1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 鎮咳薬・去痰薬 【赤ちゃんの薬・シロップ薬】

鎮咳薬・去痰薬 【赤ちゃんの薬・シロップ薬】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

malexeum/gettyimages

せきを止める・たんを出しやすくする

よく処方される病気

風邪症候群(かぜしょうこうぐん)、気管支炎(きかんしえん)、気管支(きかんし)ぜんそく、肺炎(はいえん)など

よく処方される病気

風邪症候群(かぜしょうこうぐん)、気管支炎(きかんしえん)、気管支(きかんし)ぜんそく、肺炎(はいえん)など

アスベリン(R) (チペピジンヒベンズ酸塩)

味:柑橘類(かんきつるい)の甘さ。
(注意)おしっこが赤くなることがあるが、体内で成分が変化したものなので心配ない。たんが出にくくなることがあるため、自己判断で使わない。

ムコダイン(R) (カルボシステイン)

味:レモンライムの香りで甘い。
(注意)まれに食欲が落ちることがある。

ビソルボン(R) (ブロムヘキシン塩酸塩)

味:香りも味も甘苦い。
(注意)まれに食欲が落ちることがある。


監修:石川洋一 先生
国立成育医療センター 薬剤部 副薬剤部長
明治薬科大学薬学部卒業。2002年より国立成育医療センター(現、国立成育医療研究センター)勤務。副薬剤部長・妊娠と薬情報センター併任。編著書に「妊娠・授乳とくすりQ&A」(じほう)、「小児科領域の薬剤業務ハンドブック」(じほう)ほか。大切なこどもたちのために、よりよい小児薬物療法の研究を続けている。

赤ちゃんのお薬ガイド
薬の使い方(基礎知識)
薬を処方してもらうときに医師や薬剤師に忘れずに伝えたい・確認したいこと
薬のQ&A
粉薬の飲ませ方と保管方法
鎮咳薬・去痰薬
解熱鎮痛薬
抗ヒスタミン薬
気管支拡張薬
抗菌薬
抗アレルギー薬
消炎酵素薬
抗ウイルス薬1
抗ウイルス薬2
整腸薬
乳糖分解酵素
内服用電解質薬
便秘薬
吐きけ止め
シロップ薬の飲ませ方と保管方法
口内用の薬
消炎酵素薬
鎮咳薬・去痰薬
抗ヒスタミン薬
抗アレルギー薬
鉄剤
便秘薬
塗り薬の塗り方と保管方法
ステロイド薬入り塗り薬
非ステロイド系消炎塗り薬
抗菌薬入り塗り薬
抗真菌薬入り塗り薬
抗ウイルス薬入り塗り薬
抗ヒスタミン薬入り塗り薬・かゆみ止め
皮膚保護薬・保湿薬
口内用の薬
坐薬の入れ方と保管方法
解熱鎮痛薬
便秘薬
抗けいれん薬
吐きけ止め
浣腸薬の入れ方と保管方法
浣腸薬便秘薬の種類
点眼薬のさし方と保管方法
点眼薬の種類
点耳薬のさし方と保管方法
点耳薬の種類

生後1歳~ 赤ちゃんの発育発達、生活とお世話のポイント、親子のコミュニケーション

■おすすめ記事
赤ちゃんの冬の嘔吐。気をつけたいことは?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事