1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. [妊娠14週の口コミ]健診への夫のつき添いと胎教の話

[妊娠14週の口コミ]健診への夫のつき添いと胎教の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「妊娠口コミ百科」では、ウィメンズパーク会員の皆さんから寄せられた体験談をもとに、妊婦さんが気になることや役立つ情報をご紹介します。

産婦人科の待合室に、夫婦で健診に来ている人も目にします。妊婦である妻をサポートするために、自らすすんで病院につき添う男性も多いようです。女性は妊娠中の体の変化や胎動などから妊娠している実感がありますが、男性は自分の体に変化がないこともあり、パパになる実感がなかなか持てないという声も。そのため、妻のおなかの中に赤ちゃんがいることを目で見て「父親」としての自覚を持ってもらえるよう、妊婦健診に一緒に来てもらったという人もいるようです。ところが、待合室にいるほかの妊婦さんからは、つき添いで来ている男性の行動が目にあまるという声も...。そこで夫に健診につき添ってもらうメリットや気を付けることについて、先輩ママや妊婦さんからのアドバイスをチェックしてみましょう。
また、夫が胎動を感じることは難しいのですが、おなかの赤ちゃんに話しかけたり、音楽を聞かせたりしてコミュニケーションをとっている人も多いようです。そうした「胎教」についての体験談も参考にできそうですね。

夫と一緒に健診に行く理由

妊婦さんにとって、定期健診に夫と一緒に行くメリットはたくさんあります。先生の説明を一緒に聞いてもらえたり、エコーを見ながら夫婦で赤ちゃんの成長ぶりを見ることができたり。夫が妻の妊娠中の体調変化をより理解して、日常生活のフォローをしてくれるとありがたいですよね。また、つわりなどでママの体調が思わしくない場合は、さらに心強い存在となります。実際に一緒に行った先輩ママたちからは、夫が健診につき添ったことで、「父親になる自覚をもってもらえた」「頼りになった」という声も寄せられています。ただし、健診に夫のつき添いが可能かどうかは病院によっても違うため、事前に確認してくださいね。

【心拍確認ですごく感動した夫】 夫は仕事の都合がつくときは一緒に来ています。心拍確認のときにすごく感動したらしく、それからできる限り一緒に行きたいと言ってくれています。夫なりに少しずつ父親になる準備をしてくれているんだと、うれしく思っています。 ・・・産婦人科へ夫が同伴する理由(コメント:30件)

【父親となる自覚は育てていくもの】 ただでさえ、男の人は父親になる実感を得られにくいですから、エコーを見てもらったり、妻が妊婦であることを実感してもらったり、何かあれば一緒に話を聞いてもらうくらいはしようかな、と。夫の身にはいっさいの変化が起こらないので、自覚は育てていくしかないものと思っています。 ・・・産婦人科へ夫が同伴する理由(コメント:30件)

健診で気をつけておきたい夫のNG行動

健診につき添う男性の姿が増えているなか、待合室での男性の行動やマナーが目にあまるという声も多く寄せられています。まだまだ産婦人科での男性の存在は目立つことも多く、そのふるまいも目につくようですね。たとえば「混雑しているフロアで、おなかの大きい妊婦が立っているそばで男性がゆったりとソファーにすわっていた」「大きないびきをかいて寝ていた」「スマホゲームに没頭している」など、まわりが見えていないあまりに非常識な行動に遭遇したというケースも。意外と「言われないと気がつかない」場合もあるそうなので、妻が夫の行動をしっかりチェックしておくことが大切なようです。

【わがもの顔で座っているのはなぜ?】 土日に行くとつき添いの男性や子どもも多く、人気の産院のため待合室のイスがすぐいっぱいになります。夫婦、家族でわがもの顔のように座っている人は、自分たちさえよければそれでよしと思っているのだろうな…と思っちゃいます。 ・・・待合室の男の人の対応に苛々(コメント:28件)

【家族で来るのは遠慮してほしい】 妊婦専用席に座っている家族、妊婦専用トイレに入る男性、待合室でファストフードを食べる夫婦など、いろいろとマナーについて考えさせられる家族に出会いました。混み合っているときは待合室もいつもよりピリピリするし、妊婦と患者以外には遠慮してもらいたいです。 ・・・待合い室では立っていてほしい!!(コメント:12件)

【人のふり見てわがふり直せ】 狭い待合室、患者である女性がたくさん立っているのに、なぜつき添いの男性が座っているのでしょう。なぜ、妻はゆずるように促さないのでしょうか。人のふり見てわがふり直せ、自分はそうならないようにすればいいんですよね。 ・・・愚痴です。つき添いの夫たち…(コメント:24件)

先輩ママたちの胎教アイデア



おなかの赤ちゃんに絵本を読んだり、音楽を聞かせたり、「胎教」という言葉だけをとらえると、なんだかむずかしく感じてしまう人もいるかもしれません。しかし、おなかに話しかけたり、ゆっくりおなかをなでてあげたりして赤ちゃんとのコミュニケーションをとるだけでも「胎教」に含まれるので、自然と行っていたという人も多いようです。ウィメンズパークで実施した“胎教”に関するアンケートでも、おなかの赤ちゃんに話しかけていた人が75%となりました。ほかにも、おなかを軽くたたいたり、音楽を聴かせたりなど、多くのかたが何かしらの胎教をしていたようです。先輩ママたちからは、「これをやらなきゃ!」と義務的に行動するというよりは、ママ自身がリラックスしながら楽しくすごせる時間をつくることが大切だというアドバイスが寄せられていますよ。

【身がまえる必要なんてない!】 音楽は歌だけではないですから。川の流れる音、鳥の声、風の音、クラシック…なんでもいいんです。音楽を聴かなきゃ、と部屋にこもって身がまえる必要なんてないんですよ。ママが話しかける声、パパが話しかける声だけでも十分な胎教です。 ・・・胎教について(コメント:4件)

【いい言葉を話すようにしています】 悪い言葉づかいをしないように、心がけています。職場の人がクラシックとか聴かせるといいわよと言ってくれて、職場でBGMをかけてくれたりしています。夫はこの前クラシックコンサートに連れていってくれました。 ・・・胎教、いつから始めましたか?(コメント:4件)

【朝晩の声かけ】 聞いた話なのですが、毎晩寝る前に「寝るよ~おやすみ」、朝起きたら「朝だよ起きるよ~おはよう」と声かけをしていたら、生まれた子は2人とも、生まれたときから夜はよく寝る子で、赤ちゃん時代の睡眠での苦労はまったくなかった…ということでした。 ・・・胎教、いつから始めましたか?(コメント:4件)

おなかの赤ちゃんは夫婦2人の子どもです。仕事などで多忙な男性も多いとは思いますが、できるだけ一緒にその成長を見届けていきたいですね。おなかの赤ちゃんを含めた家族でのコミュニケーションを大切にし、きずなを深めていってくださいね。

■他の週数の記事を読む
[妊娠13週]妊娠中の思い出・・・エコー写真や妊婦記録
[妊娠15週]もうすぐ安定期!戌の日参りと体重管理のコツ

※投稿内容は投稿者の個人的な見解・体験に基づくものですので、あくまでもアドバイスとして参考にしていただき、症状などについては医療機関にご確認ください。

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る