1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 幼稚園入園まであと半年、子どもと親がしておきたいことは3つだけ!

幼稚園入園まであと半年、子どもと親がしておきたいことは3つだけ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ziggy_mars/gettyimages

ひと昔前は、幼稚園入園までに「あいさつができるようになる」「おむつをはずす」など、クリアさせておく課題がいろいろありました。けれども、ママと子どもを取り巻く社会の変化により、今は違ってきている様子。そこで、4月に幼稚園入園を控えた家庭では、どんなことを行っておいたらいいのか、わかふじ幼稚園の園長であり、幼児教育のスペシャリスト・秦野悦子先生に最新情報を教えていただきました。

関連:いつから準備する? 幼稚園のグッズ一覧

入園までにママとパパがすべき、3つの課題!

「入園に向けて、ママとパパの課題は3つだけ! 入園までの半年間でこの3つをクリアしていれば、子どもは元気いっぱい幼稚園に通うことができて、その子らしさを発揮して、のびのびと幼稚園生活を満喫できるようになりますよ」(秦野先生・以下同)

【1】早起き・早寝の習慣をつけさせる

「生活リズムは急に切り替えることができないので、半年前から慣れさせることが大事!子どもの起床時刻が遅いご家庭は、入園半年前になったら、出かけるまでの必要時間を逆算して、余裕をもって起こすようにしましょう。半年続ければ、早起きが習慣になり、自然と夜も早く眠るようになります。

入園当初の子どもは、慣れない場所や人に緊張して、登園を嫌がる場合もあります。朝、寝起きの覚めきらない頭と体のままよりは、しっかりと目覚め、朝ごはんも食べ、排泄を済ませ、機嫌よく登園すると幼稚園に行くことが楽しくなるものです」

【2】何ができて、何ができないかを見極める

「入園すると、先生がサポートしてくれるとはいえ、靴の脱ぎ履き、着替えや食事など、基本的には子ども自身でするべきことが増えます。入園までの半年で、それら全部が完璧にできるようになる必要はないですが、『今、うちの子は何ができて、何ができないか』を見極めて、やる気を育て、できないことは練習を始めましょう。

着替えはまだ自分でできないところがあるかと思いますが、ママやパパが手伝いながら、できるところから自分でさせてみましょう。急いでいるときなど、ママやパパはついつい手を出しがちですが、子ども自身の自分でやりたい気持ちを育て、少し時間に余裕を持って行動して、気長につき合ってあげてください」

【3】子どもに幼稚園の楽しさをアピールする

「幼稚園は、子どもにとっては未知の場所。入園までの半年間で、ママ・パパは『幼稚園って楽しいところ』ということを子どもに存分にアピールしましょう。実際に体験入園してみてもいいですし、お弁当持参の幼稚園なら、春から使うお弁当箱を使って、近くの公園にピクニックに行ったりしてお弁当体験をさせても」

入園までに子どもに身につけさせたい、3つの課題

入園までの半年間で、子どもができるようになっておくといいことも3つだけ! あとは、ママと子どもだけの残り少ない貴重な時間を楽しく過ごしましょう。

【1】自分の名前(フルネーム)が言える

「幼稚園入園に向けて、『おはようございます』『いただきます』といったあいさつができないといけないと思っているママやパパも多いと思いますが、あいさつは入園してから集団生活の中で自然と身につくから大丈夫。一方、園生活の中で呼ばれて返事したり、『お名前は?』と聞かれたときに、自分の名前がフルネームで言えることが大事! 普段から練習させておきましょう」

【2】ごはんを椅子に座ってスプーンで食べられる

「普段、手づかみ、遊び食べや離席など、食事習慣がついていない子は、食べることに集中できるように環境を整えましょう。食事中にテレビがついている家庭は消すようにして、気が散るおもちゃなどは目につかないようにするなどしましょう。食事中に立ち歩いたり、遊んだりする習慣がついていると、幼稚園に入っても、その習慣を直すのは時間がかかります。入園までに正してあげてください」

【3】トイレでおしっこできる

「入園までに1人でトイレに行って、1人でおしっこができるようになっていることが理想的ですが、まだできない子も多いのです。そんな子は、ママやパパが誘うとトイレに行けて、服の脱ぎ着などママやパパが手伝いながらおしっこができるようになっていればOK。おむつが取れていなくても、誘われてトイレでおしっこが出るようになっていることが大切です」

幼稚園入園までの半年間ですべきことは、意外とシンプルで無理なく実践できそうなものばかり。入園したら親と子どもが一緒に過ごす時間が少なくなるので、残り少ない大事な時間を楽しく過ごしながら、入園を親子で心待ちにできるといいですね。(取材・文/白鳥紀久子、ひよこクラブ編集部)

■監修:秦野悦子先生
臨床発達心理士。白百合女子大学教授。専門は発達心理学(言語発達、障害児のコンサルテーション、子育て支援)。わかふじ幼稚園園長。著書に「心と体が育つ親子遊び」「最新しつけ大百科」(ベネッセコーポレーション)。

■おすすめ記事
1歳からの英語は早すぎない?日本語への影響は?など気になる疑問にお答えします!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事