SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 【医師監修】赤ちゃんの言葉を促す”話しかけ方”とは?3つの疑問に小児科医が回答

【医師監修】赤ちゃんの言葉を促す”話しかけ方”とは?3つの疑問に小児科医が回答

NataliaDeriabina/gettyimages

たくさん語りかけたり、絵本を読み聞かせるなどして、赤ちゃんの言葉の発達を促したいですね。でも、うまくいかず、お悩み中のママも多いようです。そんなママから寄せられた声で、ダントツに多かった質問について、小児科医の山中龍宏先生に回答していただきました。

0~1歳の言葉の発達、3つのギモン・迷いを一挙に解決!

会話ができない赤ちゃんへの「話しかけ方」など、言葉を促すかかわり方に関する質問が多く寄せられました。

Q1:まだ言葉を理解していない赤ちゃんに、何を話しかければいい?(2ヶ月)

A 赤ちゃんをよく見て、気持ちを想像してみて

首すわり前だと、なかなか赤ちゃんと視線が合いにくいもの。でも、首をしっかり支えて抱っこをし、様子をよく見ながら、赤ちゃんの気持ちを想像してみて。「気持ちいいね」「眠いのかな?」などと、自然に言葉が出てくるようになるでしょう。

Q2:「アー」「クー」などの声を出しているとき、どうすればいい?(3ヶ月)

A 赤ちゃんと目を合わせ、積極的に話しかけて

赤ちゃんは、ママの声や口元を見てまねしようとします。赤ちゃんに顔を近づけ、目を合わせて、積極的に話しかけてみてください。「アー」「クー」と赤ちゃんが出す声にあわせて、ママも「アー」「クー」と応えてあげましょう。

Q3:話しかけるほかに言葉を伸ばすかかわり方はありますか?(6ヶ月)

A 楽しい遊びをしながら言葉をかけてみて

赤ちゃんが楽しい気持ちになっているとき、スキンシップや体を使った遊びをしているときは、言葉が届きやすいもの。赤ちゃんの声をまねて「アー」「クー」と言ったり、「楽しいね」と声をかけて。ママの声を聞きながら声の出し方を学び、「マママ」「ダダダ」という同じ音が反復する喃語(なんご)を話すようになります。

赤ちゃんはおなかの中にいたころからママの声を聞き、その声に安心するといわれています。だから、ママの声が大好き。まだ、言葉はわからなくても、たくさん話しかけてあげることで、赤ちゃんの気持ちが落ち着きます。普段のお世話などでもたくさんコミュニケーションをとって、言葉の発達が促がせるといいですね。(文/ひよこクラブ編集部)

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

監修/【小児科医】山中龍宏 先生

初回公開日 2018/12/09

育児中におススメのアプリ

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数・生後日数に合わせて専門家のアドバイスを毎日お届け。同じ出産月のママ同士で情報交換したり、励ましあったりできる「ルーム」や、写真だけでは伝わらない”できごと”を簡単に記録できる「成長きろく」も大人気!

ダウンロード(無料)

育児中におススメの本

最新! 初めての育児新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

つわりで胃のムカムカに悩まされたり、体重管理に苦労したり、妊娠生活は初めての体験の連続ですね。この本は、そんなあなたの10ヶ月間を応援するために、各妊娠月数ごとに「ママの体の変化」と「おなかの赤ちゃんの成長」を徹底解説!トラブルや小さな心配を解決できます。陣痛の乗りきり方や、産後1ヶ月の赤ちゃんとママのことまでわかりやすく紹介します。

初めての育児 新百科

Amazonで購入

楽天ブックスで購入


赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。