SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 付き合っていない相手からの「もう別れよう」など、ママたちが「 なんじゃそれ」と思ったエピソード集

付き合っていない相手からの「もう別れよう」など、ママたちが「 なんじゃそれ」と思ったエピソード集

更新

Koldunova_Anna/gettyimages

口コミサイト「ウィメンズパーク」に「過去に『は? なんじゃそれ』という珍発言はありますか?」という声が寄せられました。別れ際の間抜けな発言から大きな勘違いまで、今なら笑える珍発言がたくさん集まりました。

別れ話で発動多数。妄想が膨らみすぎる元彼と夫編

「『ハワイへ連れて行ってあげようと思っていたのに。考え直さない?』
別れ話をしたら言われました。は? あなたそんなお金もってないでしょう、というか『ハワイへ連れて行ってくれるなら別れない』という、女の子でいいの? と、逆に心配になってしまいました。もちろん別れました。
しかし数ヶ月後、ひとり暮らしの私の部屋に急にやってきて『俺、いま自分探し中なんだ』と、笑顔で報告してくれました。『見つかるといいね、がんばって』と、玄関先で伝えて帰っていただきました」

「『世界中の女が俺を待っているから』。
別れ話のときに真顔で言われました。彼はよく『俺ってディカプリオに似てる』と、言っていましたが実際は『クレヨンしんちゃん』のボーちゃんです……。
別れたくないと駄々をこねていた私ですが、さぁーっと冷めました」

「『俺が他の女へ行かない方法を教えてやろうか。それは泣いてすがってでも俺と別れないことだ。そうすれば俺はお前の元に戻る』
ドライブの帰り、突然真顔で言われました。戻って欲しくなかったので翌日別れました」

「『俺、夕日が好きなんだ。夕日をみたら俺を思い出して』『俺、ひまわりが好きなんだ。ひまわりを見たら、俺を思い出して』
ポエミーだった元彼。最後は『なにも教えてあげられなくてごめん』と、去って行きました。何を教えるつもりだったのかな」

「『お前にいくら使ったと思っているんだよ!』
別れ話で言われました。は? 旅行もご飯も飲みも、ぜーーんぶ割り勘だったよ? プレゼントもノーブランドで数千円だよ? たまに思い出すのですが、謎です」

「『お前にはなんでも買ってあげたい』
が、口癖だった元彼。実際はお金がなくていつも私がお金を貸していました。別れるときは『ちゃんと4万円返してね』と、念押しました」

「『一般的には中の中だけど、俺にとっては上の中だから!』
顔にケガをしてものすごく落ち込んでいて『私、ブスになったよね。本当のことを言って!』と、迫ったら言われました。
『上の上』と言えない正直ものでした。でも愛は冷めました。傷も残らず、彼との痕跡も残らず、よかったです」

「『ここの温泉、垂れ流しなんだよ』 源泉掛け流しを間違えて覚えたようです」

「『テリヤキソースで』 ファミレスでステーキの焼き方を聞かれて、答えてました。それを受け止めるには、私は若すぎました」

「『俺のことはATM と思えばいい』と、元夫から言われました。浮気を繰り返していたのもムカつくけど、薄給で私の稼ぎがないと生活できないくせにATM?
尽くしたのがあほらしくて離婚。今は再婚して幸せです。住宅ローン抱えた元夫、何しているだろう…」

「妹とその彼氏、そして私と彼のWデートでスペイン料理店へ。彼が『このドンタコス、チリソースをつけて食べると美味しいよ』と。
彼以外は耐えきれず大爆笑。それって商品名ですから! ちなみに今の夫です」


「『もし君の頭に、支えきれないほどの大きな石が落ちてきても、俺が守るから! だから結婚を前提に付き合って』
何度かデートした男性に言われました。ここは都会だけど大きな石? なんのこっちゃ? でしたが、真面目なんだろうと了承して、結婚して9年。
とりあえず石は落ちてきていません(笑)」

本人はいたって真面目だけにドン引き。知り合いの珍発言

「大昔の話です。大学卒業を控えたある日、早朝に電話が鳴りました。
『どうしてもあきらめきれない夢がある。アメリカへ留学する。本当は待っていてほしいが、君を待たせ続けることが申し訳ない! 』と、大号泣されました。早朝で寝起きでびっくりしたけど
『いえ、私はあなたとお付き合いしていませんから。お元気で!』と、電話を切りました。
友人どころか、ほとんど話したことのない相手です。噂ではアメリカで頑張っているそうです。彼に幸あれ!」

「『ちょっとコーヒーでもいただこうかな』と、言いながら、深夜に我が家に入ろうとした知り合い。
初めてのデートで終電の時間になり、帰ろうとしたら『タクシーで送るよ』と、言うのでもう少し飲むことに。
約束通りタクシーで送ってもらったら、冒頭のセリフで彼も降りようとする。
そんなセリフで家に入れると思っているのがおかしくておかしくて。
『うちにはコーヒーないし、そもそも飲みたくないし、自宅で飲んでください』と、彼の頭を車内に押し戻しました。
一連の様子を見ていた運転手、笑いをこらえてました。というか、助け舟を出してよ!」

「ふと会話が途切れたら『……俺ってとがったナイフだから』。
突然電話してきて『月がきれいだよ』。『本当だね』って言ったら『俺たち今、同じものをみているね』
付き合ってもいないただの友人ですが、妄想膨らんでストーカーになり警察沙汰になりました。二度と会いたくない」

「『ごめん、もう無理、別れよう』と、留守電に残されていました。一度だけ食事をした、ただの知り合いです。
その後もなんども電話がかかってきたので無視していたら、冒頭の留守電。もうって何? 付き合う前に振られた私でした」

「20歳前半のピチピチの頃、合コンへ行きました。相手はアラサーの男性。こんにちはーと、着席したら
『俺、早稲田でこいつが慶応、あと日大ともうひとり早稲田が来る』目が点です。全員揃ったら
『じゃあ、自己紹介するね。こいつが〇〇社で、こいつ〇〇社、で二人は〇〇社で〜』と、今度は社名アピール。なかなか斬新な自己紹介でしたが、とっとと切り上げました」

「『これからつわりで大変だろうから、辛かったら配慮するから言ってね』と、会社の部長から言われました。
妊娠7ヶ月でだいぶお腹が目立ち始めた頃です。つわりの時期は終わっていました。というか、つわりで辛い時期に一緒に働いていて気がつかなかった? ちなみに部長には3人のお子さんがいます」

「父の知り合いで、いっつも『僕は優秀だからあちこち呼ばれて忙しい』が口癖の人がいました。『僕は優秀』と自分で言うことにドン引きですが、私の息子に『僕は博士なんだ、すごいだろう』と、言った際には『僕のお父さんは理学博士だよ』と、言い返されて凹んでました」





文/和兎 尊美


※文中のコメントは「ウィメンズパーク」の投稿を再編集したものです。
※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

■おすすめ記事
「遊びの延長が学び」と言われても…どうしたらいいの?

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。