1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 7カ月~1才2才★早起き・早寝生活がうまく行かないときの[悩み別]最強ワザ6

7カ月~1才2才★早起き・早寝生活がうまく行かないときの[悩み別]最強ワザ6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ipekata/gettyimages

赤ちゃんがだんだん大きくなってきて、離乳食やお散歩など1日の中で行うことが増えてくると、その分、生活リズムの悩みも増えてくるもの。早起き・早寝で機嫌よく過ごさせるにはどうしたらいいのか…。今回は、小児科専門医で乳幼児の睡眠や脳の発達にくわしい成田奈緒子先生に伺いました。

関連:低月齢赤ちゃんの”ねんね”の悩みを解決!早起き・早寝生活に改善する秘訣は?

生活リズムの整え方の基本

夜は21時までに寝て、朝は8時までに起きる、早起き・早寝をしている赤ちゃん&ママは増えている様子。「早起き・早寝を始めたら、いいことがいっぱいあった」とみんな声をそろえて言います。今回は、7カ月~1才、2才ごろまでの赤ちゃんとママのために、まずは生活リズムを整える基本から紹介していただきます。

7~11カ月ごろはスタート期

「離乳食が進み、活動量も増えてくるころ。夜泣きをする子もいるでしょう。生活リズムを整えるのにいい時期です。早起きを基本に、お散歩、昼寝、おふろ、離乳食、就寝時間を一定にしていきましょう」(成田先生・以下同)

1~2才ごろは確立期

「あんよが始まるころです。栄養の多くを離乳食からとるようになります。体力がついてくるので、日中の活動量を増やすといいでしょう。外遊びや室内遊びでは、あんよやダンスなどで体を動かすとGOOD」

うまく行かないときの見直しポイント(7~8カ月ごろ)

7~8カ月ごろは、離乳食が2回になって生活リズムを整えやすくなる時期。悩み別に見直しポイントを紹介していただきます。

悩み1:夜中に何度も起きてグズグズ


A 空腹と満腹のメリハリで夜泣き対策を

「午前中はたっぷり活動的に遊ばせ、1回目の離乳食を朝あげているようなら、11時ごろに移動。いったん空腹にして「いっぱい食べて満足した」という経験をさせて。また夕方は、おふろ→離乳食2回目→おっぱい→就寝の順番に。この順番だと寝つきがよくなり、離乳食の消化もよくなります」

悩み2:昼寝が短く、グズグズが多い


A 昼寝のリズム改善は、起床時間を早めて午前中に活動を

「遅くとも8時までには起こして、リビングに移動して1日のスタートを。午前中はお出かけしたり、体を動かして遊ぶなど活動的に過ごして。また1回目の離乳食は午前中に食べさせて満腹にさせましょう」

悩み3:早起きしすぎて二度寝


A 1日にメリハリをつけて二度寝をストップ

「たとえば朝5時に目が覚めてグズグズし始めたら、5分でも外気浴をさせてしっかり目を覚まさせます。夕方は、早めにおふろをすませて、19時には寝室に連れていき、部屋を暗くして寝かしつけましょう」

うまく行かないときの見直しポイント(9カ月~1才ごろ)

離乳食が3回になり、毎日のスケジュールが定着してくるころ。よくある悩み別に見直しポイントを伺いました。

悩み1:おっぱいが好きで、リズムがうまくいかない


A おっぱい以外の世界を広げよう

「いろいろなことに興味が出てくる時期。『ぐずったらおっぱい』をやめ、おっぱい以外で赤ちゃんを笑顔にするかかわりをしましょう。またおふろは夕方に入れ、おふろ→離乳食3回目→おっぱいの流れで寝かしつけてみて」

悩み2:保育園の行き帰り途中で寝てしまいリズムが崩れる


A 帰宅直後のおふろでリズム改善

「帰宅したらまずおふろに。夜の離乳食は簡単なものでOK。いつ就寝してもいい状態にします。夜間の連続睡眠は11時間以上必要です。7時起床のためには、20時には寝室を暗くして寝かしつけましょう。寝る前は興奮させないことも大事」

悩み3:夕方寝てしまい、夜寝着くのに時間がかかる


A 夕方におふろにいれて、クールダウン

「夕方に昼寝を始めたりグズグズし出す前におふろに入れて。おふろのあとは静かな遊びで徐々にクールダウン。また「早く寝てほしい」というママのそわそわが伝わると、眠らないことも。ママもリラックスして可能なら、ママも一緒に寝てしまいましょう」

関連:[ヒビユウの育児絵日記 #14] 密着!ヒビ家の夜8時。

特別なお出かけがあると、生活リズムが乱れてしまうことも。そんなときは、午前中の過ごし方とおふろの時間がキーポイントになりそうですね。

『ひよこクラブ』2019年2月号第1付録では、「“コテン”と眠る“ピタッ”と泣きやむ最強ワザBOOK」で成田先生が教えてくれた、絶対試したくなるワザをたっぷり紹介しているので、見てみてくださいね。

■監修:成田奈緒子先生
「子育て科学アクシス」代表・文教大学教育学部教授・医学博士・小児科専門医。神戸大学医学部卒業後、米国セントルイス・ワシントン大学医学部留学を経て現職。専門は乳幼児の脳の発達や睡眠。一女のママ。ワークショップ「子育て科学アクシス」を主宰。

■参考:『ひよこクラブ』2017年5月号巻頭大特集「赤ちゃんがコテンと眠って朝スッキリネントレガイド」より

■おすすめ記事
どうせならあかちゃんが喜ぶプレイマットが買いたい!プレイマットを選ぶポイントをチェック!

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事