1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中に旅行に行っていい?産婦人科医から旅の注意点

妊娠中に旅行に行っていい?産婦人科医から旅の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Manuel-F-O/gettyimages

「赤ちゃんが生まれたら、しばらくは旅行に行くこともできないから今のうちにしておきたい」「夫婦2人の思い出づくりをしたい」という妊婦さんからの声が多く聞かれます。でも、おなかの赤ちゃんのことや体調も気になっていて、本当に大丈夫なのか気になるところ。また、マタ旅をするなら、心がまえや準備など、旅でつまずかないためのポイントも、産婦人科医の先生に聞いてきました。

妊娠中の旅行「メリット・デメリット」

妊娠中の旅行はメリットもありますが、リスクも考えずに気軽な気持ちで行くと後悔することも。メリットとデメリットを理解したうえで、どうすべきか、何を準備すればいいのかを考えていきましょう。

妊娠中の旅行<メリット>

妊娠すると、今までできていたことができないなど、制約が多くなってストレスがたまりがち。イライラしたり、気分がしずんでしまったりすることがあります。旅先では開放的になり、新鮮な気持ちになってリフレッシュ! いい気分転換になって、妊娠生活や出産に対して、前向きになれるというメリットがあります。

妊娠中の旅行<デメリット>

旅先で体調が悪くなって救急受診する場合、すぐに診てもらえない場合が多く、たらいまわしになってしまうことも! また、受診できた場合でも、妊娠は継続して診ることが大切なため、これまでの妊娠経過や持病などを聞いたり、母子健康手帳を確認したり、主治医に連絡して状態を把握するなどして、すぐに対応ができず、処置が遅れることもあります。

妊娠中の旅行、いつなら行ってもいい?

妊娠が安定する安定期に入ってから、妊娠16週以降にしましょう。また、おなかが大きくなって動きにくくなることで負担が増すことを考え、出産時期が近くなった場合も、やめておくべきですから、妊娠28週くらいまでにしておきましょう。そして旅行に行く前は、必ず、主治医に相談してください。

安定期について

安定期イコール安全な時期というわけではありません。安定期になると、胎盤が完成し、今まで激変していたホルモンの状態も落ち着き、つわりもおさまってくるので母体の状態が楽になります。そのため、妊娠も安定したと思い、急にアクティブになって無理してしまう人も。「安定期に入ったからOK。すぐに旅行へ」という考えはNG。自分の体調をよく確認しながら、少しずつ活動量をふやしていくことが大切なので、旅行時期もよく考えましょう。

妊娠中の旅行の注意点

最近では、多くの妊婦さんの旅行が気軽な感じになっていますが、リスクは必ずともないます。妊娠前と同じ気分でなんとなく旅行に行くのではなく、一緒に行く夫や家族にも理解してもらい、注意すべきことを頭に入れ、事前の準備をしっかり整えておきましょう。

海外旅行はおすすめできません

海外旅行は、気候の変化や時差、食事の面からも体調を崩してしまうことが。もしもトラブルがあった場合、医療者に伝える言葉の問題や、保険が使えずに医療費が高額になることも多いので、やめておいたほうがいいでしょう。

連休など込みやすい時期は避けて

連休はとても込みやすく、人と接触して転倒する危険もありますし、車での移動の場合、渋滞に巻き込まれてしまうことも。トイレに入るにも行列に並ぶことになったりして、頻尿になりやすい妊婦さんにとっては負担が大きくなります。

余裕のないスケジュールはやめて

物見遊山であちこち歩きまわってしまうと疲れてしまい、おなかが張ってくるなどして、切迫流産(せっぱくりゅうざん)や切迫早産(せっぱくそうざん)などのリスクも高まります。行きたい場所、見てみたい場所はいろいろでしょうが、妊娠中は、「心と体を解放して、のんびり&ゆったりできること」をメインにしてスケジュールを立てましょう。

旅行前の準備

妊娠中だからこそ、旅行前にはしておきたいことがあります。行く前の準備だけでなく、旅行当日にすべきことなどもチェックしておきましょう。

宿泊先の宿に妊婦であることを知らせる

体調の変化が起きやすいのが妊娠中。旅行前は体調もよく元気だったとしても、急にトラブルが起こることもあります。もしものときに、対応してもらいやすいよう、宿泊先には、妊娠中であることを伝えておくといいでしょう。

必要な持ち物

①母子健康手帳 ②健康保険証 ③診察券 ④冷え対策に、カーディガンなどの羽織もの(夏でもエアコン対策用に)⑤尿もれパット、携帯トイレなど(車での移動の場合)

Petit Cocoon UVカットロングカーディガン

旅行当日のチェック

旅行前はあわただしくなりがち。忘れ物をしてあせってしまったりしては、旅行の意味がありません。時間に余裕のあるスケジュールで出発しましょう。また、当日、少しでも体調が思わしくないときは、キャンセルする勇気も必要です。旅先で何かあった場合、後悔することに。おなかの赤ちゃんのことをいちばんに考えて決断してください。

