SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 離乳食
  4. 山田ローラさんの「双子と一緒♡アメリカ子育てリポート」離乳食編

山田ローラさんの「双子と一緒♡アメリカ子育てリポート」離乳食編

2015年3月にラグビー日本代表の山田章仁選手と結婚し、2016年9月に男の子と女の子の双子を出産した、モデルの山田ローラさん。日米ハーフでアメリカにご実家があるローラさんの、アメリカ子育てリポート第3弾。今回は、離乳食について聞きました。

■第2弾はこちら→山田ローラさんの「双子と一緒♡アメリカ子育てリポート」健診編

アメリカでは6カ月のときにライスシリアルで離乳食スタート

「アメリカと日本を行き来していると、いちばん違いを感じるのは食生活で、赤ちゃんの離乳食もだいぶ違います。
日本では赤ちゃんが『食』に興味を持ち始める5、6カ月ごろに10倍がゆからスタート。アメリカでは、母乳育児の場合、6カ月までは母乳オンリーで、それからライスシリアルでスタートするように指導されます。
私は双子が6カ月になるころは日本にいたので、何が正解なのかわからずに悩んでいたのですが、私の母がアメリカからライスシリアルを送ってくれたので、6カ月になった日に離乳食をスタートしました!」

DHAや鉄、ビタミンが配合され、栄養満点のライスシリアル

「どちらの国も、”最初の一口はお米”なのは一緒。だけど、ライスシリアルのラベルを読んでびっくり! DHA・鉄・カルシウム・ビタミンC・E・Bなどなど、栄養満点なんです。粉タイプだから作り方もすごく簡単で、ライスシリアル大さじ1に対して母乳かミルクを大さじ3~4混ぜるだけ。最初はサラサラの状態。赤ちゃんが知ってる母乳やミルクの味でスプーンから食べるのに慣れさせることが大事で、徐々に水分の量を減らしていく感じです。

このライスシリアル、種類も豊富で、ベーシックなものから、オーガニックのものやブラウンライスのものも。お米じゃなくて、オートミールで作られたものもあります。毎回違う味を楽しめるから、赤ちゃんも飽きない! 9カ月になった双子は、毎食1/4カップのライスシリアルを水で溶いて、モリモリ元気よく完食しています」

アメリカでは離乳食を手作りするのは少数派

「ライスシリアルだけでなく、ほかのペースト状の離乳食も、種類がありすぎて思わずスーパーで絶叫! 
アメリカは日本と比べて育児休暇がものすごく短くて、生まれる直前まで働いて、平均で産後12週で仕事復帰することが多いんです。そのためか、離乳食を手作りする人は少ないです。
スーパーでは、野菜やフルーツはもちろん、肉類の離乳食も勢ぞろい! 
おなかをすかせた双子が泣いてる中、頑張って野菜をゆでたり蒸したり、下準備に時間をかけて一生懸命に手作りしても、食べてくれないことも…。このストレスに比べると、うは~。ベビーフードは楽だ~!

とくに肉類やペーストにしにくいものは、本当に大助かり。最近のお気に入りは、ビーフベジタブルやパッションフルーツ、マンゴー、ケールなどなど。大人よりぜいたくな食事で、ちょっとうらやましいかも(笑)。
お出かけのときもベビーフードは大活躍! とくに一口ずつスプーンに出せるパウチタイプは、とっても便利。時間と気持ちに余裕ができれば徐々に手作りに戻したいけど、アメリカに来てから、双子はものすごい量を食べてくれるから、まだまだしばらくはベビーフードの手を借りることになりそうです」

アメリカはベビーフードの種類が豊富で、ベビーフードを日常的に利用しているママも多いよう。ライスシリアルや、トロピカルフルーツのベビーフードなど、日本にはないベビーフードは、どんな味がするのか気になりますね。離乳食作りはとても大変なので、ママが忙しいときや疲れたときなど、ベビーフードを上手に利用して、ママも息抜きできるといいですね。(撮影/山田ローラ(赤ちゃんとベビーフードの写真) 取材/ひよこクラブ編集部)

■これまでの記事はこちら
山田ローラさんの「双子と一緒♡アメリカ子育てリポート」ネントレ編
山田ローラさんの「双子と一緒♡アメリカ子育てリポート」健診編

Profile●山田ローラ
1988年9月23日生まれ。アメリカで大学卒業後、日本でモデルデビュー。2015年3月にラグビー日本代表の山田章仁選手と結婚。2016年9月に双子のブライス・光一郎くんとグレース・桜子ちゃんを出産。
オフィシャルブログ
・インスタグラム公式アカウント:Laura Silka (山田ローラ) (@ lauraelina

■関連記事
[10年ぶりに妊娠しました#21] 行ってきました、離乳食講習!
[新米ママハトコのオススメ#8]離乳食、お役立ちグッズはこれ!
離乳食初期(5~6カ月ごろ)に食べさせていい食材と進め方
食べない、食物アレルギーが心配などの離乳食の悩み、解決します

■おすすめ記事
山田ローラに聞く、日米の育児の違い 支援策の代わりに育児中のママを救うのはパパ

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。