1. トップ
  2. 子育て・育児
  3. 山田ローラさんの「双子と一緒♡アメリカ子育てリポート」健診編

山田ローラさんの「双子と一緒♡アメリカ子育てリポート」健診編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年3月にラグビー日本代表の山田章仁選手と結婚した、モデルの山田ローラさん。2016年9月には、男の子と女の子の双子を出産しました。日米ハーフでアメリカにご実家があるローラさんに聞いた「アメリカの子育て事情・第2弾」。今回は、アメリカの乳幼児健診についてうかがいました。

■第1弾はこちら→山田ローラさんの「双子と一緒♡アメリカ子育てリポート」ネントレ編

アメリカの乳幼児健診は、“予防接種とセット”が一般的

「今回、アメリカに帰省した最大の目的が、双子の9カ月健診。アメリカでは、乳幼児健診は2週間、2カ月、4カ月、6カ月、9カ月、12カ月、15カ月、18カ月、24カ月のときにあります。健診は強制ではないけれど、予防接種のスケジュールと合わせて行われるから、一般的にはちゃんとみんな参加。予防接種をしないと、学校に入学できないからです。

アメリカの健診は完全に個別対応のため、日本の集団健診のような和気あいあいとした雰囲気がなく、ちょっと寂しい…。なかなか同じ月齢の赤ちゃんを持つ母親と知り合いになれるきっかけがないから、少し残念な気もします。でも、前回の健診で時間を予約していたから、クリニックでの待ち時間は5分!

待っている間に、毎回渡されるアンケートを記入します。赤ちゃんは前回から何か新しいことができるようになったか。何か成長過程で心配ごとはあるか、などなど。残りは産後うつチェックのアンケートです。ちょっと前まで産後うつの話題はタブーでしたが、今では両親学級、母親学級、産後入院中、赤ちゃんの健診のたびにお医者さんが気にかけてくれます。少しでもつらいな、おかしいなと思ったらすぐに相談できる場所があるのは、とても心強いです」

かかりつけ医は、出産前に決めないとダメ!

「書き終わるタイミングを見計らっていたのか、看護師に呼ばれてすぐに診察室へ。まずは双子を裸ん坊にして体重と身長を測り、終わったら素早くおむつをはかせます。とくに息子は看護師をおしっこのターゲットにしちゃうのが好きだから要注意。そのままおむつ一丁で体温、血圧、心拍、頭囲を測り、小児科医の登場までちょっと待機します。

ちなみにアメリカでは、小児科の先生は赤ちゃんが生まれる前から決めておかないとダメで、出産したら、その先生がすぐ病院まで診察しに来てくれます。生まれたときからわが子たちのすべてを知っている先生だから、毎回病歴を説明しなくてもよくて楽だし、しっかりとした信頼関係ができるからとても安心。

一般的には、加入している保険が適用されるクリニックを探して、そこから口コミなどを見てお医者さんを選びます。この小児科選びのとき、私にはうれしい出来事があったんです! 双子の先生を探していたら、10数年前に私の成長を見届けてくれた先生が、まだ同じクリニックにいたんです! しかも私が加入している保険を取り扱っている! なんともラッキー。迷うことなく彼女に双子のこともお願いすることにしました。」

小児科医の診察、血液検査…1時間ほどですべて終了

※お子さんが手にしているのは、口の中を診察するときに使う器具。看護婦さんが「飽きないように」と渡してくれたんだとか。

「さて、いよいよウワサの先生の登場です! 1人ずつ、頭から足先までこまかく診察。このときは、だいたい日本の健診と同じことを診ている感じでした。一通り診察が終わったら、地獄の予防接種タイム。一気に何本も打つから、赤ちゃんが痛みに気がつく前に、次から次へとスピード勝負! 
幸い、今回は予防接種はなかったのですが、鉄分計測の血液検査がありました。手の中指をチクってするだけで痛みがさほどなかったのか、2人はケロリ。泣かなくてえらい!

そして帰り際には、必ず『チャイルドシートは後ろ向きでね!』と念を押されます。車社会のアメリカでは、チャイルドシートの正しい装着法のレクチャーが病院であったり、健診に行くたびにリマインドされたりと、子どもたちの安全に関する考え方はかなり厳しいんです。

1時間ちょっとですべてが終わって、お会計。それぞれの保険にもよるけれど、健診代はだいたいカバーされているので無料です。保険なしだと、想像を絶するほどの金額が、後ほど請求されるのだとか…どひゃ! 9カ月健診も無事に終わり、双子は健康! でも、大人はぐったり…。」

乳幼児健診が予防接種と同じ日に行われるのは効率的で、一度で済むからママも楽ですね。日本と同じところもあれば、違うところもあるアメリカの乳幼児健診。ママたちの気がかりや質問にも答えてくれて、ローラさんは離乳食の食べさせ方や夏の水分補給などについて質問したそうです。わが子の健やかな成長を喜び、育児でいろいろと悩む気持ちは、アメリカの親も日本の親も同じようですね。(撮影/山田ローラ(赤ちゃんの写真) 取材/ひよこクラブ編集部)

■関連記事
山田ローラさんの「双子と一緒♡アメリカ子育てリポート」ネントレ編

Profile●山田ローラ
1988年9月23日生まれ。アメリカで大学卒業後、日本でモデルデビュー。2015年3月にラグビー日本代表の山田章仁選手と結婚。2016年9月に双子のブライス・光一郎くんとグレース・桜子ちゃんを出産。
オフィシャルブログ
・インスタグラム公式アカウント:Laura Silka (山田ローラ) (@ lauraelina

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る