1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんの歯の生え方と離乳食との関係は?

赤ちゃんの歯の生え方と離乳食との関係は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NataliaDeriabina/gettyimages

「歯が生えていないと、手づかみ食べさせちゃダメ?」「まだ歯が生えないから、やわらかいとろとろのものばかり食べさせなきゃいけないの?」など、離乳食の進み具合と、子どもの歯の生え具合って、気になりますよね。

そこで今回は「歯の生え方と離乳食」について、管理栄養士の太田百合子先生に聞きました。

関連:自分で食べるための第一歩! 子どもの「遊び食べ」を解決する5つのポイント

舌の動きに注目しながら進めよう

歯が生え始める時期には、個人差がありますが、子どもの舌の動きに合わせて離乳食の形状やかたさ、とろみなどを調整します。

<子どもの舌の動きと離乳食の目安>
・5~6ケ月ごろ「舌を前後に動かせる」
→離乳食はなめらかにすりつぶした状態のもの。ポタージュ状からはじめて、ペースト状へ移行していきます。

・7~8ケ月ごろ「舌を上下に動かせる」
→離乳食は舌でつぶせるくらいのかたさ
のもの。みじん切り、粗みじん切りなどの形状が食べられるようになります。

・9~11ケ月ごろ「舌を左右に動かせる」
→離乳食は歯ぐきでつぶせるくらいのかたさのもの。形状は8mmの角切りにしたものが食べられるようになります。

おじややポタージュ状のようにやわらかすぎるものは、まる飲みになりやすいので、形状やかたさが発達に合っているかチェックしてみてくださいね。
とろみは食品の状態に合わせ、かぼちゃのようにとろみがあるものはそのまま、肉や魚のように加熱するとかたくなるものは、水溶き片栗粉でとろみをつける、といった工夫をしましょう。
前歯が上下生えたら、ゆで野菜スティックなど、前歯を使ってかじりとれるメニューも1品程度用意するといいですね。

上下8本の前歯が生えたあとの 離乳食におすすめのメニュー

上下8本の前歯が生えるころには、舌もスムーズに動かせるようになっています。まだ上下8本生えそろっていなくても、煮込みハンバーグ程度のかたさのものであれば、歯ぐきでかむことができるように。

以下のメニューはどれも前歯でかみ切りやすいものばかり。前歯が生えたら、ぜひ試してみてください。

・やわらかく煮たスティック状の根菜
・かぼちゃやさつまいも、じゃがいもをお団子状にしたものや煮もの
・薄切りりんご
・バナナの輪切り
・1口サイズのいちご
・角切りのフレンチトースト
・角切りの蒸しパン

手の込んだものでなくても大丈夫。子どもの舌の動きやかむ力に合わせたメニューを出すことが大切です。

【こんなときどうする?】歯の生え方と離乳食に関するQ&A

歯の生え方と離乳食に関する素朴な疑問・お悩みにお答えします。

Q.歯が生えるのが遅い子の離乳食はどうすればいいの?

A. あせらずゆっくり進めればOK。月齢にこだわらず、舌の動きに合わせた形状やかたさ、とろみに調節してあげましょう。

Q.離乳食をまる飲みしてしまう子へはどうすればいいの?

A,モグモグできる大きさ、かたさのメニューにします。1cmの角切りや輪切りがおすすめ。
奥の歯ぐきを使うことを促せる、薄切りのりんごや、とうもろこし、さやいんげんなどのかみごたえのある野菜を使用したり、野菜のソテー、ひじき煮などのいろいろな食材を試したりすることで、モグモグする練習をすることができます。
早食いがまる飲みの原因になっていることがあるので、ゆっくり食べられるように、楽しい声かけをするのも効果的です。

関連:子どもが野菜を避けてしまう…野菜嫌いを克服させる方法は?

太田先生によると、歯は食べ物のかじりとりができる器官であり、食べ物のかたさを感じるセンサーのようなものなので、歯を使って食べ物をかじりとることで、子どもは食材を理解していくんだそうです。
上下の前歯が生えそろったら、歯を使う練習になるようなメニューを取り入れてみてはいかがでしょうか。

(文/大月真衣子、ひよこクラブ編集部)

監修/太田百合子先生
東京・こどもの城で長年にわたり多くの乳幼児の栄養指導を行う。現在は、東洋大学などの非常勤講師を務め、子ども向け番組や育児雑誌、講演活動などで栄養指導をするなど、多方面で活躍中。

■おすすめ記事
<PR>いつやる?どう進める? トイレトレーニングは1歳・2歳が始めどき

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事