Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. アイドルの顔が同じに見える!「あぁ、おばさんになったなぁと実感するとき」アラフォーあるある

アイドルの顔が同じに見える!「あぁ、おばさんになったなぁと実感するとき」アラフォーあるある

彼女のクローズアップ肖像画彼女の素敵な魅力的なかなり絶望的な波状の髪の女の子閉じる耳を閉じる悲しみ悲しみうつ病は明るい鮮やかな輝く赤い背景の上に孤立
Deagreez/gettyimages

ある瞬間に「おや?」と気づく老いた感覚。気持ちが若いだけにいつの間に! と、驚きながらもちょっと探してみたら、ココにも、アソコにも! と挙げたらきりがなくなって、もう笑うしかない。口コミサイト「ウィメンズパーク」に寄せられたぶっちゃけトークです。笑い飛ばしてネタにしましょう。予備軍の方は参考にしてね。

一番わかりやすいフェイス&スタイル編

「ほうれい線‥‥‥」

「お風呂であらわになる肉付きのいい背中、足、腕。気づけば姿勢もおばさんになっていました」

「鏡を見ると、顔よりも真っ先に頭部の白髪を確認している自分がいます」

「白髪‥‥‥。頭髪だけでなくアンダーヘアも」

「血管が浮き出る場所が、若い頃とは違うことを知りました」

「ベージュや茶系の服を着ると、びっくりするほど老けて見える」

まだまだ若いと思っていたけど、カメラを通して現実を知ったという声も。

「5年ぶりに更新した運転免許証の写真を見て、ひえーおばさんになってるーと、驚きました。日頃、鏡に映る姿は美化していたようです。写真は正直です」

「友人のホームパーティに参加して、その様子の動画をみたとき。ちっさいおばちゃんがウロウロしているなー、と思ったら私でした。小柄で童顔でまだまだ若いと自負していたけど、そこにいたのは立派なおばさん。ショックだったけど、現実を知れて良かったです」

視覚、聴覚、記憶力など肌で感じるおばさん編

「皮膚が乾いているので、ビニール袋がなかなか開かないこと。濡れふきんは手放せません」

「少しでも動くと汗が出る。若い頃、年上の方がたいして暑くもないのに“暑い、暑い”と言うので不思議だったけど、今ではそれが自分です」

「言葉が出てこず“アレ”の回数が増えました。昨日は水筒が出てこなかった。頭には画像が浮かんでいるのになー」

「人の名前が覚えられない。芸能人もそうだけど、子どもの友達の名前も何回聞いても忘れてしまいます」

「バンドの名前と歌のタイトルがごっちゃになります。イカ天の頃からバンド大好きで武道館、渋谷公会堂とかいろんなライブに月2回は行っていたのに」

「歌番組でジャニーズのメドレーを聞いていたら、誰だ? と思う回数が増えました。顔が半分隠れていたとはいえ、見慣れているはずのV6の三宅くんがわからなかったのはショックでした」

「若いアイドルの顔が皆同じに見えます。“双子?”と、子どもに聞いて呆れられることが何回か」

「脳の瞬発力がかなり落ちています。“鬼畜”という言葉を聞いて、パッと思い浮かばず“キクチさん???”と、脳内変換してしまうことも」

人生経験が豊富になり、変わってしまった私編

「若い頃はお化粧しないと外出できなかったのに、今では身なりを気にしなくなりました。スーパーやドラッグストアは、自分の庭のような感覚で出かけるようになりました」

「昔は男性目線を気にしてファッションやメイクをしていましたが、今は女性ウケが気になるようになりました」

「“楽を選んでしまう”ことでしょうか。ヒールよりペタンコ靴、かわいいショーツよりおへそが隠れて安定感ある大きめショーツ、長い髪は徐々に短くなり今や完全なショートカットなどなど」

「風邪を引こうか、お財布が厳しくなろうが、おしゃれ命だった若い頃。今じゃ苦しくない、洗いやすい、家計に響かないが最優先です」

「流行り物、最新のものに興味がなくなりました」

「つい、声が出る。椅子から立ち上がる時とか」

「独り言が増えました。スーパーで“あー、買い忘れてるー、ふりかけはどこー”とか。他人に聞かれても恥ずかしくない私です」

「気になったら即、店員さんや知らない人に質問できるようになりました。昔はかなり人見知りでしたが、なんの抵抗もなくなりました」

「中高生で、とくにイキっている子とかイモっぽい子とかを見ると、“かわいー”と、思ってしまう私がいます。母性が強くなっているのかな」

「子どもの反抗的な言動に動じなくなりました。悟りの境地に入ったのかな(笑)」


昔、何かで「恥らいを忘れるとおばちゃんになる」と、読んだことがあります。が、他人の視線を気にしすぎて損してたなーと、思うことも。一生懸命頑張っていた若い頃もすてきだけど、頑張らない自然体の私でもいいと思います。


文/和兎 尊美


■文中のコメントは口コミサイト「ウィメンズパーク」の投稿を抜粋したものです。

■おすすめ記事
義理の両親と価値観が合わない。この結婚は間違いだった?

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。