1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 小児科医がすすめる 3・6・9ケ月の赤ちゃんにぴったりのおもちゃとは?

小児科医がすすめる 3・6・9ケ月の赤ちゃんにぴったりのおもちゃとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ilkercelik/gettyimages

赤ちゃんにおもちゃを与えると、それを見たり、持ったり、口の中に入れようとしたりと、さまざまな反応を見せてくれます。子どもはおもちゃと遊びながら発達してゆきますが、3ケ月、6ケ月、9ケ月の赤ちゃんの月齢の区切りごとに考えてみた場合、どんなおもちゃが適しているのでしょうか。小児科医の榊原洋一先生(お茶の水女子大学名誉教授)に、おすすめのおもちゃについて聞きました。

関連:イヤイヤにも効く!絵本の読み語りで心を育てよう

首がすわっていない3ケ月ごろ赤ちゃんには「見る」「さわる」おもちゃ

3ケ月ごろの赤ちゃんの多くは、まだ首がすわっていません。そんな中でできることといえば、あお向けで頭を動かすこと、物をつかむこと、物を見ることなどです。そこで、ガラガラなどのおもちゃがあると、寝たままでも触ったり、なめたりして遊ぼうとするでしょう。また、このころの赤ちゃんはずっと天井を見ていますが、ジムやメリーなどのおもちゃがあれば、それを見ようとしますし、手を伸ばして触る、つかむといった運動にもなります。

おすわりし始める6ケ月ごろ赤ちゃんには「つかむ」おもちゃ

6ケ月ごろの赤ちゃんは、首がすわり、寝返りやおすわりができるようになる子も出てきます。うつぶせの体勢で遊ぶことが多くなるころでも。おすわりができれば、ものを上から見て、つかめるようになります。ボールなどを置くと、それをつかんだり、ほうったりして遊ぼうとするでしょう。また、この月齢の赤ちゃんにとって、寝返りは移動の手段でもあります。好きなものがあると、そちらの方向に移動しようとするかもしれません。触ることを楽しんでもらうという意味では、ぬいぐるみなどもおすすめです。
カチャカチャと打ち鳴らして音の出るおもちゃにも、興味を持つようになります。6ケ月の赤ちゃんは、まだ言葉は出せませんが、耳でまわりの音や大人の話を聞いています。絵本などの読み聞かせもいいでしょう。

指先が器用になる9ケ月ごろ赤ちゃんには「操作する」おもちゃ

9ケ月になると、はいはいやつかまり立ちをする赤ちゃんもいます。ボールを転がすとそっちのほうを追いかけたり、好きなものを自分で取りに行ったりします。「移動」を促すようにおもちゃを利用するといいでしょう。また、この月齢の赤ちゃんは、これまで以上に手を自由に使えるようになります。アクティビティセンターのようなおもちゃがあると、指先を使っていろいろなものを操作しようとします。操作して音が鳴る電話のおもちゃなどもおすすめです。

榊原洋一先生いわく、「おもちゃがなくても子どもは育つ」とのこと。電話の子機やティッシュペーパー、テレビのリモコンなど、日用品がおもちゃ代わりになることもありますよね。子どもにとっては、おもちゃも身のまわりの日用品も、「触って操作する」という意味ではどちらもおもちゃなのです。それではおもちゃの存在意義は何なのかというと、「親とのかかわりを引き出してくれる」(榊原先生)点にあるとのこと。子どもにとって、親と遊ぶ時間はとても大切ですが、「子どもと何をして遊べばいいのかわからない」ということもあるでしょう。そんなときにおもちゃは、子どもとのかかわりを促すための道具になってくれるはずです。(取材・文/香川 誠、ひよこクラブ編集部)

関連:寝返り前からあんよ期まで[0~1歳] 赤ちゃんが”ハマる”おもちゃの選び方&遊び方

榊原洋一先生
医学博士、お茶の水女子大学名誉教授。東京大学医学部卒業後、同大学付属病院にて勤務。小児神経学、発達神経学を専門とし、発展途上国での国際医療協力活動にも尽力。日本子ども学会理事長や、ベネッセコーポレーションの支援のもと設立されたCRN(チャイルド・リサーチ・ネット)所長なども務める。

■おすすめ記事
<PR>0歳〜1歳の絵本選び そのコツを、専門家に聞いてみた

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事