SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. 第1子妊娠中の鈴木ちなみ 夫がしてくれる最高のサポートに照れ笑い 

第1子妊娠中の鈴木ちなみ 夫がしてくれる最高のサポートに照れ笑い 

「たまごクラブ」で妊娠を発表した鈴木ちなみさん。発表後のまわりの反応や体調の変化などについて教えてもらいました。

妊娠を発表して、たくさんの お祝いメッセージをもらいました

前回、「たまごクラブ」の撮影をしたときは妊娠4カ月。今は8カ月になって、おなかもだいぶ大きくなりました。妊娠を発表したときは、「おめでとう」「いい表紙だね」など、たくさんメッセージをもらってうれしかったですね。妊娠中の友人のほかにも、「もう生まれたけど、買ったよ!」って教えてくれた子も。

その号の付録で、赤ちゃんの名前の本がついていたんですけど、私もそれを見て名前を考えています。

夫はというと、私以上に妊娠中のことをリサーチしていて、食べるといいものなどを教えてくれます。「青魚とあさりがいいよ」とか。私も意識しているつもりなのですが、「最近あさり見ないね」と言われることも(笑)。

それと、夫がおなかを触ると、赤ちゃんがよく動くんです。寝るときに無意識に私のおなかを触っていて。こうやって、日々私や赤ちゃんのことを考えてくれているのがうれしいですね。出産まで、夫婦の時間を楽しみたいです。

出産が近づいてきて、おなかの張ることが増えてきました

最近はおなかが張ることが増えました。ギューッとおなかがかたくなる感じ。張ったときは無理せず休むようにしています。あとは、むくみやすいのと、寝起きに足がつる! 水をよく飲んだり、ストレッチしたりして対策しているけれど、なってしまうものですね。
 
育児グッズや部屋の用意もスタート。おさがりでベビーバスやベビーウエアをもらって。抱っこひもも用意しました。赤ちゃんを迎えるために部屋のレイアウトを考えるのも楽しいし、今から待ち遠しいです。

撮影/花盛友里、スタイリング/松井ともか ヘア/沼田真実(ilumini) 文/たまごクラブ編集部

ぐっとおなかが大きくなった鈴木さん。「心配や不安よりも出産が楽しみ!」と教えてくれ、ポジティブさにスタッフも元気をもらいました。「たまごクラブ」2021年10月号には鈴木ちなみさんのプライベートショットも紹介しています。

参考/『たまごクラブ』2021年10 月号「カバーインタビュー」

鈴木ちなみ

Profile
1989年生まれ。岐阜県出身。2008年にモデルデビューし、ファッション雑誌「with」の専属モデルに。「めざましどようび」のリポーターをはじめテレビ番組やCM、映画などに出演。YouTubeチャンネル「ちな日和」も開設。

たまごクラブ2021年10月号

Amazonで見る

楽天ブックスで見る

■おすすめ記事
【パパ育児のススメ】ママへの思いやりと赤ちゃんの成長を楽しむことがカギ!

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。