SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. ベビー用品・グッズ
  4. ベビー・子ども服
  5. 保育士直伝 冬の外遊びを快適に!子どもにぴったりな防寒グッズ

保育士直伝 冬の外遊びを快適に!子どもにぴったりな防寒グッズ

(C)相原 里紗

フリーランス保育士で2児の母、相原里紗です。子どもの冬服、みなさんどうしていますか?寒いからとダウンを着せたら「暑いから脱ぐー」と突然ロンT一枚に…それは寒すぎるのでは?なんてことはありませんか?今回は冬の外遊びを快適にする、子どもにぴったりの防寒グッズを紹介します。

相原 里紗
保育士・のあそびっこプロジェクト 主宰
早稲田大学国際教養学部卒。(株)オールアバウトを経て国家試験で保育士に。親子×のあそび×地域を軸とした「のあそびっこプロジェクト」他、親子向けイベントを多数企画・運営している。1歳、3歳の男子育児に奮闘中。

暑い!寒い!子どもは体温調節機能が未熟

寒いからと厚着をさせたら汗びっしょりになっていたり、薄着をさせたら「さむい!」と言われたり。子どもに何を着せるのか、毎シーズンの悩みの種ですよね。

子どもは体温調節機能が未熟で大人より体が小さいため、暑くなりやすく寒くなりやすいのです。ですから、冬だからといって厚着をさせると、熱がこもって必要以上に体温が上がってしまうこともあります。手足が冷たくても体幹近くの温度が高ければ大丈夫。背中やお腹、太ももの上部などを触って確認してみましょう。

参考:たまひよオンライン「夏→秋 季節の変わり目の赤ちゃんの着せ方とは?」

子どもの防寒グッズ、3つのポイント

では、暑がり寒がりな子どもにぴったりの防寒グッズはどのように選べばいいのでしょうか。

(1)着脱のしやすさ

室内は暖かく、屋外は寒く、走ったら暑い…温度が場所によって上下する冬は、自然と着脱が多くなります。子どもの体温や周囲の気温に合わせてすぐに脱ぎ着できるよう、着脱しやすい服を準備することが防寒グッズ選びのポイントです。
冬服は分厚かったりぴったりしていたりと、着脱しにくい服が多くなりがちです。服の形状はもちろん、伸縮性や素材などを意識して選ぶようにすると良いでしょう。
特に2歳くらいからは、子ども自身が暑くなったら脱ぐ、寒くなったら着るという衣服での体温調節を学んでいきます。自分でスムーズに着脱ができることは、着脱の意欲を維持するためにもとても重要です。

(2)動きやすさ

寒そうなのでどうしてもモコモコたくさん着せてしまいたくなりますが、子どもにとって重要なのは防寒対策だけではありません。体をたくさん動かすことがとても大切な乳幼児期ですから、身体発達の側面から考えると服をたくさん着すぎて動きにくいのは NGです。冬の間も子どもの成長は待ったなし!寝返り、ハイハイ、あんよ、走る…など、今の子どもの動きにあった衣服を選びましょう。

(3)安全性

見逃しがちなのが安全性。冬服はフードのついた服や、マフラー、手袋など、他のシーズンはあまり使わず、子どもが自分で把握しきれないアイテムが増えます。フードが遊具に引っ掛かったり、手袋をしていることでいつもと感覚が違って手が滑って転落してしまったりなどの事故が起こりやすいです。実際に衣服が原因で窒息から死亡事故につながった例もあります。事故が起こりにくいアイテムを選んだり、遊ぶ前に危ないものは取ったりするようにしましょう。

参考:政府広報オンライン
「カワイイ!」だけで大丈夫? 子ども服は、安全性を考えて選びましょう | 暮らしに役立つ情報

愛用中!我が家で大活躍の防寒グッズ5つ

着脱しやすく動きやすく安全!我が家で活躍している防寒グッズをご紹介します。

吸湿保温ばっちり!一年中使っている半袖の綿肌着

(C)相原 里紗

防寒グッズで肌着の話?と思うかもしれませんが、ちょっと暑くなったらすぐ汗をかいてしまうからこそ、しっかり汗を吸って保温もしてくれる肌着はとても重要な防寒グッズです。長袖だと可動域が小さく暑くなりやすいので、半袖をチョイスして上着で寒さを補いましょう。近年流行している機能性インナーは、体温がすぐに上下する子どもにはあまり向いていません。ここはベーシックに半袖の綿肌着がおすすめです。一年中着れるのでコスパもばっちりです。

着脱も簡単!ボタン付きのネックウォーマー

(C)相原 里紗

マフラーは子どもには扱いが難しいので、我が家ではボタン付きのネックウォーマーを愛用しています。ちょっと寒いなと思ったら首元にぐるりとまいています。着脱もボタンを外すだけで簡単なので3歳児でも自分で扱うことができます。首にぴったりしているので遊具に巻き込まれる心配もありません。

重ね着にもばっちり!腕を動かしやすいベスト

(C)相原 里紗

体幹が温められて、袖がなく体が動かしやすいベストは子どもにぴったりのアイテムです。ちょっと肌寒いかなと思った時に着せるのはもちろん、上にもう一枚上着を羽織ってもかさばりません。一見地味なアイテムですが、特に体温調節の難しい冬の始まりや終わりに大活躍しています。

フードの取り外しができるキルティングジャケット

(C)相原 里紗

保育士の視点からすると危ないとわかっていても、やっぱり可愛いフード付きのジャケット。「それならば」と買ったのがフードの取り外しができるジャケットです。公園の遊具ではフードを取り外して遊んでいます。予想以上に良かったのが、上にもう一枚ジャケットを重ねる時にもフードを外せば首回りがすっきりすることです。子どもの動きやすさの面でも一役買っています。
ちなみにこのジャケットはボタンなのですが、1歳の冬から着ていたことでボタンに興味を持ち、2歳の頃には自分でボタンができるようになるという副次的なメリットもありました。

一番上はレインウェアで冷たい風をシャットダウン

(C)相原 里紗

レインウェアは我が家では一年中必須アイテムで、冬も活躍しています。雨だけではなく風も通しにくい素材なので、ベストやキルティングジャケットの上に羽織って冷たい風をシャットダウン。真冬もこれで乗り切っています。少し大きめをチョイスすれば下にジャケットを着ても動きやすく、重ね着で調節することで、暑さ、寒さへの対応も簡単です。フードも折りたたむことができます。

お気に入りの防寒グッズで、冬もたっぷり外遊びをしよう!

かわいいグッズがたくさんあって、あれもこれもと欲しくなる冬の防寒グッズ。デザインや機能性はもちろんですが、子どもの成長発達に合ったものを選ぶことで、冬の外遊びがもっと快適に充実します。お気に入りの防寒グッズを身につけて、どんどん冬のフィールドで遊んでくださいね!

ちょっとしたポイントを押さえれば、冬の子どもの服装はより快適になります。 冬は子どもが自分で衣服を調節する練習をするのにも良い季節です。冬もたっぷり外に出て、冬しか味わえない外遊びの時間を楽しみましょう!

■おすすめ記事
おすすめの赤ちゃんとの遊び方

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。