1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 口の中に指はNG!? 赤ちゃんが痙攣を起こした時の対処法3つ&NG行動を小児科医が解説

口の中に指はNG!? 赤ちゃんが痙攣を起こした時の対処法3つ&NG行動を小児科医が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

leungchopan/gettyimages

赤ちゃんがけいれんを起こしたら、誰でも不安になってしまいますね。そんな時には、まず慌てずに、以前お伝えした「受診の目安」を参考に、対処してください。
ただ、どんな場合でもけいれんを起こしている最中と、治まってからとでは、ケアのしかたが違います。どのように対処するのが正しいか、けいれんの最中にすべき3つの方法について、小児科医の山中龍宏先生に解説していただきました。

“けいれんの最中のケア”ポイントは3つ!

「ママは冷静になることが大事です。赤ちゃんが呼吸しやすく、安全に過ごせるように対処してください」(山中先生・以下同)

ポイント1:けいれんが続いた時間を計る

「けいれんが続いた時間は、診断の重要な情報になります。けいれんが始まったら、時計を見て、何分くらい続いたか計っておいてください」

★これはNG! 指やガーゼ、スプーンなどをかませる
「けいれんの最中に口の中に指やガーゼ、スプーンなどを入れると口の中を傷つけたり、舌を押し込んで気道を詰まらせたりする恐れがあるのでNGです」

ポイント2:衣類を緩めて、安全な場所へ移動

「呼吸がしやすいように衣類やおむつを緩め、安全で平らな場所に寝かせてください。けいれん中、吐いたもので、のどを詰まらせる危険があるので、体ごと横向きにします」

★これはNG! 体を動かして、刺激を与える
「けいれん中に赤ちゃんを揺すったり抱きしめたりするのは×。体を動かすと、刺激になって嘔吐を誘発し、気管を詰まらせる恐れがあります。名前を呼ぶなどして意識の有無をチェックするのは○」

ポイント3:落ち着いて、けいれんの状態を観察する

「けいれんが、体の一部分だけなのか、全身なのか、左右対称なのか、片側だけなのかをチェックします。白目をむいたときの黒目の位置も観察しておいてください」

関連:赤ちゃん(新生児)がけいれんを起こしたとき考えられる病気は?

赤ちゃんがけいれんを起こしたら、気が動転してしまうママもいるかもしれないですね。でも、けいれんの最中にママがすべき3つのケアは、どれも落ち着いて対処しないとできないことばかり。思いがけず、起きてしまったときにあわてないように、対処法を頭に入れておくと安心です。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修:緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。 

■参考:たまひよブックス「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
赤ちゃんとの年末年始の過ごし方 パパからの悩みに小児科医が答えます

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事