SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. 【動画】パパデビューを応援!妻を支える 4step

【動画】パパデビューを応援!妻を支える 4step


ママの仕事が出産ならば、パパの仕事は、ママをしっかり支え、生れてくる新しい命を守ること!
何をするべきか、4つのStepをまとめました。今から確認&イメトレをしましょう♪

妻はこんな状態です

妻はこんな状態です


妊娠中はホルモンバランスの劇的な変化や、将来への不安などから、訳もなくイライラする、涙もろくなるなど情緒不安定になりがち。
妻自身も、理由がわからないのです。

妻を支えるstep1「なんでも話を聞く」

妻を支えるstep1「なんでも話を聞く」

妻の不安や心配な気持ちに、論理的なアドバイスだけは不要です。
ただし、ノーリアクションはNG。
たとえば妻の話をさえぎらずに最後まで聞いて、気持ちを受け止めてあげよう。妊娠や出産に関心がある、という気持ちをきちんと姿勢として見せることも大切です。

妻はこんな状態です

妻はこんな状態です


妊娠経過とともに体が変化していくのは、赤ちゃんが成長している証し。
でも体形の変化に戸惑ったり、不快症状に悩んだりするなど、妻の心の状態は複雑に揺れています。

妻を支えるstep2「妊娠健診・両親学級に参加する」

妻を支えるstep2「妊娠健診・両親学級に参加する」

妊娠中は、出産までに15回ほど健診があるので、仕事の都合がつくなら、ぜひ付き添いを。
妊娠して不安になっている妻は、夫が一緒にいるだけで心強いもの。
両親学級にも参加して、妊娠・出産について勉強すると、パパになる心の準備ができます。
赤ちゃんへの愛情もアップ↑! ※2020年現在、コロナ禍で夫のつきそいがNGの場合もあります。徐々にOKとする産院もあるので事前に確認を。

妻はこんな状態です

妻はこんな状態です


妊娠はうれしい一方で、妊娠前のように体を動かせず、行動範囲やできることが制限されてしまいがち。
そんなとき、いつもと変わらない夫を見ると、モヤモヤしてしまうことも。

妻を支えるstep3「ママとこまめに連絡をとる」

妻を支えるstep3「ママとこまめに連絡をとる」

妊娠中は、なるべく早く帰宅するのが基本。おつき合いの飲み会もできるだけ減らして。
帰宅が遅い、休みが少ない場合はなるべく電話やメールなどで妻とこまめに絡をとろう。家族としてあたり前のこと、それだけで妻は安心するものなのです。

妻はこんな状態です

妻はこんな状態です


おなかに赤ちゃんがいる妻と違い、夫は、パパになる実感がわきにくいもの。
夫の妊娠や出産への関心が薄く、テンションが低いと妻は寂しく感じ、不安がより増してしまうことも。

妻を支えるstep4「おなかの赤ちゃんに話しかける」

妻を支えるstep4「おなかの赤ちゃんに話しかける」

妊娠20週以降、胎動を感じる妊婦が多くなります。
胎動は、赤ちゃんがおなかの中で元気にしているサイン。妻のおなかに触れながら、赤ちゃんに話しかけてみましょう。
妻はそんな夫の姿を見て、幸せな気持ちになるはず。

絶対に妻には言ってはいけないNGワード3

絶対に妻には言ってはいけないNGワード3


ついつい夫が言ってしまう禁断のワードを集めました。
デリケートな時期を過ごす妻に、下記の3つは決して言わないように気をつけて!
言葉だけ言わなければいいというわけではなく、本質の理解も。

3大NGワード

<1> ほかの妊婦さんは楽しそうだよ
<2> いつもゴロゴロしていて、うらやましい
<3> みんな経験しているから大丈夫でしょ

1「比較する」、2「理解しない」、3「人ごと」は妻の心を怒りで燃やします。
2人の子どもだから、妊娠中から2人で育てる気持ちが大事。
夫はいつでも妻の味方でいよう!
その心が妻を笑顔にして、赤ちゃんにパワーを贈ります。

監修

NPO法人フィット・フォー・マザー・ジャパン理事長 小林香織さん
産院などで妊産婦の運動プログラムの指導を経て、現在は妊娠期・育児期の健康維持に必要な知識と運動を現代のママ・パパにフィットする形で企画&開発。助産師を中心に指導者育成に尽力するベテラントレーナー。

●イラスト/千野エー
●文・動画制作/たまひよ編集部

■おすすめ記事
【パパ育児のススメ】ママへの思いやりと赤ちゃんの成長を楽しむことがカギ!

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。