1. トップ
  2. 子育て・育児
  3. 【エコ&節約】子どもの絵本はDIYした#ダンボール本棚にお片づけ!

【エコ&節約】子どもの絵本はDIYした#ダンボール本棚にお片づけ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんはお子さんの本をどこに、どんな風に片づけていますか? 最近SNSで話題になっているのは、なんとダンボールでつくられた絵本棚! 子どもが取り出しやすく、片付けやすい形になっており、不要なダンボールでつくれるのでとってもエコなんです。

ダンボールだけでしっかり本棚に!

こちらの本棚の材料は、ダンボール1箱と、牛乳パック6本。家にあった画用紙と100均のラッピングペーパーでデコレーションしてつくっているので、費用はほぼかかっていないそう。
絵本は10〜20冊ほど収納可能。子どもには背表紙だけだと何の絵本か分かりづらい場合もあるので、表紙を見て選べる本棚はとってもいいですよね! つくりかたは、次にご紹介するpikaさんの絵本棚を参考にしたそうです。

SNSを中心に大注目のダンボール絵本棚

pikaさん(@futagoe)がシェアした投稿 -

pikaさん(@futagoe)がつくったダンボール絵本棚は、Twitterやインスタグラムで話題になり、たくさんの人が参考にしてつくっています。使用しているのは、ダンボール(おむつの空き箱 Lサイズ) 4箱、『セリア』のインテリアシート(90×45cm/2枚)、グルーガン、速乾性木工用ボンド。上段に37冊、下段に45冊ほど収納できるそう。上段の本棚のつくりかたは、ブログで詳しく説明しています。

ダンボール×牛乳パック

こちらは、ダンボールと牛乳パック、100均のリメイクシート、発泡スチロールのブロック(足りない牛乳パック分の代用)を使ってつくられています。本は表紙を重ねなければ10冊程度、重ねたり、下のカラーボックスまで使ったりすれば、かなりの冊数が収納可能。
おもちゃを収納した白の2段カラーボックスに合わせ、絵本棚も白に統一。部屋のインテリアに合わせてリメイクシートを選べば、元の素材がダンボールでも部屋の中で浮きませんね。

ダンボールのキットでつくる!

たまひよSHOPで販売している、『すっきり片づく 絵本が読みたくなるブックシェルフ』もインスタで大人気! 購入者がダンボールを組み立てて絵本棚を完成させる仕様になっています。
ダンボールがとても軽く、届いた時点で「うまく組み立てられる?」「ちゃんと本を収納できる?」とちょっぴり不安! しかし、ドライバー不要で簡単に組み立てられたそう。

たくさん詰めると子どもが絵本を取り出しにくくなるので、上段へ30冊ほど収納。下のゾーンはおもちゃ入れにしているんだとか。

本棚といえば木製などの硬い素材というイメージが強いので、ダンボールでつくる絵本棚はとても画期的。怪我も心配も少なく、コストを抑えられ、廃棄するときは潰して紙ゴミの日に出すだけ。「絵本棚が欲しいな」と思ったかたは、ぜひダンボールの絵本棚DIYにトライしてみましょう♪(文・岡本梓)

■関連記事
【エコ&節約】牛乳パックで作るキッズソファがクオリティー高すぎ!
カラボ&100均素材でDIY★ごっこ遊びに「お店やさんカウンター」
ハリポタ杖から外構工事まで!?100円均一を大活用!プロ顔負けのDIY術

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る