1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 【赤ちゃんの鼻水・鼻詰まり】長引くときのおうちケア&NGポイント

【赤ちゃんの鼻水・鼻詰まり】長引くときのおうちケア&NGポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

grinvalds/gettyimages

赤ちゃんが鼻水を出していたり、鼻詰まりの症状があるときのおうちでのお世話、どうしていますか? 症状によっては「このケアでOKかな…」と迷うこともあるのでは? 赤ちゃんの様子を見るときや受診後におすすめの“おうちケア”の方法を、小児科医の山中龍宏先生に伺いました。

関連:”赤ちゃんの鼻水が止まらない!” 受診の目安は?考えられる病気は?

“おうちケア”のポイントは6つ!

鼻水のケア方法だけでなく、普段の生活で気をつけたいことを紹介します。

ポイント1:検温する

鼻水や鼻詰まりが続き、発熱を伴う場合は、診療時間内に早めの受診が必要。赤ちゃんの体温を測ってみて。

ポイント2:室内環境を整える

体が冷えると、くしゃみや鼻水が出やすくなります。室温を上げる、はおりものを1枚着せるなど、体の冷えを予防して。また、空気が乾燥しているなら、部屋の加湿を。

ポイント3:飲み具合・食べ具合をみる

おっぱい・ミルクや離乳食は、普段どおりに与えてOK。ただし、飲み方や、離乳食の食べ方にはよく注意を。食欲が減っているなど、気になる変化があれば、受診して。

ポイント4:元気ならおふろに入れる

高熱がなく、元気な様子なら入浴はOK。むしろ、湯気で鼻の中が湿って鼻のとおりがよくなることも。ただし、長湯は避け、入浴後は湯冷めに注意して。

ポイント5:鼻水のケアをする

鼻水は、市販の「鼻水吸い器」か、綿棒を使って、こまめに取り除いて。鼻詰まりは、蒸しタオルを鼻の下にあて、蒸気を吸わせると鼻のとおりがよくなります。ただし、鼻と口の両方をふさがないように気をつけて。

★これはNG! 綿棒や鼻水吸い器を鼻の奥まで入れる

鼻の粘膜を傷つける恐れがあるのでNG。また、授乳や離乳食直後のケアも、刺激で吐きやすくなるので避けて。

★これはNG! 鼻水をティッシュでゴシゴシふく

ティッシュで鼻水をふき取ってゴシゴシこすると、皮膚が荒れてしまいがち。鼻水は、湯で絞ったガーゼで、軽くたたくようにしてふいてあげて。ふき終わったら、赤ちゃん用の保湿クリームで肌のケアを。

ポイント6:こまめに水分補給させる

鼻詰まりのときは鼻呼吸、鼻水のケアがうまくできないため、おっぱいやミルクをスムーズに飲めません。授乳は、無理に1回で終わらせようとせず、途中で休ませながら何回かに分けて飲ませるようにして。

関連:夏の3大風邪!?赤ちゃんが感染しやすいプール熱・手足口病・○○を医師が解説

赤ちゃんの多くは、鼻水を吸われることが苦手なのではないでしょうか。「嫌がってなかなか吸えない…」という声も耳にしますが、鼻水・鼻詰まりが続いてしまうと、おっぱいやミルクの飲みが悪くなったり、症状が悪化することも。こまめに取り除くように頑張りたいですね。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修:緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。 

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
ちょっと目を離したすきに…【赤ちゃんのやけど/溺水/感電】ここに注意

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る