1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 「眠くてしかたない」は妊娠初期の症状のひとつ? その原因は?

「眠くてしかたない」は妊娠初期の症状のひとつ? その原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

monzenmachi/gettyimages

なんだか最近眠いと思ったら妊娠していた! 妊娠してからというもの、眠くて眠くてしかたがないなどという妊婦さんが多いもの。どうして妊娠すると眠くなるのか、眠気がひどいときはどうしたらいいのかなど、北島産婦人科医院 北島米夫先生に、お話を伺いました。

関連:妊娠の兆候 妊娠するとどんな症状があるの?

「眠くてしかたない」は妊娠初期の症状のひとつ? その原因は?

排卵後、卵巣から分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)は、体温を上昇させて妊娠を継続できる体にするという役割があります。体温が高くなると眠気が増しますよね。それと同じ状態になっているのです。プロゲステロンは、排卵後に分泌が増え、月経が始まれば分泌は減少しますから、妊娠前にも、生理前の眠気を感じていた人もいるのではないでしょうか? PMS(月経前症候群)という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、これは排卵後から月経が始まるまでの間、眠気、イライラ、ほてり、発汗、おなかの張りなど、さまざまな心身の不快症状のこと。これらはプロゲステロンが大いに関わっています。妊娠すると、プロゲステロンの分泌が維持されるため、眠気がずっと続いてしまうのです。

つわりや、精神的な影響によって眠気が増すこともあります

つわりのときに嘔吐(おうと)が多いと、それだけでも内臓が疲れて疲弊するため、体がだるくなって眠くなったりします。また、つわりで夜に気分が悪くなって寝つけないことや、妊娠による環境の変化、職場の問題、経済的なことなど、さまざまな悩みが増えて、眠りが浅くなり、昼間に眠くなってしまうことも! 妊娠初期の眠気は、ホルモンの影響だけでなく、つわりや精神的なことから眠気が増してしまうこともあります。

眠くなったらどうしたらいい?

職場の上司からのお説教、大事な会議のときなど、眠ってはいけないときに限って襲ってくる睡魔。困ってしまいますよね。ましてや妊娠してからというもの、歯止めがきかず、ついウトウトして、首ががっくんとなって気まずい状態になってしまったら大変です。ここでは、睡魔に直接効かせる方法と、眠気の原因である、精神的なストレスや体力の疲弊を改善して、眠気を吹き飛ばずという間接的な改善方法を紹介します

睡魔にダイレクトに効かせる方法

・ミントやかんきつ系のガムを食べる
・窓を開けて部屋の空気を一新する
・歯を磨く
・外に出て散歩
・ストレッチをする
・水で顔を洗う
・頭皮をマッサージする

精神面からアプローチ! ストレスを解消して睡眠の質を上げる

・夫やパートナーなど、信頼できる人に不安を話してストレス解消
・好きなことを楽しんだり、趣味の時間をとってリフレッシュを

体力回復からアプローチ! つわりの不快を軽減し、体力の疲弊を少なくする

・消化のいいものを食べる
・少量を小まめに分けて食べる(ひと口サイズのおにぎりを食べる)
・ゼリー飲料などののどごしのいいものを食べる

環境がゆるすなら、眠いときは眠ってしまうのがいちばんです。自宅にいるときは、思いきって寝てしまえばいいのですが、職場ではそうもいかないでしょう。でも、机に顔をうずめて10分仮眠をとるだけでもスッキリします。上司に妊娠中は眠くなりがちで、それはホルモンのせいだということを伝えてみてはどうでしょう。10分だけでも仮眠できれば、生産性が向上することを伝えてみてください。それでもだめなら、トイレに座って10分ほどうたた寝するのもいいかもしれません。ただし、転倒したりしないように気をつけてくださいね。妊娠中の眠気はしかたがないものです。眠気がきたら、赤ちゃんが「ママ休んで」と言っているサインと思って、できるだけ眠れるようにし、それができない場合は、眠気を覚ます方法をいろいろ試して、自分なりの解決法を見つけましょう。
(文/たまごクラブ編集部)

監修/北島米夫先生(北島産婦人科医院 院長)

関連:【動画】つわりのときに効いたもの TOP10 ~先輩ママのコメントつき~

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事