Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 毎日の献立を考えるのが憂鬱…その悩み、冷凍テクで解決!

毎日の献立を考えるのが憂鬱…その悩み、冷凍テクで解決!

彼女の肖像画彼女は素敵な美しい魅力的な混乱した茶色の髪の女性がどのように新鮮な熱い料理の食事の夕食を準備する方法を考えます明るい白のインテリアスタイルのキッチンでランチグ�
Deagreez/gettyimages

今回のテーマは、「献立のネタ切れ」についてです。
口コミサイト「ウィメンズパーク」の投稿から、ママたちの悩みや工夫を紹介します。
また最後に、冷凍生活アドバイザーである西川剛史さんに、冷凍食材を使ったプラスワンレシピを教えてもらいました。

2大悩みは「マンネリ」と「単品料理」になりがちなこと

毎日の献立に悩む声として、以下のようなものが寄せられました。

■ どうしても単品になっちゃう!
「息子がよく食べるようになったので、毎日の献立、困ります!
ここのところの我が家のメニューは、皿うどん、チャーハン、親子丼で、今晩はシチュー。
明日は何を作ろうかな」

■ 自分の味に飽きた! 「今日のご飯、何〜?」の声がプレッシャー
「よく作るのは、鶏モモ肉のトマト煮込みや照り焼き、にんにく醤油、ケチャップ焼き。それから、めかじきや鶏ムネ肉のから揚げやチキンカツ、豚の生姜焼きや餃子、ハンバーグ、揚げだし豆腐などなど。作ってはいるけど、自分の味に飽きてきました。子どもたちのワクワクした、『ご飯、何ー?』という声がプレッシャーです」

■ 晩ご飯はいいけど、昼ご飯作るパワーが…
「明日はカレーです。迷ったらカレー。そして、その翌日はカレーうどん。夜は頑張って晩ご飯を作るけれど、昼ご飯のネタが尽きています…」

■ 大学生の子どもに任せると納豆かレトルトカレーになっちゃう
「休日の朝や昼ご飯は、大学生になった子どもたち、それぞれに任せています。朝は起きてこないので、実質的に昼ご飯ですが。娘は、キムチや海苔とトッピングは変えているようですが、ほぼ納豆とご飯。そして息子は、ほぼレトルトカレーか、自作チャーハンです。
これでいいのか…。」

冷凍テクでおかずバリエを増やそう!

マンネリや単品料理になりがちな時は、手軽にできる副菜があるといいですね。
冷凍食材を活かした食生活を提案している西川さんに、簡単にできる副菜アイデアを教えてもらいましょう。

「毎日の献立作りに悩む方が多いようですね。特に休日など、家族が1日中家にいる場合は、3食考えなければいけないわけですから、大変だと思います。
私は冷凍生活アドバイザーなので、マンネリになりがちな献立に1品プラスする冷凍術、特に不足しがちな野菜のメニューをお伝えしたいと思います。

まず、そのままでは冷凍に向かないにんじんは、細切りにして塩もみし、オリーブオイルとレモン汁(にんじん1本の場合、それぞれ大さじ2程度)と一緒に保存袋に入れて冷凍すると、簡単にキャロットラペができあがります。調味液によってにんじんが酸化・乾燥から守られて、にんじんのシャキシャキ感も変わりません。

きゅうりも調味液と一緒なら冷凍ができます。スライスして塩もみしたきゅうりは、すし酢(きゅうり2本で大さじ2程度)とともに保存袋に入れて冷凍すれば、いつでもきゅうりの酢漬けが食べられます。

冷凍すると加熱せずに食べられる小松菜は、冷凍庫から出して小松菜と同量のめんつゆに入れて解凍すれば、そのまま、お浸しになります。

切ったりするのが面倒という方向けには、市販の冷凍ブロッコリーを使った1品がオススメです。レンジで戻した冷凍ブロッコリーを塩昆布とごま油で和えれば、ご飯のすすむ副菜が完成です。

食卓を彩る副菜として、また家飲みのおともに、ぜひ活用してみてください」(西川剛史さん)

どれも火を使わずに調理できるので、これから暑くなる季節に助かりますね。私も挑戦してみます!(文・橋本真理子)


西川剛史さん
冷凍生活アドバイザーとして「冷凍」を活かした手軽で豊かな食生活を提案、地方の優れた食材を使った冷凍食品の商品開発にも精力的に取り組んでいる。冷凍食品やホームフリージング、アイデア料理などについて、テレビ出演や、著書・雑誌などの執筆活動、講演活動など多数。著書に、『ぐぐっと時短&もっと絶品! 決定版 感動の冷凍術』(宝島社)など。

■文中のコメントは『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
おすすめの赤ちゃんとの遊び方

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。