1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 「“魔の2歳児”は、全世界共通!?」山田ローラさんの日米子育てリポート

「“魔の2歳児”は、全世界共通!?」山田ローラさんの日米子育てリポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年にラグビー日本代表の山田章仁選手と結婚、2016年9月に男の子と女の子の双子を出産したモデルの山田ローラさん。日米のハーフでアメリカにご実家があります。そんなローラさんが、アメリカの子育て事情や、日米の育児の違いなどをリポート。今回のテーマは、イヤイヤ期とその対処法についてです。

関連:「予防接種をしないと学校に入れない?」 山田ローラさんの日米子育てリポート

“魔の2歳児”は、アメリカでは“Terrible Twos(最悪な2歳)”と言われています

子どもの成長過程はやっぱり世界共通で、日本のいわゆる“魔の2歳児”はアメリカでは“Terrible Twos(最悪な2歳)”と表現されています。双子にもついにこのイヤイヤ期が来てしまい、毎日わが家はてんやわんやです。1人がぐずり始めて抱っこを要求すると、もう1人も必ず抱っこをせがむため、私の腕は常にパンパン! 自然と筋トレができてうれしい!!とは、まったく思わないですよね (笑) 。

自己主張が強くなる反面、まだまだ言葉がうまく話せない双子は、何かを必死に伝えたくても伝わらずにイヤイヤ。それを理解したくても、しきれない私もイライラ。完全に悪循環です。

イヤイヤのスタイルもまったく違う双子。娘は気に入らないことがあると床に崩れ落ちてゴロゴロする典型的なタイプ。それに対して息子は、マイペースで好きなことを中断できないタイプ。公園から帰るときなど、無理やり抱っこしようとすると、えび反り、脚ピーンで抱っこ不可能状態に。毎日がバトルなので、私の体力や忍耐力が試されてしまいます。

アメリカの育児書に書いてある、イヤイヤ対処法は?

現在はハワイの実家を離れて日本で育児をしていますが、いちばん悩んでいるのが外出。お出かけ先で魔の2歳が現れたらどうしようか、とても悩みます。アメリカにいるときは移動が主に車なので、もしイヤイヤが始まってしまっても、すぐに車の中のプライベートな空間でしかるなり、落ち着くまで待つなりできます。最悪、すぐに帰宅することも可能です。

「何度注意してもわがままを連発している子どもは、極力刺激や楽しみがない空間に連れていき、落ち着くまで親も無視。少し気分がやわらいだら、なぜしかられたかをちゃんと目を見て説明する」と、ハワイではアメリカの育児書を参考にしてきました。

日本での外出中のイヤイヤでは、アメリカ方式は使えない!?

しかし、東京にいるときはベビーカーを使って、徒歩や公共交通機関での移動が多くなるため、家から少しでも離れたときに双子のぐずりが始まるとパニックになります。泣かせっぱなしでいるのはまわりの迷惑になりますが、だからと言ってなだめたり機嫌をとったりするのも、魔の2歳児対策としてはあまりしたくないと考えています。

わがままを言ったり泣いたら思いどおりになると勘違いさせないように、無視をするのがベストなのですが、外出中は放置もできないので結局落ち着かせるのが最優先に・・・。かんしゃくを起こしている双子になんでしかられているか説明してもわからないのに、やはり泣きやませるのに必死になってしまい、なんでもいいから泣きやんでー!と冷静さを保つのが困難に。

賢くなった双子は、外にいるときのママはきつくしかれないと悟ったのか調子に乗ることが多くなってしまい、2人のイヤイヤもママのイライラも増えてきてしまいました。魔の2歳児による負のサイクル・・・。

“Terrible Twos”のあとは、“Horrible Threes”…。大変な時期はいつ終わる?

「いつかは終わるし、魔の2歳児なんてたったの1年だよね!」とアメリカの先輩ママに話していたら、「“Terrible Twos”が終わったら“Horrible Threes(最低な3歳)”が始まって、4歳でやっと“Wonderful Fours(素晴らしい4歳)”になるからあと2年ね」と言われてちょっとがっくり。でも、4歳で楽になる!!と思っていたら、「4歳は4歳で口答えするから大変よ・・・」ともう1人のママがぼそり。

やはり育児では、子どもの年齢に合わせてまた新たな大変さが出てくるみたいなので、あまり将来のストレスを考えずに気楽に今の子どもの年齢を楽しむ育児を頑張りたいです。

関連:似ているようで違う、イヤイヤ期の反抗と、思春期の反抗

日本のママたちが手を焼いている“イヤイヤ期”は、万国共通のようですね。とくに外出中のイヤイヤの対応には、きちんとしつけたいけれど周囲の目も気になる…と、ローラさんのように悩んでいるママも多いのではないでしょうか? 1人でも大変なのに、双子でイヤイヤが2倍のローラさん。さぞかし大変だろうと思いますが、最後は“今の育児を楽しみたい”と前向きです。現在、イヤイヤ期真っ最中のママたちも、今しかないイヤイヤ期を楽しむような気持ちで、乗りきっていけるといいですね。(取材・ひよこクラブ編集部)

Profile●山田ローラ
1988年9月23日生まれ。アメリカで大学卒業後、日本でモデルデビュー。2015年3月にラグビー日本代表の山田章仁選手と結婚。2016年9月に双子のブライス・光一郎くんとグレース・桜子ちゃんを出産。
LINE BLOG:山田ローラオフィシャルブログ
Instagram:@lauraelinas

■おすすめ記事
どうせならあかちゃんが喜ぶプレイマットが買いたい!プレイマットを選ぶポイントをチェック!

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事