1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 紙皿の動物お面で、赤ちゃん大好き「いないないばぁ~♪」

紙皿の動物お面で、赤ちゃん大好き「いないないばぁ~♪」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタイリストユニットtricko/トリチェコがお伝えする、超簡単ハンドメイド講座! 100円ショップなどプチプラショップでも手に入る材料で、ぶきっちょさんでも簡単に作れるアイデアを紹介します! 赤ちゃんが泣きやんだときにあやすためのおもちゃを、上の子と一緒につくってみませんか? 紙皿と折り紙や画用紙があればどんなお面もつくれます。自分で作ったおもちゃなら、お姉ちゃん・お兄ちゃんのモチベーションもアップ! 不思議とこれであやしたら、なぜか必ず赤ちゃんが泣きやむとか!?

BBQで残った「紙皿」&「割り箸」をおもちゃにリメイク♪





ホームパーティやバーベキューで使った紙皿、どこのおうちにも何枚か残っていませんか? これを、赤ちゃんをあやすおもちゃにリメイクするアイデアです。ぜひ上のお子さんを誘って一緒につくってみて!
材料はすべて100均で揃えられます!

<材料>
色画用紙または折り紙セット
紙皿
割り箸
マスキングテープなど
マスコット手芸の目玉

<用意する道具>
ハサミ
カッター
のり

※カッターを使うときは小さなお子さんのいないところで作業しましょう。

動物の顔を切り抜いてみよう! うさぎ・しまうま・ブタさん♪

ここでは、うさぎ・ブタさん・しまうまの顔を作ってみました。ほかにも思いつく動物がいたらどんどんアレンジしてみてね!

目の位置を決めて、カッターで切り抜きます



紙皿をお子さんの顔に当てて、だいたいでいいので目の位置と間隔を決めます。紙皿の上に2か所、目の位置を鉛筆でマークして、カッターなどで丸く切り抜きます。この作業はすこし難しいので、上のお子さんと作る場合もママが代わってあげましょう。うさぎさんのお面は、写真のように、鼻から下を切り取ってみました。

目の周りに色画用紙で耳・鼻・ひげをつけていきます



目の部分をくり抜くのが面倒だなぁ~っていうときは、お面には穴をあけずに、手芸用のマスコット目玉を紙皿にのりでつけてもOK!!(見えないけれど)クレヨンでお顔を描いてもらうだけでも十分です。
写真のようにお鼻や耳、ヒゲなど、好きな大きさや長さで自由に画用紙を切って貼って、作っていくのもいいでしょう。
子どもはこの作業が大好きです。何をどこに付けるか? その感覚は子どもならでは!!
とってもファニーなお面ができます。ぜひ上の子に「どんな動物にする?」「どんなお耳にする?」など相談しながら顔をつくってみてね!

持ち手をかわいく飾ってつけたらお面が完成!

動物のお面ができたら、持ち手を付けます。赤ちゃんが喜ぶ「いないいないばあ」遊びをするなら、持ち手があったほうが便利です。今回は割り箸を使って持ち手を作りますが、そのままだとつまらないのでかわいく仕上げて!

割り箸をマステで巻いて持ち手を作ります



割り箸の細いほうから、カラーテープやマスキングテープを斜めに巻きつけていきます。そのまま持ち手にしてもかまいませんが、割り箸には細かな木のささくれがあって、子どもの手に刺さってしまう場合もあります。安全のためにも楽しさ演出のためにも、好みのテープを巻きつけてからお面に貼るのがおすすめです。

お面の裏に持ち手をテープで留めます!



お面の裏側に、割り箸をテープで巻いた持ち手を当て、マスキングテープやカラーテープで固定します。
子どもはお面を振り回したりするので、テープでしっかり貼りつけましょう!

完成! 赤ちゃんがオギャーと泣いたら、出番ですよ!



赤ちゃんがぐずったり泣き出したら…、お兄ちゃん、お姉ちゃん! 待ってました! 「いないいないばぁ~~」をやってみてね♪ 以上、紙皿動物お面の作り方でした!

◇スタイリストすずき尋巳

【プロフィール】
スタイリストとコーディネーターのユニット、tricko/トリチェコ(代表)
離乳食から手作り小物までプチプラ・時短・超簡単!!をモットーに、月に一度は集まってハッピーネタの試作会を楽しんでいる。ママ友ネットワークも広く、幅広い情報共有がいろいろなハッピーネタを生み出すきっかけになっている。
Tricko /トリチェコ フェイスブック
https://www.facebook.com/trickotrickotricko/
Tricko /トリチェコ インスタグラム
https://www.instagram.com/tricko_tricko/

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る