Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 体のトラブル
  4. 妊娠したらかゆみが止まらない!ボツボツも…。ホルモンバランスの変化を知って

妊娠したらかゆみが止まらない!ボツボツも…。ホルモンバランスの変化を知って

妊娠中のカップルは愛を感じ、自宅でリラックス。
Blue Planet Studio/gettyimages

妊娠中のかゆみ、ボツボツ…「もしかして何かわるい病気?」と不安になる人も。実は妊娠すると、ホルモンバランスが変化し、肌にも影響が出ます。医師に聞きました。

妊娠中の肌はホルモンバランスの変化によってゆらぎがちになっています!

妊娠すると、ホルモンバランスが変化し、肌にも影響が出ます。代謝が上がるので、体がかゆくなる妊娠性皮膚搔痒症(にんしんせいひふそうようしょう)や、赤いポツポツができる妊娠性痒疹(にしんせいようしん)などの肌トラブルが出てしまう人も。また、刺激に敏感になるため、普段使っているスキンケアアイテムでも、肌が荒れてしまうなんてことも。妊娠後期になると、肌はさらに敏感に傾くので、注意が必要です。

一方、出産するとホルモンの分泌量がガクッと下がり、体や肌にもそれまでとは違った変化が。さらに、産後は赤ちゃんのお世話でバタバタになり、自分の肌のケアなんてあと回しに…。だからこそ、自分の肌と向き合える妊娠中の今、肌を整えておくことが大切です。産後に、もちもち肌で、赤ちゃんと触れ合えるように、今から準備しておきましょう。

皮膚のかゆみ・かさつき

妊娠による要因と季節性が原因です。
皮膚のかゆみやかさつきは、ホルモンバランスの変化や、汗をかきやすくなるなど、妊娠による要因に加え、気温の低下や暖房による乾燥でも引き起こされます。肌の潤う力やバリア機能が下がった状態です。

対処法は?

肌にやさしいスキンケアにシフトしましょう!

それまで使っていたアイテムが、肌質の変化により合わなくなることがあります。スキンケアアイテムは低刺激のものを選ぶようにしましょう。かゆみ・かさつきの対策の基本は「保湿」。洗顔後、肌を清潔にしてから、保湿力の高いスキンケアで保湿ケアを。

ニキビ・吹き出もの

皮脂の分泌量が増えることで生じます。
ホルモンバランスの変化で、皮脂の分泌が増える場合も。皮脂の分泌量が増えているのに、洗顔や保湿を怠ると毛穴が詰まり、ニキビや吹き出ものができやすくなってしまいます。

対処法は?

糖分や油分を控えめにし、洗顔+保湿をしっかり!

よく泡立ててからやさしく洗いましょう。そのあとはしっかり保湿ケアを。食事の偏り、糖分や油分の取りすぎにも注意しましょう。

シミ・くすみ

ホルモンの影響でシミができやすくなります。妊娠中はホルモンの影響によって、メラニンを生成するメラノサイトが刺激され、シミができやすくなったり、目立つように。また、ストレスや疲れがたまり、肌もくすみがちに…。

対処法は?

紫外線対策とビタミンの補給を

低刺激の日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶるなどの紫外線対策を。また、バランスのいい食事を心がけましょう。ブロッコリーやトマト、キウイ、りんごなどは、色素沈着をおさえてくれるビタミンが豊富なので積極的にとって。

監修/東峯婦人クリニック 産婦人科 松峯美貴先生
文/たまごクラブ編集部

妊娠中の肌は、いろんな要因が重なり、ゆらぎがちな状態。今まで使っていたスキンケアが合わなくなったな…と感じたら、低刺激×高保湿のスキンケアでやさしく立て直すことが大切なんです。ぜひ、スキンケアの見直しをしてみて。

松峯美貴先生
Profire
東峯婦人クリニック 産婦人科
東邦大学医学部卒業。東京女子医科大学大学院卒業。日本産科婦人科学会 産婦人科専門医、日本周産期・新生児医学会に所属。


参考/「たまごクラブ」2020年4月号「妊娠中の今こそ、スキンケアの見直し時です!」

■おすすめ記事
本当に安全な赤ちゃんのおもちゃって?おもちゃを選ぶポイントをチェック!

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。