1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 毎日これだけで肩こり解消!自宅でできる簡単ストレッチ!

毎日これだけで肩こり解消!自宅でできる簡単ストレッチ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sunabesyou/gettyimages

子育て中のママは、何かと肩がこりやすいですよね。ただでさえ育児や家事は大変なのに、肩がこってしまうと余計に疲れてしまいます。毎日をもっと快適に過ごせように、自分で肩こり解消してみませんか?今回は、肩こり解消になるストレッチについて、パーソナルトレーナーの倉田明菜さんに紹介いただきました。

関連:素手&抱っこひもでも【腰痛・肩こり】知らず!ママがラクになる抱っこのコツ

子育て中のママは、何かと肩がこりやすいですよね。ただでさえ育児や家事は大変なのに、肩がこってしまうと余計に疲れてしまいます。毎日をもっと快適に過ごせように、自分で肩こり解消してみませんか?今回は、肩こり解消になるストレッチについて、パーソナルトレーナーの倉田明菜さんに紹介いただきました。

関連:素手&抱っこひもでも【腰痛・肩こり】知らず!ママがラクになる抱っこのコツ

倉田明奈
シーズウォーキングスクール大阪本町校代表
ウォーキングインストラクター
「骨盤は、姿勢の土台」
骨盤を意識したウォーキングや所作のレッスンをスクールはじめ、病院やホテルなどで開講。産後ダイエットはもちろん、猫背やO脚など女性の様々なお悩みに効果があると好評。

ママは肩こりになりやすい?

15キロほどの重さがある頭と腕を支えている肩。
普通に過ごしていても、とても負担がかかりやすいです。
スマホを見たり洗い物をしたりしているだけでも、うつむき姿勢でいると肩の筋肉が疲れて硬くなっていきます。
特に、授乳や抱っこ、家事をこなすママたちは、どうしても負担のかかりやすい姿勢になりがちです。
気が付くと同じ姿勢になり、肩や首、背中の筋肉が緊張して硬くなります。
硬くなった筋肉は、血管を圧迫し血行を悪くします。
そうなると、疲労物質の乳酸や老廃物がたまり肩こりが始まってしまうのです。

肩こりがひどくなると、頭痛や吐き気を感じてしまうこともあり、厄介ですよね。
たまにマッサージへ行って軽くなった感じがしても、翌日にはまた肩が重くなってしまうことも少なくないのではないでしょうか。

毎日の姿勢の良し悪しで肩こりがきまります。
いきなり毎日姿勢を良くするのは簡単ではないですが、ストレッチであれば続けやすく、肩こり予防&改善に!
ぜひやってみましょう!

自宅で簡単!肩こり解消

肩こり解消には、しっかりと肩甲骨周りの筋肉をほぐすことが大切です。
難しい動きを何回もするのではなく、シンプルな動きの中でフォームを意識して呼吸をつけることで、筋肉の収縮がスムーズに行えます。

動きはたった2つ!
ポイントをおさえて、今からやってみましょう。

1.胸の前で両手を組んで、息を吸いながら天井へ持ち手上げます
手の平で天井へ、押し上げるイメージで上へ伸びます
肩は下げて、胸元はぐんと上に持ち上げましょう

2.両手を広げて、息を吐きながら腕を左右に下ろします。
  肘をのばして、遠くの壁をさわるように腕を大きく動かしましょう
  真横でなく、少し後ろに腕を下ろすことで、肩甲骨が下に閉じやすくなります。
  手首を立てて指先を天井に向けて下ろすことで、二の腕の引き締めにもつながります。

肘を伸ばして腕を大きく動かすことで、肩甲骨が動きます。
ゆっくりとした動きで、深い呼吸でストレッチをして血流を良くしていきましょう。

肩コリ解消でイイこと尽くし!

毎日少しストレッチすると、徐々に筋肉の緊張もほぐれてきます。
冷えからも肩がこりやすくなるので、身体が温まっているお風呂の中でするのも効果的。
肩こりがなくなると、身体が楽になるのはもちろん、血流が良くなることで、顔色がよくなり、栄養素がしっかり顔に届くので、お肌にうるおいやハリ・ツヤが出てきます。
また、リンパの流れも良くなるので、むくみが取れてフェイスラインもスッキリします!

関連:おんぶやだっこで腰・肩を痛めないためのエクササイズ

育児中は、肩がこりやすいものです。こまめにご自身でストレッチすることで肩こり予防&解消につながります!毎日忙しいかと思いますが、簡単・短時間でできるストレッチなので、ぜひ毎日の習慣にしてみて気分をあげていきましょう。

■おすすめ記事
<PR>クリスマスプレゼント選びにも役立つ! 【0~6歳】おもちゃの選び方

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事