SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 【医師監修】おまたが気になる…知っておきたい女の子赤ちゃんの性器の病気を小児科医が解説

【医師監修】おまたが気になる…知っておきたい女の子赤ちゃんの性器の病気を小児科医が解説

DGLimages/gettyimages

おむつ替え中に「おまたが少し腫(は)れている?」などと思っても、「きっと、気のせい」とやりすごしてはいませんか? 何でもないに越したことはありませんが、女の子の性器にも気になる病気があります。知っておいて安心の2つの病気について、小児科医の山中龍宏先生にうかがいました。

外陰部・小陰唇などに起こりやすい病気とは?

「女の子の性器の病気には、外に出ている部分の外陰部(がいいんぶ)と、大陰唇の内側の小陰唇(しょういんしん)いわゆる“ひだ”などに起こる病気があります」(山中先生・以下同)

陰部に細菌が感染してかゆみや痛みが出る【外陰炎・腟炎】

「外陰炎・腟炎(がいいんえん・ちつえん)は、外陰部や腟が、大腸菌などの細菌感染で炎症を起こす病気です。
外陰部にかゆみや痛みがあり、炎症が進むとおむつに黄色や血の混じったおりものがつくことがあります。
外陰部が少し腫れている程度なら清潔を保てば自然によくなりますが、おりものが出る、炎症が原因で機嫌が悪いなどの場合は受診を。抗菌薬で治療します」

左右の小陰唇がくっついた状態【陰唇癒合】

「女の子の性器は湿っていて炎症を起こしやすいため、左右の陰唇が薄い膜でくっついた状態になることがあります。これが陰唇癒合(いんしんゆごう)です。
癒着(ゆちゃく)の長さはさまざまですが、中には小陰唇の全長にわたる場合もあります。卵胞(らんぽう)ホルモン入りの塗り薬で治療しますが、治らない場合は癒着部分を開く手術を行うこともあります」

性器は体の真ん中にある大切な部位。デリケートな部分だからこそ、おむつかぶれ以外の気がかりも、適切にケアしてあげたいものですね。(文・ひよこクラブ編集部)


■参考:たまひよブックス「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

監修/【小児科医】山中龍宏 先生

初回公開日 2019/03/21

育児中におススメの本・アプリ

最新! 初めての育児新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

毎日のお世話を基本からていねいに解説。
新生児期からのお世話も写真でよくわかる! 月齢別に、体・心の成長とかかわりかたを掲載。
ワンオペおふろの手順など、ママ・パパの「困った!」を具体的なテクで解決。
予防接種や乳幼児健診、事故・けがの予防と対策、病気の受診の目安などもわかりやすく紹介しています。
切り取って使える、「赤ちゃんの月齢別 発育・発達見通し表」つき。

育児中におススメのアプリ

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数・生後日数に合わせて専門家のアドバイスを毎日お届け。同じ出産月のママ同士で情報交換したり、励ましあったりできる「ルーム」や、写真だけでは伝わらない”できごと”を簡単に記録できる「成長きろく」も大人気!

ダウンロード(無料)

育児中におススメの本

最新! 初めての育児新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

つわりで胃のムカムカに悩まされたり、体重管理に苦労したり、妊娠生活は初めての体験の連続ですね。この本は、そんなあなたの10ヶ月間を応援するために、各妊娠月数ごとに「ママの体の変化」と「おなかの赤ちゃんの成長」を徹底解説!トラブルや小さな心配を解決できます。陣痛の乗りきり方や、産後1ヶ月の赤ちゃんとママのことまでわかりやすく紹介します。

初めての育児 新百科

Amazonで購入

楽天ブックスで購入


赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。