SHOP

内祝い

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 「生きているのが精一杯」「食事は戦い」「基本はすっぴん&汚れても良い服」あぁ、キラキラ育児はいずこ……。聞いてたんと違う!思ってたんと違う、子育ての理想と現実。専門家に聞く。

「生きているのが精一杯」「食事は戦い」「基本はすっぴん&汚れても良い服」あぁ、キラキラ育児はいずこ……。聞いてたんと違う!思ってたんと違う、子育ての理想と現実。専門家に聞く。

更新

赤ちゃんの椅子に食べ物を食べ終わったときに満足していないときに泣いている愛らしい小さな幼児の女の子や幼児の赤ちゃん。かわいい幼児の女の子は空腹になり、より多くの食べ物をし�
Love portrait and love the world/gettyimages

「たまひよ」アプリユーザーに「出産前に思い描いていた『こんな風に子育てしたい!』『こんなママ(パパ)になりたい』という理想と比べて、現実はどうですか? 自虐を交えて、くすっと笑えるエピソードを教えてください」と、募集したところ、たくさんのエピソードが届きました。あるある~という共感話は、一服の清涼剤となるはず。そしてベテラン助産師の浜脇文子先生に聞きました。

理想はおしゃれママ。でも現実は「生きているのが精いっぱい」編

「出産後は、美容院でカット&カラーしておしゃれなファッションに身を包み、風に吹かれながら颯爽とベビーカー押して笑顔でお散歩……なんて想像していました。
現実は、身体の痛みと抜け毛と寝不足のなか、毎日のベビーのお世話だけで必死。生きているのが精一杯(笑)」(あーみ)

「子どもが生まれたら日中は優雅にお散歩して、土日は家族で公園とか行って~なんて考えていたけど、現実は『頼む、寝させて、動きたくない』(笑)」(maco)

「おしゃれしてベビちゃんと夫と3人で、たまにはちょっと遠出してショッピングモール行って気分転換したいなあと思っていました。現実は髪ぐしゃぐしゃ、どすっぴん、暑いなかわざわざショッピングモールへ行く体力なし! 1回も行きませんでした。オシャレなママさんどこ???」(ささみフライ)

「インスタの方や芸能人ママのように日々おしゃれに、なんて思っていたけど到底無理……。息子の肌が荒れるため服は綿100%が基本だし、よだれで汚れるから高い服なんて着られないし。おしゃれママたちって本当に凄い!!」(ほったんかーちゃん)

「YouTubeはほとんど見せない、ごはんの時は一緒に楽しく食べるぞって思っていたのに。現実はYouTube様様だし、食事は戦い」(よしよし)

優しくおだやかなママでいたかったのに……子どもって手強い編

「赤ちゃんってかわいい! 我が子ならもっとかわいいだろうし怒るなんてないない、優しくて穏やかなママになるわーと思っていたけど。毎日夕方には声が枯れるくらい、にぎやかに叫びたおしているおかんになってます。ちなみに子どもは5人います」(ひまごさん)

「優しいママでありたいと思っていました。でも現実は、子どもから節分の日に『ママは鬼にピッタリだね』といわれ秒で鬼になりました(笑)」(はな)

「優しい笑顔で赤ちゃんを慈しむように抱っこ…のはずが、全然寝てくれない我が子。鏡をふと見たら阿修羅のような顔した自分が映っていました(涙)」(saty)

「オシャレな服をたくさん着せようとたくさん買ったのに……。現実は暴れ回る子どもの着替えが大変で、毎日ステテコパンツをはかせています。オシャレ服は眠っています」(しばいぬ)

「かわいい服をたくさん買ったけど、コロナ禍で家にいることが多くて結局肌着で過ごす毎日」(あこ)

「理想=元気な子どもと元気な親。現実=不機嫌な子どもとぐったりな親……(笑)」(じん)

「子どもと手を繋いで微笑ましく歩くはずだったのに……。息子は一瞬で手を離し逃走、追いかける私」(まゆ)

「『子どもには頭ごなしに怒るよりも、子どもが分かる言葉で落ち着いて伝える方が効果的。私は感情の起伏もそんなに激しくないし大丈夫』って思っていましたが。
感情のままに怒りまくるわ、言葉で伝えて分からない(伝わってない)様子にまたイライラするわ。自分の考えの甘さを猛省しております」(かぴぃ)

「料理は全部無添加で手作り、栄養を考えて毎食品数多めで!と理想は高かったけど、ゴリゴリのフルタイムワーキングマザーの現実は『時間もねえ!余裕もねえ!作り置きの味噌汁にごはん、おかずは冷凍食品チン!はい食べよう!』と、親子ともども強くたくましく雑に暮らしております」(kaico)

