SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 日記・マンガ
  4. 夫婦のじかん大貫さん
  5. 子どもは親を選べない!だからこそ◯◯でいたい[夫婦のじかん大貫さんのママ芸人日記#120]

子どもは親を選べない!だからこそ◯◯でいたい[夫婦のじかん大貫さんのママ芸人日記#120]

2018年3月に男の子を出産した、お笑いコンビ「夫婦のじかん」の大貫さん。イラストレーター兼漫画家としても活躍中です。よしもと芸人・イラスト業・ママと毎日大忙しの大貫さんによるコラム連載「ママ芸人日記」、今日も始まります!

夫婦のじかん大貫さんの「ママ芸人日記」 今までのお話はこちら

【第120回】子どもは親を選べない!だからこそ◯◯でいたい

最近、3歳の息子がよくプレゼントを欲しがります。
3月の誕生日に実家や義実家などからプレゼントが届きとても嬉しかったようで、「毎日欲しい!」と言うようになりました。プレゼントというのは特別なもので、毎日貰えるようなものではないのだということを言い聞かせると、非常に残念そうな表情をします。

しかし夫曰く、なんと私も日々同じようなことを言っているというのです。
そんなバカな……と思いましたが、自分の言動を思い返してみると、「誰かから差し入れが欲しい」、「いきなりお金持ちの人が訪ねてきて高級フルーツをくれないかな」等々、確かにそんなことを日々言っていたのです。

親と子は似る…と言うよりも、親の言っていることを子どもは良く聞いているのだなと感じました。

いわゆる胎内記憶というものがあるのか息子に聞いてみた際には、「覚えてない!ママのお腹はうんちがいっぱい入ってるね!」と言われました。
現実主義の私から生まれた息子は、お空の上からママを選んできたんだよ〜などと言うわけもなく、やはり非常に現実主義な答えが返ってきたのです。

昔の話になりますが、私が小学生の頃やたらとテストの点や50m走のタイムなど全てにおいて何故か競ってくるというクラスメイトがいました。
当時は特に何も思ってはいませんでしたが、今改めて当時のことを思い出してみると、その子の親が子ども同士を比較する発言を良くしていたなと感じます。

親の言動は、やはり子どもに大きな影響を与えます。

息子には息子の人生があるので何も求めるものはありませんが、明るく育って欲しいというのが唯一の願いです。
心の明るさは、しんどいとき、苦しいときに必ず自分を助けてくれます。

そういったこともあり、親が家庭で明るく存在するということは非常に大切なことだと実感しています。

私が育児の漫画連載やコラム連載を始める際に、「お母さんは泣ける話が好きだから、育児のツラさや子どもとの感動する話を描けばバズるんじゃない?」とアドバイスをされたことがあります。
確かにそれは一理あり、SNS等ではそういったものが人気があったりします。

しかし私はお母さんだけでなくお父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、近所の方々などいろいろな方に育児に関わって欲しいと思いますし、子どもの周りにいる大人に明るくいて欲しいという気持ちがあります。
とは言え、常に明るく振る舞うのもしんどいこともあるかもしれません。
そんな方々の気持ちを少しでも明るい方へ持っていけるような漫画やコラムを書こうと、育児にまつわる仕事をするときに私は心に決めました。

この連載は今回で最終回となりますが、少しでも誰かの心に灯りを灯せていたらこんなに嬉しいことはありません。
今後もSNS等ではその思いをどこかの誰かへ伝えられるよう、皆さんと一緒に子育てを楽しんでいこうと思います!

夫婦のじかん大貫さん プロフィール



吉本興業所属/夫婦お笑いコンビ「夫婦のじかん」の嫁担当。イラストレーターとしても活動中。相方は元・トンファー山西章博。息子(2018.3生)と夫との3人暮らし。2019年3月にコミックエッセイ「母ハハハ!」(PARCO出版)を発売。

「夫婦のじかん」YouTubeチャンネル

■おすすめ記事
2年に渡る不妊治療「諦めかけていた」2児のパパshinさんにインタビュー【妊娠・出産編】

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。