1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. ”赤ちゃんの鼻水が止まらない!” 受診の目安は?考えられる病気は?

”赤ちゃんの鼻水が止まらない!” 受診の目安は?考えられる病気は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Kira_Plett/gettyimages

赤ちゃんの鼻腔は、大人よりも狭くて粘膜が敏感。免疫力も弱いため、ウイルスなどの刺激ですぐに鼻水が出たり、鼻詰まりを起こしがち。鼻水には、鼻から体内に侵入する刺激を押し出す働きがありますが、赤ちゃんは病気になると進行が早く、重症化することも…。「いつもと違う」と気づいたときの受診の目安や、考えられる病気について、小児科医の山中龍宏先生に聞きました。

関連:赤ちゃんの鼻水の主な原因と対処法

鼻水が出たときの受診の目安

「サラサラした鼻水が止まらない」
「黄色っぽいドロドロした鼻水が出る」
などの症状には要注意。

「機嫌が悪い」
「おっぱいやミルクが飲みにくい」
「食欲がない」
「呼吸しにくい」
などの場合は、熱がなくても受診しましょう。

“鼻水が出たとき”受診の目安とタイミング

赤ちゃんの症状ごとに、受診の目安をまとめました。チェック項目の症状に1つでも当てはまったら、該当するタイミングを参考に受診を!

★診療時間外でも受診
☑呼吸が苦しそう など

★診療時間内に受診
☑食欲がなく、機嫌が悪い
☑上記の症状がない場合 など
☑鼻水が黄色くドロドロしている
☑鼻水・鼻詰まりが数日間続いている
☑おっぱいやミルクが飲みにくそう
☑鼻詰まりで眠れない
☑口が常に開いている
☑発熱を伴っている など

★おうちケアでOK
☑上記の症状がない場合 など

“鼻水が出た”とき医師に伝えたい3つのこと

受診の前に、赤ちゃんの様子をもう一度チェック。

1.発熱の有無は?
2.鼻水の色は?
3.鼻水はどのくらい続いている?

“鼻水が出た”ときに考えられる病気は?

□RSウイルス感染症
□インフルエンザ
□風邪症候群(かぜしょうこうぐん)
□気管支炎(きかんしえん)
□アレルギー性結膜炎
□アレルギー性鼻炎(※1)
など

※1:0歳代の鼻水がアレルギー性のものかどうかは、まだ診断できません。1歳代であっても、食物アレルギーやアトピーなど、すでにアレルギー疾患がある赤ちゃんなら診断されることもありますが、通常、アレルギー性鼻炎と診断できるのは2歳以降です。

関連:新生児の鼻詰まりやゼロゼロは、風邪ではなく飲み過ぎかも!?

「さっきまで何でもなかったのに、夕方になったら急に鼻水が出てきた」など、赤ちゃんの具合は、急に悪くなりがち。“いつもと違う”と感じたら、適切なタイミングで受診することがいちばんです。赤ちゃんの様子をしっかり観察し、症状に合ったケアをしたいものですね。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修/緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。 

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
【季節の変わり目】赤ちゃんの感染症予防はこうしよう!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事