1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 乳児にはちみつはNG...では妊娠中は?【妊婦が控えたほうがいい食べ物】

乳児にはちみつはNG...では妊娠中は?【妊婦が控えたほうがいい食べ物】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


少し前に「乳児にはちみつを与えてはいけない」ということが話題になりました。
「乳児によくないなら、胎児にもよくないのでは? 妊娠中にはちみつを食べても大丈夫?」と心配に思った妊婦さんも多いと思いますが、答えは大丈夫。妊婦さんがはちみつを食べても、おなかの赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはありません。
それでは、妊娠中に食べると、おなかの赤ちゃんに影響する食べ物は? 

妊娠中に控えた方がいい食べ物について、帝京大学医学部附属病院 産婦人科学講座・医学教育センター准教授・笹森幸文先生にお聞きしました。 

「食べたからといって必ず影響するわけではないけれど、控えた方がいい食品がいくつかあります」と、笹森先生。
今回は、とくによくいわれているものについて解説していただきました。

生肉や加熱殺菌していないナチュラルチーズはNG

馬刺し生ハムレアステーキなど、加熱処理が十分にされていない肉は、リステリア菌に感染して食中毒を起こすことがあります。妊婦さんがリステリア感染症にかかると、流産・早産や赤ちゃんのトラブルにつながる心配も。さらにそれらの生肉は、おなかの赤ちゃんに影響を及ぼすトキソプラズマに感染する恐れもありますので、妊娠中はきちんと火を通したものを食べるようにしましょう。

また、ブルーチーズカマンベールチーズなどの加熱殺菌されていないナチュラルチーズも、リステリア菌が存在する恐れがあります。ピザなどのように加熱してあれば安心ですが、そのまま食べるのは避けたほうがいいでしょう。

マグロやカジキ等の魚は過剰摂取に注意

マグロカジキマグロなどの大型回遊魚や、金目鯛カサゴなどの魚には、おなかの赤ちゃんの中枢神経に影響を及ぼすレベルの水銀が含まれている可能性があるため、妊娠中は食べ過ぎないように注意が必要です。
ただし、同じマグロでも種類によって摂取量の目安が異なりますので、厚生労働省の「これからママになるあなたへ お魚について知っておいてほしいこと」を参考にしてください。

妊娠初期はビタミンAを多く含む食品はとりすぎないで

レバーうなぎには動物性ビタミンA(レチノール)が多く含まれ、とくに妊娠初期に過剰摂取するとおなかの赤ちゃんに影響する心配があります。
通常量をたまに食べるなら問題はありませんが、大量に食べたり継続的に食べるのはNG。なお、緑黄色野菜に含まれるビタミンA(βカロチン)は大量に摂取しても問題ありません。

いかがでしたか?
通常は体にいいとされる食品でも、妊娠中には控えたほうがいいものがあることがわかりました。
最後に「これは食べても大丈夫かな?」と迷ったときはどうするべきか、笹森先生からのアドバイスです。

「食べ物に限ったことではなく、妊娠中の生活全般に言えることですが、『妊娠中は控えて』といわれていることをしても、必ず影響が出るとは限りません。でも、万が一おなかの赤ちゃんにトラブルが発見されたときに後悔しないためにも、『迷ったらやめておく』という判断も、おなかの赤ちゃんを守るために必要なのではないでしょうか」

(文・たまごクラブ編集部)

■監修/帝京大学医学部附属病院 産婦人科学講座・医学教育センター准教授 笹森幸文先生

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る