妊婦におすすめの旅先エリア・人気スポットを教えて

旅行雑誌や、女性誌の記事などでは、観光地ランキングや話題の温泉地、観光スポット特集などが組まれていますよね。そういったものを見ると、行きたくなるのはよくわかります。でも、妊娠中は混雑している場所は避けたほうが無難。人気スポットは混雑していることが多いので要注意です。行くなら、平日の比較的すいている時期などをねらいましょう。また、まわりの人がすすめる場所ではなく、自分自身が気持ちよく開放される場所、のんびりできるところがベストです。

旅先選びのポイント

①体調が悪くなった場合でも、家に戻りやすい、自宅から1~2時間の場所がいいでしょう。
②これまでに行ったことがあって、リラックスできた場所、お気に入りの宿泊先などもおすすめです。

旅先選び、これはNG

①妊婦さんだけに特化したツアーならともかく、通常の一般的なツアーはやめておいたほうが無難です。綿密で詳細なスケジュールが組まれているため、無理をしがちですし、まわりの人のことを考えて気疲れしてしまうことも。また、何かトラブルがあった場合、自分が後悔するのはもちろん、ほかのツアー客にも迷惑をかけてしまうことにも。
②目的地までの道のりが荒く、車の振動が激しそうな場所や、温泉地の秘湯と呼ばれるような場所は、足元がおぼつかないことも多いので、妊娠中はやめておきましょう。

旅行先への移動手段

ilterriorm/gettyimages

乗り物の特徴や移動距離、時期や時間帯など、さまざまな要因があるので、総合的に判断して決めましょう。どの移動手段でも、体調に合わせて休憩し、長時間同じ姿勢でいないよう、座る姿勢を変えるなどして疲れない工夫をしてください。

自家用車

夫や家族など、親しい人と行くので、気兼ねなく移動できますが、いったん渋滞などに巻き込まれた場合、トイレにも行けないですし、同じ姿勢で長時間いるとトラブルの原因に。電車利用のほうがいい場合もあるので、よく検討を。

電車

渋滞もなく、移動時間が確定しているためスケジュールが立てやすいでしょう。トイレも途中下車すればいいですし、電車内にトイレがある場合は、より安心です。

飛行機

途中で気分が悪くなっても降りられないですし、万一、激しい揺れが起きたときに心配です。妊婦さんの場合は、航空会社によって搭乗制限があるのでよく確認を。

妊娠中に旅行したママたちのエピソード

「ゴールデンウィークに飛行機で1時間のところへ家族で2泊3日で旅行しました。最近マタニティ中の旅行は批判がありますが、私の祖母や両親、子どもたちと旅行できる最後のチャンスだと思い、決行しました。3人目の出産となるのでしばらく旅行へ行そうもなく、祖母も高齢ですので…。空港会社へは妊娠中を伝えたくらいでとくに旅館には伝えていませんでしたが、念のため母子健康手帳を持っていきました。休憩はちょこちょこしたほうがよいですよ。楽しくて無理をしてしまうと後がつらいですから。当日の予定もあまり決めずに体調をみながら決めるようにしたほうがよいです。」

「うちは7ヶ月まででした。8ヶ月に入ったぐらいから、自分では症状を感じなかったのですが、切迫早産になっていて、即入院になりました。病院を調べるよりも、いつでも何かあったときに、すぐに帰れるようにしておいたほうがいいです。よく、旅行(または、帰省)に行って、入院を必要とするぐらいの切迫早産や出血などで、かかりつけ以外の病院に駆け込む人がいるが、今までの健診がどういう状況だったかとか、もし出産につながってしまったら、カルテも何もない状況で分娩しなければいけなくなる。しかも、医師不足の病院、地域であると、たった一人の患者さんであろうと、それは迷惑になりかねない。旅行はするなとは言わない。ただ、もしそんなことになったら、ほかの地域の医師やスタッフに迷惑になることは覚えておいてほしい、と言われたことがあります。自己責任ではありますが、体調が悪くなれば、旅行先の病院に駆け込めばいい…という考えも、ちょっと軽すぎるかな?と思います。もちろん、体調もよく、今までが順調で医師のお墨付きだったのに、いきなり体調を崩したとかなら別だと思いますが…。一時間半ぐらいの場所なら、少しの違和感を感じたらひどくなる前に、予定を変更してでも、すぐに自宅へ戻るようにしたほうがいいと思います。楽しい旅行にするためには、健診で旅行OKの許可を得ることと、いくら出産前の最後の旅行だからと言って、無理をしないことだと思います。迷惑になるのは、医師やスタッフだけでなく、本来かかりつけである妊婦さんが、ほかの地域からの救急患者の妊婦さんによって、入院ベッド数がたりなくなり、入院できないか、ほかの病院に搬送させられるおそれもある。ということです。ですので、自分の判断ではなく、必ずかかりつけの医師の許可は得たほうがいいと思います。」

妊娠中の旅行は、メリットもデメリットもあり、しっかりと理解したうえで判断しましょう。旅行のデメリットを上回るほどのメリットがあり、今の自分には必要であるかどうかがポイントです。旅に行く場合は、妊娠前と同じと考えていると体の負担が大きくなります。計画する段階から、おなかの赤ちゃんのことを考え、自分の体と向き合うこと、そして、欲張らずにゆったりしたスケジュールを立ててみてください。また、場合によっては中止をする勇気も必要だということを心に置いておきましょう。
(たまごクラブ編集部)

監修者
北島米夫先生(北島産婦人科医院 院長)
■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る