悪いことばかりじゃないよ! 良い意味で「違った」編

「自分のキャラ的に赤ちゃん言葉なんか絶対使わない!と、思ってたのに。毎日でちゅねー、でちゅねー言ってます」(kanata)

「名前は、生まれた子どもの顔を見てから決めようと夫と話していました。出産直後の我が子はむくんでて、おてもやんにしか見えない。夫はでいだらぼっちと言う始末(我が子よごめん)。候補の名前とのギャップがあり過ぎて困りました。
でも100日たった今はまんまる天使にしか見えない。かわいい名前を気に入ってくれるといいな♪」(ひよこママ)

「早々に朝まで眠る子となり、体重増加も順調なので夜中に起こす必要もないと言われました。嬉しいけれど、夜間授乳のために購入した授乳ライト、瞬間湯沸かし器、ミニ冷蔵庫は不要に。もったいなかった」(ゆか)

「出産前は、自分は絶対に育児に苦戦して鬱になる、そもそも私は母になれるか自信がないと不安だらけでした。
ところが娘は夜泣きを含めてほぼ泣かずよく寝て完母でよく飲み、離乳食もよく食べ、まるで私が何もできないママとわかっているかのよう。2歳半になった今では『ママ、お薬のんだ?』と、声をかけてくれたり、パパに靴下を履かせてあげたりと、私よりもしっかり者です」(もも)

「愛情深い母親になりたい、楽しく暮らしたいと思っていましたが、産後は持病が悪化。理想とはほど遠い現実とともに凹む日々でした。が、パパが良い意味で豹変しました。
子どもにあまり興味なさそうだったのに、私が動けない日もテキパキお世話。私が見聞きしたこともない表情と声で、我が子をたくさん笑わせてます」(ハシヤスメ)

とはいえ、ほとんどの母が理想と現実のギャップに深く凹むようです。ベテラン助産師の浜脇文子先生に聞きました。

「人は人です。憧れの人には絶対になれないし、むしろ違うことに価値がある」と、専門家

「前半は楽しく読ませていただきました。思ってたのと違う! それが育児の醍醐味です(笑)

私も芸能人やインフルエンサーさんのキラキラ育児は、本当に感心します。憧れる要素がいっぱいで、つい真似したくなる気持ちわかります。しかし憧れ過ぎて無理をしちゃうと、どこかでひずみを生みます。

私もよく相談され、そんなときは『SNSを見ない』ことを勧めますが、見ちゃうらしいですね(笑) 
どうせ見るなら、ただ比較して落ち込むだけでなく『分析しながら見てみましょう』と、言っています。
具体的には、憧れている人のどんな部分が好きなのか、その状態に近づくために自分で出来ることは何だろうと考えて、行動してみましょう。羨ましいとウジウジするだけではモヤモヤは増殖するばかりです。行動すると、不思議とモヤモヤは軽減されます。

ただね、どうがんばっても憧れの人にはなれません。けれども凹む必要はありません。逆を言えば、憧れの人もあなたにはなれないのですから。

また私は『怒る』は、お母さんが一生懸命やっている証拠だと思っています。喜怒哀楽の感情がうごめくのは、それだけお母さんが必死でがんばっているからなんです。

自分をほめてあげてください。認めてあげてください。すばらしいことです。

人は人なんです。比べる必要はないし、それぞれが違うから価値があるのです」

濵脇文子(はまわき ふみこ)

助産師・保健師・看護師。大阪大学招聘准教授。星薬科大学非常勤講師。総合病院・クリニック・助産院など様々な場所に勤務。母と赤ちゃんの笑顔が大好きで、数千人の母子のケアに携わります。産前産後ケアセンターの立ち上げに参加したり、民間企業での事業開発など多方面で活躍。自治体の講演や各種メディア執筆では、ひとりひとりのペースにあわせた母に寄り添う姿勢と、明るく軽快な語り口で人気を博します。

文/和兎 尊美

※文中のコメントは「たまひよ」アプリユーザーから集めた体験談を再編集したものです。
※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

妊娠・出産にオススメのアプリ

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数・生後日数に合わせて専門家のアドバイスを毎日お届け。同じ出産月のママ同士で情報交換したり、励ましあったりできる「ルーム」や、写真だけでは伝わらない”できごと”を簡単に記録できる「成長きろく」も大人気!

ダウンロード(無料)

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。