SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 赤ちゃんを長時間抱っこしていてツライ!!ママを救う超・簡単ストレッチ4選【専門家】

赤ちゃんを長時間抱っこしていてツライ!!ママを救う超・簡単ストレッチ4選【専門家】

更新

赤ちゃんが低月齢のころは、慣れない長時間の抱っこでママの体に負担がかかり、腱鞘炎(けんしょうえん)になったり、腰痛、肩こりに悩まされがち。でも、マッサージなどに出かける時間はなかなか取れない…というママも多いのではないでしょうか?そこで、お世話の合間に簡単にできるストレッチを、助産師でヨガインストラクターの資格も持つ中村真奈美先生に教えてもらいました。

1.肩こり解消!肩回しストレッチ

まずは、肩こりがラクになるストレッチです。右肩に右手、左肩に左手を乗せ、肩を大きく回します。前回しも後ろ回しも、両方行いましょう。心地いい回数、ペースでOK。

2.肩こりに効く!肩甲骨寄せストレッチ

肩こりに効果的なストレッチを、もう一つ紹介します。

1)腕をクロスして胸の前に伸ばす

胸の前に腕を伸ばします。左右の腕を交差させて、左右の手のひら同士を合わせます。

2)腕を頭上に上げていく

交差させた腕を、そのまま頭上に上げていき、耳の後ろの位置で10秒キープします。

3)肩甲骨を寄せながら腕を下ろす

肩甲骨を寄せるように意識しながら、ひじを曲げた状態で腕を下ろしていきます。1,2、3を、気持ちのいいペースで、数回行いましょう。

3.腰痛解消ストレッチ

続いて、腰が痛いときに効果的なストレッチを紹介します。

1)床に正座し、前に腕をつく

まず、正座の姿勢から、床に腕をつき、息を吸います。このとき、腰が反らないように注意しましょう。

2)息を吐きながら背中を丸める

その後、息を吐きながら、背中を突き上げるようにしながら丸めていきます。このとき、おへそをのぞき込むようにするのがポイント。心地いいペースで、1と2を繰り返します。

4.腱鞘炎解消ストレッチ

最後に、腱鞘炎で手首が痛いときにおすすめのストレッチを紹介。正座の姿勢から、手の指が自分の体のほうを向くようにして腕をつきます。腕に痛みを感じる場合は、手の位置を体のほうに近づけて、痛みが出ないように調整しましょう。

監修/中村真奈美先生

撮影/アベユキへ 取材・文/ひよこクラブ編集部

今回、教えてもらったストレッチは、どれも特別な準備はいらず、数分でできるものばかり。痛みのある部位のストレッチを、赤ちゃんのお昼寝中など、ちょっとした空き時間にやってみてくださいね。

『初めてのひよこクラブ』2022年秋号には、低月齢赤ちゃんのママ・パパ向けにお世話のしかたをわかりやすく写真つきで解説した、別冊付録「0~3カ月 お世話の教科書」がついています。
参考/『初めてのひよこクラブ』2022年秋号別冊付録「0~3カ月 お世話の教科書」

●記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

初めてのひよこクラブ 2022年秋号

Amazonで購入する(送料無料)

楽天ブックスで購入する(送料無料)

たまひよSHOPで購入する(たまひよセット割実施中!)

雑誌「たまごクラブ」「ひよこクラブ」はたまひよSHOPでの購入がおすすめ

■おすすめ記事
うんちもれパニックにさようなら!赤ちゃんのおむつ替えの基本とテクニック【保健師】

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。