1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 沐浴に絶対必要! 失敗しないベビーソープの選び方

沐浴に絶対必要! 失敗しないベビーソープの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

surachetsh/gettyimages

ベビーソープはいろいろなメーカーのものがあって、タイプもさまざま。「何が違うの?」と自問自答してしまいそうなほど、選ぶのに迷いがちなアイテムです。「うちの子にぴったり♪」が見つかるように、ベビーソープの種類と選び方のポイントについて、助産師の岡本登美子先生に伺いました。

関連:妊娠中にそろえたい【出産準備】授乳・沐浴・ねんねグッズ選びのポイント

ベビーソープにはどんな種類があるの? 特徴は何?

ベビーソープは、沐浴卒業後も長く使う赤ちゃんが多いです。3つのタイプがメインで、それぞれに大きな特徴もあります。

[泡タイプ]

ポンプを押すと泡が出てくるので、石けんを泡立てる手間が省けます。

[液体タイプ]

ポンプを押すと液体が出ます。押す力によって、必要量を調整しやすいのが◎。

[固形タイプ]

手にとって泡立てる必要が。手に収まるサイズだと、片手で泡立てられて便利。

ベビーソープを選ぶコツは何?

赤ちゃんの肌に合うものと、合わないものがあるかもしれません。まずはサンプルをもらうか、1つだけ購入してみて、肌との相性を確かめてからチョイスして。

関連:先輩ママが証言!新生児のお世話[沐浴]のココが大変&つまづきポイント3

沐浴中のママの片手は、赤ちゃんの体を支え、自由に使えるのはもう一方の手だけになります。どのタイプの石けんならラクに洗えるか、ということも選ぶ基準に。でも、いちばん大切なのは赤ちゃんの肌に合うこと。肌に合わないこともあるので、初めて買うときは、必要最低数にしておいて。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修:ウパウパハウス岡本助産院 院長 岡本登美子先生
長崎大学医学部付属助産師学校卒業。離島での産婦人科医院、愛育病院勤務を経て、ウパウパハウス岡本助産院、ウパウパハウスぷらざ、ウパウパ産後ケアハウス、ウパウパハウス保育園開設。

■参考:たまひよブックス「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
乳歯だって虫歯にさせるのはNG!永久歯が適切な位置に生えないことも

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事