Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 転機は家族会議。山あり谷ありのステップファミリー

転機は家族会議。山あり谷ありのステップファミリー


20歳と18歳、そして再婚相手との間に生まれたばかりの0歳の子どもを持つ、ママライターの“ふみちー”です。私の連れ子がそれぞれ15歳、13歳の時に、今の夫と再婚しました。
子どもたちと何度も会い、一緒に遊びに行くなどを繰り返した結果、「再婚したら?」と、子どもたちから提案されたことを機に再婚を決意。夫もバツイチで、自分の子どもに会うことができないからか、私の子どもたちと一生懸命に向き合ってくれています。
子どもたちもそんな夫を受け入れて、最初はとても楽しく過ごしていたのですが…。

夫にいら立ち始めた子どもたち

一緒に暮らし始めてひと月ほどたった頃でしょうか。子どもたちが夫にいら立ち始めました。原因は「子ども扱い」です。私は「子どもも大人も対等主義、すべて自己責任でやりましょう」という方針で子育てをしていました。

しかし、夫は「子どもはいつまでたっても子ども」という考え方。休日の朝には「顔を洗ったのか?」、食事中には「おかずは取り皿を使って食べるものだ」と、私が思わず「小学生じゃないんだから…」と声をかけたくなるほどあれこれ指示をするのです。

さらに「親の指示にはすぐに従いなさい」と強制するので、子どもたちはボソッと「うるさい…」と言ったり、不機嫌そうに無言で部屋へ行ったり。耐えかねた子どもたちは少しずつ反抗し始めました。夫も良かれと思っているため意見を曲げず、一歩も引きません。

子どもたちの態度に、ついに夫が爆発!

その結果、家庭内はいつもピリピリとした空気に…。そんな険悪ムードが続いていたある日、私が熱を出し寝室にこもっていた時のことです。リビングにいた息子と娘に、夫が「お母さん、熱出して寝ているよ」と言っているのが聞こえました。それに対し、2人は「おなかすいたね」と言ったことで夫が大激怒。

「お母さんが心配じゃないのか!」と怒鳴ったのです。子どもたちにすれば、「ごはんを食べていないと、お母さんが心配して起きてくるから、みんなで勝手にごはん食べよう」という意識から出た言葉でしたが、いきなり叱られたことに納得がいかないようでした。

幸い、私の熱はすぐに治まりましたが、夫と子どもたちはギクシャクしたまま…。お互いに言いたいことは、私を介して話す状態になってしまいました。

気の使い方のズレが、すれ違いの原因?

これではらちが明かないと思い、急きょ家族会議を開きました。「言いたいことがあるなら直接言え!」と夫が言えば、子どもたちは「私たちには私たちのペースがあるから、押さえつけないで!そして何でも決めつけないで!」と泣きながら応酬します。

いつの間にか議長役の私。互いの話をよく聞いてみると、夫は「父親らしくしなければ。子どもたちに認めてもらわねば」と、必死になっていたようです。それがエスカレートし、自分の言い分を押し通してしまっていました。

一方で子どもたちは、「仲良くやろう、迷惑かけまい」と、夫に気を使いすぎていたことが分かったのです。すれ違いの原因がはっきり見えました。すると子どもたちからこんな発言があったのです。

お互いの距離の取り方を変えて、再び仲良し親子に

「お父さんにはお父さんの、私たちには私たちの考え方がある。お父さんと一緒にしろと押し付けるのが嫌なだけ。考え方に違いがあっても家族であることに変わりはない」。

威厳のある父親であろうと盛大に空回りしていたことを悟った夫は、素直に謝罪。そして「仲良くしていきたいから、もっと本音を言ってほしいし、甘えてほしい」と自分の気持ちを伝えました。

家族会議の後は、夫の小言に「お父さんしつこい!」と一蹴されたり、何かおねだりしたい時には「お父さん、買い物行こう」と私を差し置いて出かけたり。人間関係を改善するには、話し合いが大事だなと感じたできごとでした。

その後、夫との間に赤ちゃんが生まれました。今では赤ちゃんの取り合いで、微笑ましい言い争いが毎日勃発しています。

「ステップファミリー」や「子連れ再婚」というのは、あまり良い印象を持たれていないと思う時があります。確かに、虐待のニュースが多かったり、わが家のように実際に衝突が起こったりすることもあります。
しかし、それは血のつながった家庭でも同じだと思います。血のつながりがあろうとなかろうと、お互いの考えをきちんと認め、尊重して共同生活をしていくことができれば、どんな形でもうまくいくのではないかと感じています。

■その他のママライター体験談はこちら

[ふみちー*プロフィール]
18年ぶりの赤ちゃんを育てるのにてんやわんや。上の子たちの頃との子育て事情の違いに、浦島太郎のような気分になることがあります。便利グッズを活用したり、手厚い子育てサポートを活用したりしながら楽しく子育てをしています。

※この記事は個人の体験記です。記事に掲載の画像はイメージです。

■おすすめ記事
【パパ育児のススメ】ママへの思いやりと赤ちゃんの成長を楽しむことがカギ!

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。