SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 「やるね!3歳児」と感じる3才児の心の成長【小児科医】

「やるね!3歳児」と感じる3才児の心の成長【小児科医】

ほおづえについて彼女の手 (3 歳) で日本の女の子
ziggy_mars/gettyimages

コロナ禍の中でも、乳幼児健診や予防接種は赤ちゃんの成長と健康を守るために大切なこととされています。時期を逃さず受けたいものです。
「小児科医・太田先生からママ・パパへ、今伝えたいこと」#8は、乳幼児健診の中の3才児健診でのエピソードです。

3歳児健診で楽しみなこと

千葉市の3歳児健診(受診時期は3歳半過ぎです)は、保健センターに集まる集団健診(歯科医師、保健師らが対応)のあとに、内科健診は個別にクリニックで受ける二段階方式です。
個別健診を担当しているうちに、実はひそかな楽しみを見つけました。

集団健診の前に書き込んだ調査表も持って個別健診にやって来るので、それをチェックしながら気づいたことを親に説明し、続けて視診や聴診、最後に子どもにいつも同じ質問をしています。それにどう答えてくれるかが楽しみなのです。

歯磨きの質問をすると・・・

口の中を見せてもらいながら、「〇〇ちゃんは、歯磨きが好きですか?」と聞きます。そうすると、ほとんどの子は即座に「はい」と答えてくれます。お、今日もそう来たか、“やるね!3歳児”と面白がっています。後ろに立っているママやパパは「え~、うそ!」と声を上げたり、「そんなことないじゃないの!」って顔をして苦笑いをしています。私はこの光景が気に入っています。

近年むし歯がある子はとても少なくなってきました。ママ・パパのむし歯予防への取り組みが積極的になってきたおかげで、多くのお子さんはむし歯ゼロです。しかし、3歳児にはその意図がまだわからないので、歯磨きに協力的ではありません。むしろ嫌がるのをなだめながら行っているのが実情でしょう。
それなのに、3歳になると、毎日親がやってくれていると言うことは、“これは大事なことらしい”とうすうすわかってきているからかなのか、親に花を持たせようとしているからのか、それとも、ここは「好きです!」言って“いいかっこ”をしようとしているのか、はたまた“かわいいうそつき”の誕生なのか。とても興味津々の光景です。

大人同士のアイコンタクトで

ママ・パパには「歯磨きを頑張ってやっているからこう答えるんですよ。でも、お子さんもかっこいいことを言おうと思うようになったんだから、ほめてあげてね」と話して、大人同士でニヤニヤしながら健診を終わります。

3歳児健診は、ほかに視力検査や聴力検査もあり大事な検査です。(それについては次回解説します)
幼児健診は、乳児健診に比べると、受診率が少し低い傾向がありますが、大事な内容が含まれているので、しっかり受けておいたほうが安心です。

文・監修/太田文夫先生 

構成/ひよこクラブ編集部

■おすすめ記事
本当に安全な赤ちゃんのおもちゃって?おもちゃを選ぶポイントをチェック!

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。