1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 初ママ必見[産後~1ヶ月]新生児のお世話は?ママの体は?産後の毎日を保健師が解説

初ママ必見[産後~1ヶ月]新生児のお世話は?ママの体は?産後の毎日を保健師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kieferpix/gettyimages

産後すぐのママの体は、出産時に受けたダメージを回復する時期。赤ちゃんのお世話に慣れるのは大事ですが、自分の体をいたわるのも忘れないで! 産後1カ月間のママがどういう状態なのか、保健師の平田かおり先生に伺いました。

長時間睡眠が取れなくなる

「妊娠前とガラリと変わるのが、生活リズム。赤ちゃんは2~3時間おきにおなかがすき、しょっちゅうおしっこやうんちをします。それは昼夜を問わず…。約3時間おきの授乳と頻回のおむつ替えで、ママ自身の長時間睡眠が難しくなります。こまめな睡眠が必要になり、1カ月近くは寝たり起きたりの繰り返しで1日が終わることも多いです」(平田先生・以下同)

悪露が出るので、入浴はシャワーのみに

「ママの体が回復し、赤ちゃんが外界に適応できるようになる1カ月健診までは、外出を控えます。ですから、買い物はパパやサポートしてくれる人に頼むか、ネットスーパーなどを利用することに。また、悪露が2週間くらい続き、生理用ナプキンをつけた生活になります。細菌感染を防ぐため、1カ月健診でOKが出るまでは湯船には入らず、シャワーのみですごします」

おっぱいが張って痛む

「おっぱいが出るようになると、乳腺が発達し、張って痛む人も多いでしょう。会陰切開した場合は、しばらく傷の痛みが残ることも。また、ホルモンのバランスの変化や、睡眠不足などによる生活リズムの乱れ、慣れない赤ちゃんのお世話の負担などが原因で、マタニティブルーズになることもあります」

関連:誰も教えてくれなかった産後の4大痛み【子育てなめてました日記#2】

「なんだか産後のママってすっごく大変そう…」と憂鬱になってしまいますが、「ネガティブに感じないで!」と平田先生。
「赤ちゃんは2週間くらいすると表情が出てくるようになり、癒やされることも多いはず。つらいことばかりではありませんよ」。

『ひよこクラブ』2018年12月号では、産後1カ月の赤ちゃんとの生活やお世話のしかたについて紹介しています。ぜひこちらもチェックしてみてください。(取材・文/ひよこクラブ編集部)

■監修:平田かおり先生 
保健師・助産師。助産師として産婦人科で生後すぐの赤ちゃんとママのケアをするほか、乳児健診や育児相談などにも携わっています。双子を含む4人の男の子のママでもあります。

■参考:『ひよこクラブ』2018年12月号「for はじめてママ・パパ 新生児ちゃんの育児ガイド」

■おすすめ記事
赤ちゃんが「転落・転倒して頭を打った!」「たんこぶができた!」ときの対処法

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事