1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 先輩ママ直伝!ふにゃふにゃ新生児の抱っこのコツ

先輩ママ直伝!ふにゃふにゃ新生児の抱っこのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

首はまだ座らずぐらぐらで、体もふにゃふにゃ柔らかい新生児。そんな新生児を上手に抱っこするためのお役立ちグッズや泣きやむ抱っこのコツなど、ウィメンズパークに寄せられた先輩ママからのアドバイスをまとめてみました!

買ってよかった! 抱っこお役立ちグッズ

まだまだ新生児の抱っこに不慣れという新米ママのために、抱っこに役立つ&買ってよかったおすすめグッズをご紹介します。

抱っこひも

新生児期は、重みに肩が耐えられなくなるまでは肩で支えるタイプのものと、首すわり後から使える腰で支えるタイプの抱っこひもの2種類を購入しました。

おくるみ

おくるみで包んで抱っこで授乳してそのままおろします。おくるみを巻いているときと巻いてないときの着地の成功率は雲泥の差!巻いていないときは、赤ちゃんってちょっとした刺激で起きちゃうんですよね...。おくるみに包まれた状態のままなら、刺激も最小限でそのままスヤスヤです。

授乳枕

いつごろからかのけぞりだして、私の腕が骨ばっているせいか頭が嫌がる感じだったので、授乳枕を買いました。それからはのけぞらなくなり、必須アイテムです。タオルなどで頭のあたりの面積を広く柔らかくすると、より便利です。

今、使っている抱っこひもを選んだ理由って?

いろんなタイプがある抱っこひも。実際、使ってみるととっても便利ですよね! 抱っこひも愛用ママたちに、なぜそのタイプの抱っこひもを選んだのか聞いてみました!

長時間でもOK!腰ベルトタイプ

肩こりがひどいなら、腰ベルトタイプのほうが断然楽ですよ!家の中で2時間ほどおんぶしながら家事していても、大丈夫でした。

服の脱ぎ着が不要!前側装着タイプ

コートを脱がなくても赤ちゃんの上げ下ろしができる、金具が全部前側で楽、小さいうちからでも付属物(インナークッションなど)が不要、両手があく、というのが前側装着タイプのおすすめポイントです。

抱っこもおんぶも!布巻きタイプ

布巻きタイプは新生児から縦抱きできて、首が座ったらおんぶもできます。布なので服と同じ感覚で通気性がよく、サイズはないので巻き方で変わります。巻き方を覚えれば簡単だし、おんぶも慣れれば楽です。ただの布なのでシンプルな分、お値段も安いですよ。

なかなか泣きやまない! 新生児におすすめの抱っこの仕方

ただ抱っこしているだけでは、泣きやまなくなってきたら...。みんなはどんな抱っこの仕方であやしているのでしょう?先輩ママに抱っこのコツを教えてもらいました!

縦抱っこでスクワット

赤ちゃんの首を支えて縦抱っこして、小きざみにスクワット!(脳が揺れるほど激しくしないように注意)

心音を聞かせてあげる

ママの心音が聞こえるように抱くと赤ちゃんは安心するみたいです。私はソファに深く座り、赤ちゃんの頭を私の胸もとに置き、片手で赤ちゃんの頭のあたり、もう片方の手でおしりのあたりをおさえ、もたれかからせるような感じで抱っこをしていました。

ギュッとママの体に密着させる

壊れものを扱うように優しく軽くふんわりと抱っこするよりも、少し抱きしめるように、ギュッと自分の胸に密着させて抱くほうがいいようです。赤ちゃんは、ぎこちなさにすごく敏感な気がします。あまり優しく抱っこされると、逆に不安定で安心できないのかな?

いかがでしたか? まずは、なかなか泣きやまない赤ちゃんを安心させてあげることが、上手に抱っこしてあげるためにも重要なようです。ぜひ参考にしてみてくださいね!

※文中のコメントは「ウィメンズパーク」からの引用です。
※この記事は「ウィメンズパーク」で過去に公開されたものです。

■関連記事
大切な赤ちゃんとお出かけする前に!知っておきたい【抱っこひもの選び方】
添い乳・抱っこでゆらゆら...ド定番のその寝かしつけ、実は間違っているかも!?
[10年ぶりに妊娠しました#11]あっという間に過ぎてゆく新生児期

■おすすめ記事
赤ちゃんをパッと寝かしつけてストレスレスな生活へ

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事