1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 赤ちゃんの名前ランキング
  4. 赤ちゃんの名づけの基本

赤ちゃんの名づけの基本

基本の「キ」を知る

ひらがな・カタカナはOK、漢字は使えないものも

名づけには、和文文字に関しては、ひらがな、カタカナは全て使うことができます。また長音符号(-)や繰り返し記号(々、ゝ、ゞ)もOK。ただし、漢字は使える漢字と使えない漢字があるので注意。名前に使える漢字は、常用漢字と人名用漢字、一部の許容字体に限られています。使いたい文字が決まったら、これらに含まれるか調べましょう。また常用漢字でも意味が悪い字は認められない場合があります。

アルファベットや算用数字は名前には使えません

「A、a」などのアルファベットは、名前に使うことが認められていません。外国風の名前にしたい場合でも、アルファベットではなく、その音にあてはまる漢字を使うか、カタカナで表記することになります。また「1、2」などの算用数字やローマ数字もNG。漢数字の「一、二」「壱、弐」などは常用漢字なので使うことができます。

読みは自由。でも、行き過ぎに注意

名前に使える漢字は決まっていますが、読み方の制限はありません。しかしながら、個性を求めて一般的でない読み方にしてしまうと、個性を通り越して、不便なだけの名前になってしまいます。なかなか読んでもらえず、いつも訂正してばかりでは子どもも困ってしまうでしょう。すんなり読める読み方にしてあげたいものです。

姓と名前のバランスもチェック

名前の候補が絞られてきたら、それを紙に書いてみましょう。このとき大切なのは、必ず姓と名を一緒に書き、声を出して呼んでみること。さらにひらがな、カタカナ、ローマ字、イニシャルでも書いてみましょう。それぞれで書いたときのバランスをしっかり見ることも重要です。

まとめ

画数、言霊など深入りすればきりがありません。ますはこだわりのポイントを絞っておくことです。そして、わが子に願いを込め、一生懸命考えた名前ならば、赤ちゃんへの最高の贈り物になることを忘れないで。

過去の名前ランキング

過去の名前ランキングです。

赤ちゃんの名づけについて

名づけに関するコラムです。