1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 生後1~2ヶ月ごろの赤ちゃんとの過ごし方、お世話のコツを小児科医が解説

生後1~2ヶ月ごろの赤ちゃんとの過ごし方、お世話のコツを小児科医が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

chameleonseye/gettyimages

1ヶ月健診を終えると、赤ちゃんとの生活も少し慣れてきますが、まだ「お世話の忙しさはあまり変わらず…」と思うママやパパが多数派のよう。そこで、小児科医の山中龍宏先生に、1~2ヶ月ごろの赤ちゃんの1日の過ごし方と、お世話のポイントを伺いました。迷ったときの参考にしてください。

関連:0~3ヶ月の赤ちゃんの成長&発達で気になる!6つのこと

生後1~2ヶ月のころ、赤ちゃんの1日はどんな感じ?

昼夜の区別はまだなく、睡眠リズムも整っていませんが、1ヶ月ごろからは起きている時間が少しずつ長くなります。ねんねのタイミングは、赤ちゃんのペースに合わせてOK。ただし朝はカーテンを開ける、夜は部屋を暗くするなど、昼夜の違いを意識するといいでしょう。

■1~2ヶ月ごろの1日の過ごし方(例)

5:00 授乳①
7:00 起床・授乳②→昼寝
9:00 外気浴、授乳③

*外気浴は、外の気温や日ざしが穏やかな時間帯を選んで

11:00 授乳④→昼寝
14:00 授乳⑤→昼寝
17:00 おふろ
18:00 授乳⑥
20:00 就寝

*寝て起きるの繰り返しでも、就寝したらお部屋は暗く静かに

22:00 授乳⑦
1:00 授乳⑧

生後1~2ヶ月ごろの過ごし方、4つのポイント

1~2ヶ月ごろの赤ちゃんとの生活の中で、ママやパパが注意したいお世話のポイントをまとめました。

ポイント1:昼夜のメリハリをつけて過ごして

寝る・起きるの繰り返しでも、日中はお部屋を明るく、夜は暗く静かな環境にし、昼夜の区別をつけて。赤ちゃんが日中寝ているときに、生活音を無理に控える必要はありません。

ポイント2:そろそろ外気浴を始めてもOK

日ざしや風が穏やかな時間帯に、ベランダや屋外に出て、外気浴をスタートさせましょう。最初は5~10分から始め、徐々に時間を延ばしていきます。起きている時間はスキンシップ遊びなどで活動的に過ごして。

ポイント3:大人と同じおふろに入れるように

1ヶ月健診で医師からOKが出たら、大人と一緒におふろに入れるようになります。でも、入浴は遅くても20時くらいまでに。もし、パパがおふろ担当でも、帰りが遅いときはママが1人で入れられるように工夫を。

ポイント4:授乳後はげっぷをさせてあげて

赤ちゃんは、胃と食道のつながりの部分が緩く、体調が悪くなくても吐くことがあります。とくに授乳後は吐きやすく、これは授乳時に一緒に空気を飲み込んでいるから。授乳後は、げっぷをさせてあげて。

関連:[10年ぶりに妊娠しました#11]あっという間に過ぎてゆく新生児期

初めての外気浴や大人と一緒のおふろ、ドキドキしますよね。赤ちゃんの機嫌やママの体調などを見て、あせらず進めていいんです。ママ1人でおふろに入れるときはベビーバスを使うなど、お世話は無理せず、楽しみながら進められるといいですね。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修:緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。 

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
【動画】「朝までぐっすり」には午前中の大きな遊びがキモ

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る