SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. おうち時間増で手作り欲アップ!育児グッズの持ち歩きに便利な「巾着ポーチ」の作り方

おうち時間増で手作り欲アップ!育児グッズの持ち歩きに便利な「巾着ポーチ」の作り方

更新

家にいる時間が増えている今、ベビーグッズを手作りするのも、おすすめの過ごし方。初心者でも簡単な「巾着ポーチ」の作り方を、手芸作家、イラストレーターとして活躍する細川夏子さんに教えてもらいました。赤ちゃんとのお出かけのときに必要な、着替えや紙おむつなどを小分けするのに便利です。

用意する材料・道具

まず、好きな柄や色の生地やリボンを選びましょう。「薄手の生地で作るとギャザーがきれいに寄ります。ガーゼや麻の生地でも作りやすいのでおすすめ」(細川さん)

材料

【ベビーウエアが入るサイズ用】

表布:コットン地(柄)…32㎝×25㎝を2枚

裏布:コットン地(無地)…32㎝×25㎝を2枚

リボン…1.7㎝幅×85㎝を2本

【小物が入るサイズ用】

表布:コットン地(柄)…22㎝×17㎝を2枚

裏布:コットン地(無地)…22㎝×17㎝を2枚

リボン…1.7㎝幅×70㎝を2本

道具

・裁ちばさみ・糸切りばさみ・縫い糸・待ち針・縫い針・アイロン・アイロン台・チャコペン・定規

STEP1

表布の裏面、周囲から1㎝内側に、チャコペンで縫い線を描きます。裏布の裏面にも同様に描きましょう。

STEP2

STEP1の表布と裏布、各1枚を中表に重ね、上の辺を縫い線どおりに、こまかくなみ縫いします。それを図のように広げ、縫い代を割ってアイロンをかけます。残りの表布と裏布も同様にして、同じものを2つ作りましょう。

STEP3

STEP2でできたものを、図のように中表にして重ね、周囲のチャコペンの線の上をこまかくなみ縫いします。図のように、表布はひもの通し口を2㎝、裏布は返し口を6㎝縫い残しておきます。

STEP4

角の余分な生地を切ります。縫い代を内側に折り込み、アイロンをかけます。裏側も同様に縫い代にアイロンをかけましょう。

STEP5

返し口から外表に返し、アイロンで形を整えます。返し口をはしご縫いで縫いとじましょう。次に、図のように裏布を表布に入れ込み、形を整えます。

STEP6

図のように、リボンを通す部分にチャコペンで縫い線を書きます。次に、縫い線どおりにこまかくなみ縫いしましょう。

STEP7

図のように、リボンを2本通します。リボンの端を結んだら完成!

監修/細川夏子さん 撮影/村尾香織 
イラスト/ヌガトモコ 文/たまごクラブ編集部

赤ちゃんと一緒にお出かけできるようになると、持ち歩く荷物がたくさんあります。そんなときにシンプルな巾着ポーチは活躍するはず。ぜひ作ってみてくださいね。

参考/「たまごクラブ」2018年11月号「もうすぐママの手づくりじかん」


細川夏子さん
Profile
手芸作家、イラストレーター。著書に『かわいい・かんたん・使える! 手ぬいのベビーこもの』(主婦の友社)が。

■おすすめ記事
本当に安全な赤ちゃんのおもちゃって?おもちゃを選ぶポイントをチェック!

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。