1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. [妊娠12週の口コミ]先生や病院との上手なつきあい方

[妊娠12週の口コミ]先生や病院との上手なつきあい方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


妊娠中の健診は、母体の健康を保つためにも、おなかの赤ちゃんのためにも定期的に受診することが大切です。そこで気になるのが病院や先生とのつきあい方。懇切丁寧に説明してくれる先生や、口数が多くなく淡々と進める先生など、先生もいろいろ。また、特に初産の場合は「日ごろ気になることをどこまで伝えればいいの?」「みんなはどんなことを質問しているの?」などといった、健診の内容に関するギモンを持っている人も多いようです。出産までまだまだ通院は続きます。今回は、病院の先生とのつきあい方や、健診のときに聞いておきたい質問事項、相性のいい先生や病院選びについてチェックしておきましょう。

担当医との相性について

出産までの間、ずっとサポートしてくれる産婦人科の先生。場合によっては、通院を重ねるうちに「もしかしたら相性が合わないのかも…?」と感じてしまうこともあるようです。特に担当の先生が、口数が少なく必要なことしか話さないタイプの場合、抱えている悩みや心配ごとを解消することができなかったり、「質問しづらい」と感じたりして不安になってしまうという人も。しかし反対に、こうしたタイプの先生を、「余計なことを話さない先生なのでかえって信頼がおける」とか、「男性の先生の場合、“産婦人科”ということで先生なりに配慮をされているのでは?」と好意的に考えている人も多くいるようです。

【健診での先生の対応があっさり】 エコーがものの数分で終わりました。もともとあまり話さない先生で、エコー中は基本無言、特になにもなければ「順調ですよ」で終わります。聞きたいことがあっても、順調と言われると安心して聞くことを忘れてしまうこともあります。 ・・・すぐ終わる健診(コメント:3件)

【聞けばきちんと答えてくれる】 私の通うクリニックの先生も見た目はムスッと、話し方も淡々としていますが、質問すると親切丁寧に回答してくれます。聞けばきちんと答えてくれるので私にとってはよい先生です。冷たいとか横柄とかでなければ安心できます。 ・・・産婦人科の先生って(コメント:11件)

【意外な一面にびっくり!】 私が通っていた産婦人科の先生も、必要以上に多くを語らないタイプの先生でしたが、出産直後に満面の笑みで「元気で大きな男の子です!」と言ったり、入院中に病室に訪れるたびに息子の顔を見て「ご機嫌そうだね」などと笑顔で話しかけたりしてくれました。 ・・・産婦人科の先生って(コメント:11件)

健診のときの質問

おなかの赤ちゃんの元気な姿にうれしくなってしまい、先生に聞きたかった質問内容を忘れてしまった、せっかく先生と話せる機会なのに何を聞いたらいいのかわからない、というお悩みも多く寄せられています。健診は、状態をチェックしてもらうだけではなく、気になっていることを先生や助産師さんに直接確認できる機会でもあります。日ごろの生活のなかで疑問に思ったことは、ささいなことでもメモをとっておき、健診のタイミングでどんどん聞いてみましょう。ちなみに先輩ママたちは、自分の体調のことやおなかの赤ちゃんの成長のこと、日々の生活における赤ちゃんへの影響などについて、疑問に思ったことなどを相談しているようです。

【あまり質問はしていませんでした】 2人目妊娠中です。上の子のときも今も、あまり自分から質問しないです。先生に「元気ですね、順調ですね」と言われひとまず安心…といった具合で。聞いたことといえば、自身の体調面や、それで赤ちゃんに影響がないかということ、「今赤ちゃんは起きていますか?」とかそのくらいです。 ・・・妊婦健診にて(コメント:7件)

【気になったときに解決したほうがいい!】 気になることはメモをしておいて問診のときに聞くようにしています。「聞かずにあとでモヤモヤするよりは!」と、思いきって聞いています。また、先生に聞きそびれたことは診察のあとに助産師さんに聞いて帰るようにしています。 ・・・ちゃんと診てくれているか不安…(コメント:7件)

「病院を変えようかな」と思ったとき



距離や方針、設備など、見きわめておきたいポイントをおさえ、信頼できる産婦人科を選んだはずでも、担当の先生と相性が合わない場合もあります。また、待ち時間が長い、出産計画が希望どおりにいかない可能性があるなどといった、実際に通院してみないとわからなかった問題に悩まされてしまうことも…。
ウィメンズパークで実施した“転院”に関するアンケートによると、転院したことがある(里帰り出産を除く)という人は全体の16%。「出産は人生に一度の大仕事」と言われるくらい大切なもの。人生において何度もあるわけではないため、安心して出産を迎えたいものです。先輩ママからは「転院するなら早いほうがいい」といったアドバイスも。受け入れ先の病院で可能な分娩人数が埋まってしまっている場合もあるため、事前に問い合わせてから紹介状などの手配するほうがいいという声もありました。

【予約制でキッズルームのある病院へ】 待ち時間が長すぎて2歳のわんぱくな息子との健診時は毎回つらい思いをしました。そのため予約制で待ち時間がなく、キッズルームのある病院に変えました。 ・・・健診の待ち時間が長すぎる…!転院?(コメント:7件)

【転院してよかった】 診察では何も聞けず、不安な気持ちが少しも解消されなかったために転院。転院先の病院は、こちらの質問がなくなるまで最後まで話を聞いてくれ、安心して通院することができました。通いやすさ、産院の雰囲気、設備、医師との相性…いろいろと天秤にかけて迷えるうちに決断してくださいね。 ・・・妊娠10週、転院すべきでしょうか?(コメント:8件)

【まずは転院先の分娩予約を!】 転院したいなら、転院先を早く決めて、分娩予約だけでも電話とかで入れたほうがよいです。よい産院から予約枠は埋まります。あなたが産院に求めるものをすべてリストアップして、すべて叶う産院を早く見つけましょう。 ・・・産婦人科転院(コメント:5件)

妊娠中の症状は人それぞれですし、わからないことが多いため、ささいなことでも不安を感じやすいもの。そんなとき、強い味方になってくれるのが病院の先生やスタッフです。まだまだ続く通院期間。健診や出産が楽しみになるような病院や先生と出会えるといいですね。

■他の週数の記事を読む
[妊娠11週]便秘で苦しい、夜眠れない・・・少しでも解消する方法
[妊娠13週]妊娠中の思い出・・・エコー写真や妊婦記録

※投稿内容は投稿者の個人的な見解・体験に基づくものですので、あくまでもアドバイスとして参考にしていただき、症状などについては医療機関にご確認ください。

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事