1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 「のだめカンタービレ」の曲を聴きまくった、私の「胎教」。ママが穏やかに楽しく過ごせたらOK

「のだめカンタービレ」の曲を聴きまくった、私の「胎教」。ママが穏やかに楽しく過ごせたらOK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のクローズアップのポートレート、白で赤ちゃん美しいベッドルーム
olesiabilkei/gettyimages

40代ママライター、“あさ”です。現在は、教育工学のプロジェクトの記録調査員兼ライターをしています。28歳で妊娠し、29歳で男児を出産しました。頑張りすぎない手軽な胎教の体験談をお話します。

おなかの赤ちゃんは、私の声が聞こえているらしい

待ちに待った安定期の妊娠5ヶ月のこと。愛読書、たまごクラブの『妊娠大百科』によると、「そのころの赤ちゃんは、脳や耳が発達して、音が聞こえるようになり、記憶を始める」とありました。

話しかけをすることで、「赤ちゃんが私の声を覚えてくれる!」と嬉しくなり、早速挨拶から始めることにしました。

「おはよう」「今日はいい天気だよ」などと話しかけ、そのうち、食事のメニューやテレビの感想を実況中継で話しかけるようになりました。

胎教で、モーツァルトを聴かせると天才児になる?

妊娠6ヶ月を過ぎました。このころ、おなかにいる赤ちゃんは聴覚が発達するので、「天才を育てるなら、胎教にモーツァルトを聴かせるとよい」という情報を、どこかから仕入れました。

早速、モーツァルトのCDを購入し、時間をみつけてはCDをかける生活がスタート。

モーツァルトの音楽は明るく華やかで、『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』・『フィガロの結婚』・『トルコ行進曲』・『きらきら星』など、CMなどで馴染みのある曲が多く、楽しんで聴くことができました。

いつしか漫画が、私のマタニティライフの選曲ガイドに

しかし、「いくら天才児が育つらしい」といっても、毎日モーツァルトばかり聴く生活では飽きてしまいます。そこで、実家にある『クラシックCD100選』を活用しようと思い立ちました。

100曲のなかから選んだのは、クラシック音楽をテーマにした漫画「のだめカンタービレ」で取り上げられていた音楽家や曲です。物語の主人公たちが演奏していた曲を聴いてみたいと思い、漫画に掲載されていた音楽家たちのCDを選んでみました。

ベートーヴェンの『英雄』、G・ガーシュウィンの『ラプソディー・イン・ブルー』、ラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番ハ短調』、ブラームスの『交響曲第1番ハ短調』を皮切りに、ラヴェル、シューマン、シベリウス、バッハなどなど。

漫画は、私のマタニティライフのクラシックガイドとなりました。曲をかけたことによって、胎動に大きな変化を感じたことはありませんでしたが、私自身が楽しくマタニティライフを過ごすことができたのです。

私が楽しければ、クラシックにこだわることもないか

そもそも、モーツァルトの音楽で天才児が育つという噂に触発されて始めたはずの胎教。気づけば漫画に出てくるクラシックばかりを聴く毎日で、「天才児を育てるためにモーツァルトの曲を聴かせる話はどうした⁉」と、自分で突っ込みたくなるほどでした。

しかし、クラシックのテンポでは、掃除などの家事がなかなかはかどりません。そのため、ときどきJ-POPも聴くようになりました。家事のときは好きなアーティストの曲を聞き、一緒に歌いたいときは特にベスト盤を選んで流していました。

次第に、「胎教に一番よいのは、私の精神が穏やかで安定していること」と思うようになり、自分が楽しめる曲をかけるように。妊娠中はホルモンバランスが崩れて、イライラしがちでしたが、音楽を聴いているうちに、心が穏やかに変化するのを感じていました。

胎教の時間は、「音楽の効果がどう」とかということより、私自身が音楽を楽しむ時間になっていたのです。「この曲は好きかな?」などと話かけながら、おなかの赤ちゃんをより身近に感じることができました。

こうして胎教を楽しむ生活を続け、妊娠41週6日で、身長49.6cm、体重2900gの赤ちゃんを出産しました。胎動を感じるようになると、話しかけはもっと楽しくなりました。蹴とばされた場所を「もう一度、蹴ってごらん」と言ってポンと叩き返すと、また蹴とばしてきます。「今度はこっち」とポンと別の場所を叩くと、そこを蹴とばします。偶然だと思いますが、コミュニケーションがとれている気分になりました。

その他のママライター体験談はこちら

[あさ * プロフィール]
あさです。夫と息子の3人家族です。0歳で息子を保育園に預け、正社員で働きながら、ワンオペ育児をしてきました。息子も成長し、今まで以上にライター業に精力的に取り組みたいと思っています。皆さまに役立つ記事が書けるよう頑張ります。

■関連:胎教とは? いつからどんなことをすればいいの?

※この記事は個人の体験記です。記事に掲載の画像はイメージです。

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/