SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 出産・分娩用語辞典
  4. 卵膜剥離(らんまくはくり)

出産・分娩用語辞典

卵膜剥離(らんまくはくり)

 なかなかお産が始まらず、まだ子宮口もかたいときに、医師が内診をして、赤ちゃんを包んでいる卵膜を子宮壁から少しはがします。これを「卵膜剥離」といいます。この刺激で陣痛が始まったり、子宮口が開いたりすることを期待して行われます。

よく見られている出産・分娩用語

出産・分娩用語辞典に戻る