SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 新型コロナウイルス感染症、オミクロン株の流行で 子どもの感染が増加【千葉市の様子・小児科医】

新型コロナウイルス感染症、オミクロン株の流行で 子どもの感染が増加【千葉市の様子・小児科医】

更新

高熱の病気の子供
※写真はイメージです
Suzi Media Production/gettyimages

「小児科医・太田先生からママ・パパへ、今伝えたいこと」連載の#20は、新型コロナウイルス感染症の千葉市の近況についてです。太田文夫先生のクリニック「おおた小児科」は千葉県千葉市美浜区にあります。先生は「GW前ぐらいから少し陽性者が減ってきたけれど、その前は大忙しでした」と言います。

第6波発生以降、子どもの感染者が増加。小児科クリニックも大忙し

新型コロナウイルス感染症は、第6波発生以降、子どもの感染者が増えて小児科診療も大忙しでした。
GW前から少し陽性者が減ってきて、その後も増えることもなく、1日の検査陽性者がほぼゼロの日も出て、ちょっと一息ついています。

2022年の年明け以降を振り返ってみます。
第5波までは、まず成人が発症して、その後、その家族も発症という流れだったのが、第6波では、先に子どもがかかって、保護者にも広がるというパターンに変化。感染力は強くなった感じで、しかも、感染源不明な例が増加しています。

原因ウイルスが、オミクロン株BA.1からBA.2に代わってくると、さらに感染力の強さの違いを実感しました。患者数も急増。当院でも毎日検査の嵐でした。

ちょうど春休み前後で、クラス全員での大鬼ごっこ、卒業小旅行、家族旅行などでの感染拡大。保育園も患者続発で休園を繰り返し、新入園児がなかなか登園できない事態にもなっていました。通常とはちょっと違う行動をするときは要注意だと思います。

大混乱の時期には、PCR検査の結果が出るのに2日以上かかり、ソワソワ待つことに

家族内感染の場合、半日だけ熱が出て今はもう元気という人が発端者の場合もありました。数日後には、家族に陽性者が出て、ひょっとしたらと発端者も検査して陽性と判明したというような状況です。こんなことで広がるんだということもたくさん経験しました。検査しなければもっとまわりに陽性者が出ていたのかもしれません。(上海市のPCR陽性者の大半は無症状者だという話に納得しています)

当院では、迅速に判定できる抗原検査は自院で施行。(10分以内に結果が出ます)
発熱直後の検査なら、精度を高めた検査としてPCR検査を選択しました。
抗原検査も、発症から半日以上たっていれば十分に信頼できるということがよくわかりました。大混乱の時期には、PCR検査の結果報告が2日以上はかかりました。結果が届くまでドキドキソワソワ。現在では、検査依頼数も減ってきて翌日中には届いています。

低年齢での感染が増えることで、2度感染する子どもも出てきました

子どもはおおむね軽症なので、待っていたPCR検査で陽性が出てそれを保護者に報告した時点で「もう元気になっています。」と聞くことがしばしばありました。
中には、保護者は3回目ワクチンを打ったばかりで、子どもが発症。結局保護者も発症したというケースにも遭遇。オミクロン株は感染力が高いです。
成人でもワクチンの接種回数が多い人のほうが軽症だった印象があります。

成人では2度感染したという話も聞いていましたが、低年齢での感染者が増えるにつれて、子どもでも2度目の感染者も出てきました。
1カ月半くらいの短期間に、2度目の感染が判明した例もあると聞くので、1カ月以上空いての発熱者にはそのたびに検査をせざるを得ないのかと。気が抜けません。
すべての子どもが軽症で済むとは言えず、ワクチン接種可能年齢なら接種を考慮したほうがいいのかなと思うようになりました。

子どもでも、後遺症状として、だるさや味覚障害、なかには記憶障害などを訴える人もいました。
『日にち薬』で徐々に改善しているのでホッとしています。

いつまで続くコロナ禍!そろそろ普通の風邪程度の病気になってほしいです。
千葉県・千葉市の新規患者数は今は頭打ちですが、首都圏以外の地区で患者が増えている地区もあり、それがまた身近に及ぶのではないかとヒヤヒヤしています。

文・監修/太田文夫先生 構成/ひよこクラブ編集部 

※記事の内容は2022年5月23日当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

■おすすめ記事
おむつはずれは、イヤイヤ期が始まる前に「子どものやりたい」を引き出しながら

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。