SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中に痔に!…お産に影響する?! 【産科医・北島米夫のニンプのお悩み相談室】

妊娠中に痔に!…お産に影響する?! 【産科医・北島米夫のニンプのお悩み相談室】

妊娠すると、痔になりやすくなり、そのうえ、便秘がちになる→トイレで頑張る→痔が悪化する…というスパイラルにはまる人も多いもの。これってお産に影響する?

モヤモヤがスッキリ晴れる助言をくれる、と妊婦雑誌「たまごクラブ」編集部員からも信頼されている北島米夫先生が、ニンプさんのお悩みをスッキリ解決! 悩めるニンプさんの心を軽くするアドバイスをお届けします

痔があるとお産はどうなる?

妊娠してから便秘がひどくなり、痔になってしまいました。トイレで力を入れるのが怖いし、排便時に出血することもあります。痔があるとお産のときにどんな影響がありますか?
分娩台でちゃんといきめるか不安だし、痔がますますひどくなるのも心配です。(妊娠9カ月のニンプより)

温野菜を食べてたっぷり食物繊維をとろう

妊娠すると下半身の血流が増えて、痔になりやすいですね。ただ、悪化してもお産が終わればほとんどは治るので、安心してください。

痔のいちばんの大敵は便秘です。便秘になると、どうしてもトイレで力を入れる時間が長くなってしまうので、痔が悪化しやすいのです。従って、便秘にならないようにすることがまずは大事です。
 
便秘解消のために食物繊維をとろうとして、「サラダを食べている」という妊婦さんが多いのですが、生野菜はボリュームたっぷりに見えても、ゆでてしまえばほんの少量。便秘解消につながるほどの食物繊維がとれるとはいえません。十分な量の食物繊維をとりたいなら、温野菜を食べるといいでしょう。また、苦手でなければ、玄米などもいいですね。

お産のとき、助産師さんに肛門を押さえてもらうと◎

いくら産後に痔がよくなるとはいえ、できるだけ妊娠中に悪化させないほうがいいので、食事で便秘が改善しない場合は、便秘薬を処方してもらいましょう。

また、お産の希望を聞かれたり、外来で助産師さんと話したりする機会があったら、「痔なので、分娩台でいきむときに肛門を押さえておいてほしい」と伝えておくとよいでしょう。助産師さんに押さえておいてもらえば、いきんでも血管がふくらまず、分娩時の痔の悪化を防げるのです。風船も押さえておけばふくらみませんよね。それと同じ原理です。
 
痔そのものはお産に何の影響も及ぼさないので、ご心配なく。痔でも問題なく赤ちゃんを産み出す力は発揮できるし、痔が原因で分娩が長引くこともありません。

先生から最後にひと言

痔があってもお産には影響なし! まずは食生活を見直して便秘解消に励んでみて。


監修/北島米夫先生 イラスト/花くまゆうさく 文/たまごクラブ編集部 

いかがでしたか? 北島先生の相談室は「たまごクラブ」で好評連載中です。

【産科医・北島米夫のニンプのお悩み相談室】に関する記事一覧はこちら

■おすすめ記事
【パパ育児のススメ】ママへの思いやりと赤ちゃんの成長を楽しむことがカギ!

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。