SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 「B'zの曲を聴くと」「ディズニーランドに行くと」など、元カレを思い出すのはどんなとき?ママたちの声

「B'zの曲を聴くと」「ディズニーランドに行くと」など、元カレを思い出すのはどんなとき?ママたちの声

認識できないような 破れた の写真を持つ女性のカップルに好評です。
Halfpoint/gettyimages

「アラフィフになった最近、大学のときから5年間付き合った元カレのことをよく思い出します」という声が、口コミサイト「ウィメンズパーク」に寄せられました。ちなみに元カレへの未練はゼロ。すると「わかります」という声が、続々と届きました。

ウットリ心がタイムトリップしつつ、意外に冷静な自分がいる

「元カレに未練ないし、今の夫のほうが良いに決まっているのに、若い大学生のカップルを見ると心がタイムトリップする」という投稿主のママ。同じ心境の人はいないですか? という呼びかけに、多くの声が届きます。

「私もしょっちゅう思い出します。
ただ私の場合、男を見る目がゼロなうえ若気の至りで『結婚したら苦労しそう』というダメンズばかり。
昔、デートした場所などを通って、ウットリ思い出したあと、『でももし結婚していたら』と、現実に返って身震いしてます。年とったなぁ」

「歴代の元カレとデートしたディズニーランドで、毎回思い出すのはなぜか浮気しまくりのモラハラ最低男。
怒りとか恨みとか、なんの感情もないのですが『あの当時の私は、一体何を考えていたんだろう』と、そちらの方へ興味がわきます」

「当時流行った歌とか、着メロにしていた曲とか、元カレが使っていたコロンの香りとか、その瞬間に鮮烈に思い出します。
部屋も服もおしゃれだった彼。結婚していたら、『無駄遣いしすぎ!』と、喧嘩の種になってたろうな(笑)」

「スケジュール帳に予定を書き込んでたら、元カレの誕生日に気づいて、電話番号を未だにスラスラ言える自分に気がつきました。
未練ゼロなんですけどね。同居している義祖父が『昔のことの方が覚えている」と、よく言いますが、わかる年齢になってきたようです」

「学生時代の元カレは猛烈に頭が良かったけど、協調性ゼロ。人の気持ちを理解できないトラブルメーカーでした。
今も同じタイプの男性を見ると思い出します(苦笑)」

「B'zの曲が流れると思い出します。
一目惚れで猛アタックして付き合った元カレは、B'zの稲葉さんにそっくりでした。でも中身は……。でもなぜか、綺麗な思い出として残ってるんですよね。なのでSNS検索しません。ハゲデブになってたらショックだから」

とはいえ、元カレをSNSで検索するママも多くいました。


SNSでかい間見る元カレの人生、そして今も繋がっている、という声

「名前、見つけちゃいました。私と別れた後、転職して大企業で活躍しているようです。
あの頃からは想像できない姿にびっくり。
未練はないけど、ふと、私のこと覚えているかなって思っちゃいました」

「一番思い出すのは中学〜高校にかけてくっついたり、離れたりを繰り返した男の子。
すごく楽しい子で一緒にいるの楽しかったなぁ。
名前を検索したら、そこそこ大きな会社の社長になってました。別れなきゃ良かった?(笑)」

「大学時代、有名なお祭りのある町に住んでました。テレビでお祭りが報道されるたび、当時付き合ってた元カレを思い出します。
彼には夢があり、私は支える自信がなくて卒業と共に実家に戻って就職してお別れに。
SNSで現況を見たら支えてくれる女性と結婚して、子供も生まれて、頑張っているみたいです。『私じゃなかった』と、実感しました。
一方、私はサラリーマンの妻として幸せな日々。結婚と現実は違う。彼も同じように思ってるはずです」

「SNSで検索、というかつながってます。年1回、お互いの誕生日に『おめでとう』を送る程度ですが。結婚したんだ、子ども産まれたんだとか、現実を知っているせいか、過去にすがることも、思い出を美化することないです。
この年になると生存確認かな(笑)」

そしてこんな意見も。

「ときどき思い出すし、年賀状でつながっている人もいます。元カレとは、夫と結ばれるための必要なステップだったと思っています。
自分の人生の一部を、無理に消し去る必要はないのでは」


投稿主さんは
「更年期&子どもの反抗期で心が弱まり、現実逃避して夫に悪いと思っていました。
でも確かに自分の人生の一部でもあり、消し去る必要はないですね。今、自分がどの位置にいる人間なのか、それだけは忘れないようにします」
と、〆ました。



文/和兎 尊美


■文中のコメントは口コミサイト「ウィメンズパーク」の投稿を抜粋したものです。


■おすすめ記事
もしものときも安心!「フェーズフリー」な部屋づくりでいつもの暮らしを快適に【専門家】

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。