SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. 鈴木ちなみ 「出産は未知の世界。夫と2人で決めたことだから頑張れる」

鈴木ちなみ 「出産は未知の世界。夫と2人で決めたことだから頑張れる」

先日、たまごクラブで妊娠を発表した、タレントの鈴木ちなみさん。妊娠中にやりたいことや、お産への抱負について聞きました。

妹が、先輩ママとして相談に乗ってくれて、本当に頼もしいです

妹が2人いるのですが、2人とも子どもがいてママなんです。妹は、私が結婚したときから、赤ちゃんを望んでいることを知っていたので、ベビーグッズをきちんと残しておいてくれたみたい。ベビーベッドや服、哺乳びんを除菌するグッズなど、「これはいるかな?」と確認してくれます。あと、妹からのアドバイスで、今はボディクリームで保湿ケアを入念にしていますよ。2人とも、妊娠生活や出産、育児についてもいろいろ教えてくれるので、頼もしい限りです。

毎晩、夫と一緒に、おなかを触るのが日課になっています。これからはもっと胎動が感じやすくなるし、性別が判明したら、名づけやベビーグッズの用意など、楽しみもますます増えますね。

赤ちゃんを迎える準備はもちろんですが、私自身の体力と精神面の準備も。これからは、無理のない範囲で、ちょっと体力づくりをしたいなと…。運動不足を解消したいです。

出産は未知の世界。出産も産後も、柔軟に対応できたら

里帰りも検討したのですが、夫と相談して、2人で乗りきることに。常に、夫とは、家事の分担や産後の生活について話しています。私がつわりで大変だったときは、夫が料理を作ってくれて、とても助かりました。

お産は無痛分娩を予定しています。産後の生活を考えて、体力的に無痛分娩のほうが自分に合っているかと思ったからです。とはいえ、出産は未知の領域! 友人からは「出産のとき、ペットボトル用のストローは必須」と言われました。そういったアドバイスも“へぇ~!そうなんだ!”と、初めて知ることばかり。これから、お産についても情報収集しないと。出産後については、まだ先のことのように感じて、なかなか想像つかないですが、夫と一緒に試行錯誤しながら、柔軟に対応できたらいいなと思っています。

撮影/花盛友里 スタイリング/松井ともか ヘア&メイク/沼田真実(ilumini) 取材・文/たまごクラブ編集部

「先日、健診先の産院で、パパがママに抱えられた赤ちゃんと初めて対面するのを目撃したんです! 私もああいう感じになるのかなとイメージがぐっとふくらみました」と、笑顔で語る鈴木さん。早くも、その日が待ち遠しい様子が伝わってきました。

参考/『たまごクラブ』2021年7月号「カバーインタビュー」

鈴木ちなみ(すずきちなみ)

Profile
1989年生まれ。岐阜県出身。2008年にモデルデビューし、ファッション誌「with」の専属モデルに。『めざましどようび』のリポーターをはじめテレビ番組やCM、映画などに出演。2020年2月に結婚を発表。同年6月には、YouTubeチャンネル「ちな日和」を開設。

Amazonで見る

楽天ブックスで見る

■おすすめ記事
本当に安全な赤ちゃんのおもちゃって?おもちゃを選ぶポイントをチェック!

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。