだんと辛くなってくるんですよね」

丸洗いできる授乳クッション

ミルクや汗で汚れがちなクッションは、丸洗いできると便利です。程よい厚みがあり、授乳しやすくシンプルなデザインがポイント。
たまひよSHOP限定 丸洗いできる!厚みたっぷり授乳クッション(本体+カバー1枚)

腕が楽になる付属のクッション付き

程よいボリューム感が授乳しやすいクッション。付属のミニクッションを使用すると、さらに腕への負担が軽減されます。
【SIMPS】ママ&ベビークッション リラックス 授乳クッション ふわふわ 通気性抜群 洗濯可能

いろいろ使えるマルチクッション

オーガニックコットンを使用したタブルガーゼ素材で肌にも優しい。抱き枕や赤ちゃんのお座りサポートなど、マルチに使えます。
日本製 ECOレシピ ダブルガーゼドット柄 オーガニックコットン

授乳は1日に何度もするので、ママにとって快適なグッズを選びましょう。産後は肌もデリケートで乾燥しやすいので、保湿をしっかりしてケアするのがポイントです。(文・百田なつき)

■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

※記事内容でご紹介しているリンク先は、削除される場合があります。あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

■関連記事
【入院準備】マタニティパジャマは必要?普通のパジャマとどこが違うの?
【入院準備~産後】授乳用インナー、何をどれくらい用意する?
初ママ必見【産後0日~退院まで】入院中にやることを助産師さんに聞きました

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る