1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 赤ちゃんをアレルギーにさせない、妊娠中の正しい食事とは?

赤ちゃんをアレルギーにさせない、妊娠中の正しい食事とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アトピー性皮膚炎や食物アレルギーなど、アレルギーを発症する子どもは年々増えています。
妊娠中からできる予防策はないかと思っているママも多いのでは? 
でも、アレルギーの予防策には誤解が多いんです! 正しい知識を身につけて、赤ちゃんの健康とアレルギー予防のためにできることをしっかり対策したいですね。

妊娠中、アレルギーが心配な食材を食べないことに意味はない!

「赤ちゃんを“卵アレルギー”にしないため、妊娠中は“卵”を食べないほうがいい」という話を聞いたことありませんか? 実はこれ、間違った考え方です。

妊娠中は、バランスよくいろいろな食材を食べることが◎

以前は、赤ちゃんのアレルギー対策として、妊娠中にアレルギーが心配な食材を食べないように、と言われたこともありました。
でも、現在の研究では、アレルギーの原因になる食材を除去しても、赤ちゃんがアレルギーになる割合は変わらないことがわかっています。
なかには、妊婦さんがピーナツ類を食べていたほうが、子どものぜんそくの発症が少なかったというデータも。つまり、妊婦さんが特定の食材を避けることにメリットはありません。
バランスよくいろいろな食材を食べることが、妊娠中の体調維持のためにも、健康的な体重管理のためにも、いちばんなのです。

産後、赤ちゃんの離乳食はどうしたらいいの?

出産後は、赤ちゃんとの生活が始まります。生後5カ月くらいからは離乳食もスタート。赤ちゃんが口にするものはどうしたらいい? そんな不安や心配をなくすためにも、時間に余裕のある妊娠中に、産後のことも知っておきましょう。

もし、赤ちゃんにアレルギー反応が出たら?

赤ちゃんが食物アレルギーと診断され、特定の食材がアレルゲンとわかったら、その食材は絶対に食べさせてはいけません。最悪の場合は命に関わることもあります。
赤ちゃんにアレルギー症状が出た食材は、ママも避けるべきかというと、必ずしもそうではありません。ママが食べたものの成分は微量ながら母乳に含まれますが、食べ続けても問題ないケースもありますので、担当医に相談しましょう。

アレルギーが心配な食材を除去すると、リスクを高める可能性が!

赤ちゃんが健康で、アレルギー症状が出ていない場合は、赤ちゃんの発育・発達に合わせて離乳食をはじめましょう。アレルギーの発症を恐れて、赤ちゃんの離乳食スタートを遅らせたり、アレルギーの原因になる食材を食べさせる時期を遅らせるママやパパもいますが、実はこれ、NG! 
特定の食材に免疫寛容(特定のアレルゲンに対して、体がアレルギー反応を起こさずに受け入れられるようになる状態のこと)を起こす機会を奪うことにつながり、かえってアレルギーの発症リスクを高める可能性があります。
特定の食材について「食べる時期を遅らせること」がプラスに働くことはありません。

いかがでしたか?
赤ちゃんのためにも、正しい知識をもって、健康な食生活を心がけてください。(文・たまごクラブ編集部)

監修/国立生育医療研究センター 生体防御系内科部 アレルギー科医長 大矢幸弘先生

■関連記事
妊娠中期からのおなかの張り、「危険な張り」と「安全な張り」の違いは?
妊婦さん家庭の「いい節約・ダメな節約」
妊娠の「安定期」って、何が安定するの?流産の心配はなくなるの?

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る